世界のプロレス

世界のプロレス
ジャンル プロレス実況中継番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
(第1期)
放送時間 土曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1984年10月20日 - 1985年3月
(第2期)
1986年4月から1986年9月まで
放送時間 月曜日19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1986年4月 - 1986年9月
(第2期)
1986年10月から1987年3月まで
放送時間 火曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1986年10月 - 1987年3月

特記事項:
1985年4月 - 9月は『月曜テレビジョン』で不定期放送。
テンプレートを表示

世界のプロレス」は、1984年10月20日から1987年3月までテレビ東京系列局で放送されていた、主に海外のプロレスを紹介の対象としたプロレス番組である。

目次

概要編集

当初は1981年3月まで「国際プロレスアワー」の枠であった毎週土曜 20:00 - 20:54 (JST) に放送されていた。「国際プロレスアワー」同様に白石剛達スポーツ局長が手掛けることになった[1]。視聴率は8〜9%を維持していた[1]

主にアメリカNWAジム・クロケット・プロモーションズWCCW)・AWACWAMSWAおよびメキシコルチャリブレの試合映像に、日本語の実況・解説を付け加えて放送していたが[2]、番組の実況スタッフがニューヨークWWF)やフロリダCWF)など、現地に出張して実況を行うこともあった。放映権料の関係でWWFの試合は多くはなかったものの、1985年のWWFと新日本プロレスとの提携解消後は日本でWWF選手の試合が見られる貴重な番組となり、1986年の「レッスルマニア2」は3週に渡って全試合が放送されている。

「まだ見ぬ強豪」として注目されていたロード・ウォリアーズの試合をいち早く放送するなど、未来日の選手の人気を高めることにも貢献した[3]。海外を主戦場にしていた頃のザ・グレート・カブキケンドー・ナガサキミスター・ポーゴなどの日本人レスラーの試合も紹介されている[4]

放送曜日が月曜 19:00 - 20:54の「月曜テレビジョン」に移行(不定期放送)されてからは、日本のUWF[5]の試合も2回放送されが、UWFのスポンサーである海外タイムス豊田商事の関連会社だったこともあり、豊田商事事件をきっかけにUWF中継は打ち切られた[6]。その後の1986年4月14日からは再びレギュラー放送が復活、1987年3月まで枠を変えながら続き、テレビ東京自社制作のプロレス番組は本番組が最後となった。2003年から放送されていたプロレスリングZERO-ONEの中継番組「破壊王プロレスZERO-ONE」以降はテレビ東京は一切制作に関与せず、プロレス団体による番販(持ち込み)を行う方式を取っている。

実況スタッフ編集

実況編集

解説編集

ナレーター編集

このほか、選手のインタビューの箇所の吹き替え(ボイスオーバー)が数名

ネット局編集

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ a b 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P74
  2. ^ マイクアピールやインタビュー部分なども、多くはプロの声優による吹き替えでフォローしていた。
  3. ^ 同様に「先取り」の形で当番組で紹介されたレスラーには、未来日選手ではディンゴ・ウォリアー(アルティメット・ウォリアーの前身)、ロックンロール・エクスプレスジャイアント・キマラエイドリアン・ストリートランディ・サベージリック・ルードレックス・ルガーニキタ・コロフマグナムTA、ミッドナイト・ロッカーズ(マーティ・ジャネッティ&ショーン・マイケルズ)、既来日選手の新ギミックでは "ゴージャス" ジミー・ガービンミッシング・リンクファビュラス・ワンズ"ブギウギ" ジミー・バリアントなどがいる。
  4. ^ ほかにAWA参戦時のミスター・サイトー(マサ斎藤)、WWF参戦時のタイガー・チャン・リー(タイガー戸口)など。
  5. ^ 第一次UWFの中盤(格闘技路線転向時)のみ。当番組では「シューティングプロレス」と呼んでいた。
  6. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P77
  7. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P75

参考文献編集

外部リンク編集

テレビ東京 土曜20時台枠
前番組 番組名 次番組
世界のプロレス
(第1期)

※1985年は『月曜テレビジョン』で不定期放送。

テレビ東京 月曜19時枠
前番組 番組名 次番組
世界のプロレス
(第2期)
(1986年4月 - 1986年9月)
オズの魔法使い
(アニメ版)
(19:00 - 19:30)
Oh!ファミリー
(19:30 - 20:00)
テレビ東京 火曜20時枠
今夜のゴールデンワイド
(20:00 - 20:03)
火曜ゴールデンワイド
(第2期)
(20:03 - 21:48)
世界のプロレス
(第2期)
(1986年10月 - 1987年3月)