プロレスアワー

プロレスアワー』は、東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放送されたプロレス中継番組である。1968年11月から中断期を挟んだ1972年9月まではWWWFなど海外の映像や女子プロレス団体、さらには最初期の新日本プロレスの試合などが放送され、1974年9月23日から1981年3月28日までは国際プロレスの試合を『ファイティングアワー』→『国際プロレスアワー』のタイトルで中継していた。

目次

多団体放送時代編集

プロレスアワー
ジャンル プロレス実況中継番組
放送国   日本
制作局 東京12チャンネル
オープニング パープルページェントマーチ
プロレスアワー(第1期)
1968年11月から1969年3月まで
放送時間 土曜日20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1968年11月30日 - 1969年3月
プロレスアワー(第1期)
1969年4月から1970年3月まで
放送時間 月曜日20:00 - 20:56
放送期間 1969年4月 - 1970年3月
プロレスアワー(第1期)
1970年4月から1970年9月まで
放送時間 日曜日19:00 - 19:56(56分)
放送期間 1970年4月 - 1970年9月
プロレスアワー(第1期)
1970年10月から1971年9月まで
放送時間 火曜日20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1970年10月 - 1971年6月
プロレスアワー(第2期)
1972年4月から1972年9月まで
放送時間 土曜日20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1972年4月8日 - 1972年9月
テンプレートを表示

海外のプロレス映像(白黒)を使っての実況中継として1968年11月30日放送開始。解説は田鶴浜弘が担当した。初回放送はルー・テーズVSアントニオ・ロッカNWA世界ヘビー級王座戦とザ・デストロイヤーの素顔時代の試合が放送された。視聴率では最高で15%を記録するなど人気番組となった。1969年からは土曜17:00枠においても初回からの再放送を開始。1970年8月には「WWWF決戦シリーズ」として、マディソン・スクエア・ガーデンで行われたWWWFの定期戦(ブルーノ・サンマルチノイワン・コロフペドロ・モラレスなどが出場)を、フィルムを取り寄せた上でカラー放送した[1]

日本女子プロレス中継であった『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』終了後の1970年以降は女子の試合も扱うようになった。プロレスアワーとしては1971年6月に一時休止となり、その後は『びっくりスポーツ』枠での単発放送を経て、1972年4月に再開し半年間放送された。

初の新日本プロレス中継編集

1972年3月に旗揚げした新日本プロレスの最初の中継は東京12チャンネルが放送した。『プロレスアワー』終了後に1972年9月シリーズである「ニュー・ゴールデンシリーズ」を単発放送として2回放送し、1972年10月4日に蔵前国技館で行われたアントニオ猪木VSカール・ゴッチ戦を当日の22時30分から、10月10日に大阪府立体育館で行われた猪木VSゴッチ戦を11月6日の20時からそれぞれ1時間枠で録画中継したと同時に、猪木の試合中継が単発放送ながらも1971年12月の日本プロレス除名以来10か月ぶりに復活した。その際の実況は後に『国際プロレスアワー』や『世界のプロレス』を担当した杉浦滋男、解説は後に『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日)の解説を担当した桜井康雄がそれぞれ務めた。

当時日本プロレス中継である『NET日本プロレスリング中継』を放送していたNETは、東京12チャンネルにおける単発放送前から日本プロレス幹部並びに日本プロレス選手会長であった大木金太郎に極秘裏で、猪木と当時日本プロレス所属だった坂口征二との間で新日本のレギュラー中継に関する協議を開始しており[2]、東京12チャンネルにおける単発放送後の新日本の試合中継は、1973年4月6日から日本プロレスの中継番組であった『NET日本プロレス中継』を打ち切って『ワールドプロレスリング』に再改題した上でレギュラー放送として開始している。

国際プロレス中継時代編集

ファイティングアワー

国際プロレスアワー
ジャンル プロレス実況中継番組
放送国   日本
制作局 東京12チャンネル
オープニング こちらを参照
ファイティングアワー→国際プロレスアワー
1974年9月から1980年9月まで
放送時間 月曜日20:00 - 20:56
→月曜日20:00 - 20:55
→月曜日20:00 - 20:54
(56→55→54分)
放送期間 1974年9月23日 - 1980年9月22日(266回)
国際プロレスアワー
1980年10月から1981年3月まで
放送時間 土曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1980年10月4日 - 1981年3月28日(20回)

特記事項:
レギュラー放送開始前に『月曜スポーツスペシャル』で3回放送。
1981年4月以降は特番枠で放送。
テンプレートを表示

前史編集

国際プロレスの試合中継は、TBSにおいて1968年1月3日から『TWWAプロレス中継』として放送されてきた。同番組は、当初は日本テレビ日本プロレス中継』同様に生中継で放送していたが、1968年4月24日に予定していた生中継が中止となったため、同日に同年1月8日に鹿児島県体育館で行われたグレート草津VSルー・テーズを代替で録画中継して以降は録画中継がメインとなった。さらに、1970年10月8日に大阪府立体育館で開催された日本初の金網デスマッチとなったラッシャー木村VSドクター・デス戦を同年10月14日に録画中継したところ、局内で放送の是非が問題視されたため、TBSは(たとえ大会のメインイベントであっても)金網デスマッチを今後放送しない方針を取り、放送カードに関する自主規制をかけることになった。

しかし、プロモーターの要請で草津やストロング小林など木村以外の主力レスラーも後に金網デスマッチを行うようになり、さらには彼らの海外遠征も重なって、主力選手の試合やタイトルマッチが放送されない週が発生することになった[3]。これらに加え、1971年に発生したニクソン・ショックも重なって、『TWWAプロレス中継』はスポンサー料減少に伴う放送時間短縮、ゴールデンタイム撤退、ネット局の減少、生中継終了、土曜午後へ移動するなど迷走を続け[4]、TBSは小林の国際時代最後のシリーズとなった「'74パイオニア・シリーズ」を以って番組収録を取りやめ(最終収録は1974年1月28日開催の岩手県営体育館大会)、そして1974年3月30日をもって6年3か月続いた『TWWAプロレス中継』を打ち切った。

当時のプロレス団体は、日本女子プロレスが東京12チャンネルにおける中継打ち切りから2年で、かつての国際プロレスのライバル団体であった日本プロレスNETにおける『NET日本プロレスリング中継』打ち切りからわずか3週でそれぞれ崩壊した様に、テレビ中継の有無で団体の存続が左右されていた時代で、テレビのレギュラー中継とそれに伴う放映権料を初めて失った国際プロレスは、『TWWAプロレス中継』終了4日前である1974年3月26日に開幕した「'74チャレンジ・シリーズ」から全日本プロレスとの協調路線を本格化させ、同時に吉原功代表が早大レスリング部仲間である白石剛達東京12チャンネル運動部長(後のテレビ東京専務)に対して、早期のテレビ中継再開を嘆願した。

単発放送で再開編集

吉原の東京12チャンネルに対するテレビ中継再開の願いは通り、東京12チャンネルは『月曜スポーツスペシャル』(月曜20:00 - 20:56)枠での国際プロレスの試合の単発放送を実施することを決定した。

単発中継は『月曜スポーツスペシャル』枠において、1974年6月から7月にかけて3回放送された。初回の6月3日放送分では「'74ダイナマイト・シリーズ」第13戦の後楽園ホール大会におけるビル・ロビンソンVSラッシャー木村のIWA世界ヘビー級王座決定戦が生中継されており、国際プロレスの実況生中継としては、『TWWAプロレス中継』にて1972年6月25日に放送された「'72ビッグ・サマー・シリーズ」開幕戦の足立区体育館大会以来、2年ぶりとなった。

2回目の7月1日放送分は、6月25日に行われた「'74ビッグ・サマー・シリーズ」開幕戦の後楽園大会におけるグレート草津&マイティ井上VSアンドレ・ザ・ジャイアント&イワン・バルコフ(ダニー・バビッチ)、3回目の7月29日放送分は、同月5日に行われた「'74ビッグ・サマー・シリーズ」第5戦の鹿児島県鹿屋市体育館大会における木村VSザ・キラー金網チェーン・デスマッチと井上VSホースト・ホフマンが、それぞれ録画中継された。

レギュラー放送開始 - 月曜20時台時代編集

1974年9月23日から月曜20:00 - 20:56枠において、『ファイティング・アワー』のタイトルで国際プロレスのレギュラー放送が半年ぶりに復活した。初回は1974年9月15日に開幕した「'74スーパー・ワイド・シリーズ」第7戦日大講堂大会の実況生中継で、メインイベントは木村&草津VSスーパースター・ビリー・グラハム&バロン・フォン・ラシクIWA世界タッグ王座戦。同時に国際プロレスは、この大会をもって、使用料が全日本プロレスよりも高額とされた日大講堂から撤退した(『全日本プロレス中継』を放映していた日本テレビは、日本大学との間で包括使用契約を締結していたため、全日本プロレスは国際プロレスや新日本プロレスよりも、日大講堂を廉価的に使用出来た)[5]。同年10月7日からは『国際プロレスアワー』に改題されたと同時に(改題初回は「'74スーパー・ワイド・シリーズ」開幕戦後楽園ホール大会の録画中継の2週目)[6]、放送時間が月曜20:00 - 20:55に1分短縮された。

レギュラー放送再開にあたり、東京12チャンネル側は放送の条件として女子プロレスの試合も放送するように要請され国際プロレスは男女団体となり、女子の試合も中継された。東京12チャンネルからはもう一つの条件として最終週は『KO(ノックアウト)ボクシング』のため休止することも条件となっていた。また、放送開始にあたって東京12チャンネルは、選手別のテーマ曲導入(初の選手別テーマ曲はビリー・グラハムに与えられた『ジーザス・クライスト・スーパースター』)などの新機軸を盛り込み、『TWWAプロレス中継』時代には吉原のみで行っていた解説者も、『全日本プロレス中継』や『ワールドプロレスリング』同様に外部から登用した。同時にIWA世界ヘビー級王座とIWA世界タッグ王座の両ベルトも新調した。女子の試合の解説は『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』の解説を担当していた小島貞二が務めたが、メインの解説を担当した門馬忠雄は東京12チャンネルから解説の依頼があった際、当初東京12チャンネルに対して「放送中にビールを飲んでもいいなら引き受ける」と返答し、当時在籍していた東京スポーツからは社の方針として「女子の試合は解説するな」と言われたという[7]

基本的な放送形態は『TWWAプロレス中継』時代から変わらず、各シリーズから数戦をセレクトし、録画中継を行うというスタイルだったため、『全日本プロレス中継』や『ワールドプロレスリング』とは異なり、実況生中継はごく稀であった。『TWWAプロレス中継』同様に、開催順に放送されなかったり、シリーズ開幕戦や最終戦が未放送となった場合もあった他、極端な場合、初期の『NETワールドプロレスリング』同様、前後シリーズを交互に放送したこともあった[8]。国際プロレスは次期シリーズとの間隔が1か月から1か月半の場合が多く(特に「新春パイオニア・シリーズ」・4月シリーズ・「ビッグ・サマー・シリーズ」[9]・年内最終シリーズをそれぞれ1月・5月・7月・11月で切り上げることが多かった)、そのため、多い時で1シリーズで7〜10大会の実況中継を行っていた他、同一大会を2〜3週に分けて放送することも多かった[10]。また、国際プロレスのサーキットに中継スタッフも2〜4戦連続で帯同し、収録を行った場合もあった[11]。これらにより、収録が半月から1か月間行わなかったシリーズもあった。

ネット局や放送地域もほぼ全国をカバーしていた『全日本プロレス中継』や『ワールドプロレスリング』よりも少なく、関東地方以外のネット局も一部のフジテレビ系列局や、一部のTBS系列局、一部の独立局にとどまり、一方で日本テレビ系列局(一部クロスネット局除く)やテレビ朝日系列局では放送されなかった。当時の東京12チャンネルは関東地方をすべてカバーしておらず、関東地方でも視聴不可の地域があった他[12]愛知県体育館と大阪府立体育館が所在する愛知県大阪府の2府県では、キー局系列局ではなく、隣接する府県に所在する独立局での放送となったために放送されず(当時の愛知県と大阪府における東京12チャンネル番組の放送はキー局系列局での放送が前提だった)、この2府県では隣接する府県の局を受信した上で本番組を視聴するしかなかった。さらに大阪府では本番組を視聴するには一部の地域を除いて独立局受信用UHFアンテナを取り付ける必要があった(愛知県は中京テレビがUHFで開局したためアンテナの問題はなかった)。『TWWAプロレス中継』時代に興行成績で国際プロレスが日本プロレスよりも上回っていた岩手県宮城県の2県では本番組は放送されず[13]、同時に、岩手・宮城両県における国際プロレスの興行自体も、後発2団体(テレビ岩手ミヤギテレビで『全日本プロレス中継』を放送していた全日本プロレス、テレビ岩手とミヤギテレビ→東日本放送で『ワールドプロレスリング』を放送していた新日本プロレス[14])に興行成績で下回るようになっていく。兵庫県でも、サンテレビにおける放送が1975年3月に一時打ち切られたため、サンテレビにおける本番組の放送を再開した1978年10月まで視聴できなかった。

レギュラー放送再開後も、資金難に加えて人材難の国際プロレスにはストロング小林離脱後のエース格となりえる選手がいなかった[15]。そうした状況下、井上がビリー・グラハムの保持するIWA世界ヘビー級王座への挑戦権を獲得し、3度目の挑戦となった1974年10月7日の埼玉県越谷市民体育館大会(11月4日に録画中継)でビリー・グラハムを破りIWA世界ヘビー級王者となったが、1975年4月10日の「'75ダイナマイト・シリーズ」足立区体育館大会(5月12日・5月19日に録画中継、井上VSバションは1週目に放送)でマッドドッグ・バションに敗れて王座転落。その後、バションを破りIWA世界ヘビー級王者となった木村が団体崩壊まで国際のエースを務めることになる。さらに1974年11月20日開催の「'74ワールド・チャンピオン・シリーズ」蔵前国技館大会(11月25日に録画中継、メインはバーン・ガニアVSロビンソンのAWA世界ヘビー級王座戦)では升席に空席が目立ち、中継をよく見せるべく2階席の観客を升席に誘導したため、升席のチケットを購入していた観客が抗議する事態となった。外国人招聘ルートもコストカットのため、1975年2月にアメリカのメジャー団体AWAとの関係を解消し、同年3月以降は大剛鉄之助を招聘窓口としたカナダのルートなどに変更した。

レギュラー放送開始から1977年の「'77新春パイオニア・シリーズ」までは、全国各地で生中継や収録を行っていた『TWWAプロレス中継』時代とは異なり、1974年12月16日・12月23日放送の「'74ワールド・チャンピオン・シリーズ」大阪府立体育館大会(11月21日開催で録画中継)以外、全て関東地方や山梨県で行われた大会のみ生中継や番組収録を行っていた。そのため、「第6回IWAワールド・シリーズ」までは関東地方以外で開催された選手権試合は、前述の大阪大会における井上VSガニアのIWAおよびAWA世界ヘビー級王座のダブル・タイトルマッチと木村&草津VSレイ・スティーブンス&ニック・ボックウィンクルのIWAおよびAWA世界タッグ王座のダブル・タイトルマッチのみが放送された。また、1975年と1976年、「'77新春パイオニア・シリーズ」は、ほとんどが2〜3週に分割した分割放送で放送され、生中継や番組収録を行う会場も1シリーズにつき2〜3大会にとどまった。この東京12チャンネルによる中継方針は、放送地域の減少およびAWAからカナダへと変更された外国人招聘ルートの弱体化と合わせ、国際プロレスのマイナー化が進む遠因ともなった。

1975年10月6日に実況生中継された「'75ビッグ・ゴールデン・シリーズ」後楽園ホール大会(メインは木村VSジプシー・ジョーのIWA世界ヘビー級王座戦)から、放送時間が月曜日20:00 - 20:54に更に1分短縮され、1980年9月までこの時間帯での放送が継続された。このシリーズで初来日したジョーは、崩壊まで国際プロレスの主力外国人選手として務めることになる。

1975年12月11日に行われた「力道山十三回忌追善特別大試合」は一部試合が本番組でも90分特番で放送され、草津VSホフマン、ドン・レオ・ジョナサンVSサムソン・クツワダヒロ・マツダVS井上のNWA世界ジュニアヘビー級王座戦、木村VSラシクの4試合が12月15日放送分で録画中継された。放送に関しては、日本テレビとジャイアント馬場が国際プロレス所属選手VS全日本プロレス参戦外国人選手というカードを提供することを吉原に提案し、吉原と東京12チャンネルもこれを受け入れて実現したが、東京12チャンネルは馬場VS国際プロレス所属選手、木村VSアブドーラ・ザ・ブッチャー、草津&井上VSテキサス・アウトローズディック・マードック&ダスティ・ローデス)などのカード提供を要望していたという[16]。なお、1975年の放送は、休止が頻発していたため、36週の放送にとどまった。

1976年3月29日には「'76スーパー・ファイト・シリーズ」茨城県町民体育館大会(3月13日開催で録画中継、寺西勇VS稲妻二郎IWA世界ミッドヘビー級王座決定戦、草津&井上VSキラー・トーア・カマタ&カルロス・コロンのIWA世界タッグ王座戦)が国際プロレス単独興行では初めて90分スペシャルで放送された他、1977年1月3日開催の「'77新春パイオニア・シリーズ」後楽園大会の生中継も90分スペシャルで放送された。

女子部は1976年3月に解散し(女子部の試合の放送は、同年4月12日の後楽園ホール大会における小畑千代VS佐倉輝美のIWWA太平洋岸王座戦を同月19日に録画中継したのが最後となった)、同時期からボクシング中継による休止もほぼ無くなり、東京12チャンネルが要求した放送条件は事実上形骸化した(ただし、特別番組やプロボクシング中継の放送による休止はあった)。「'76ビッグ・チャレンジ・シリーズ」では、前髪を金色に染めた「まだら狼」へと変身した上田馬之助が、1973年10月の全日本プロレス退団以来、日本テレビとの3年契約を満了して約2年半ぶりに国内の団体に参戦した。解説を務めていた門馬は、日本プロレス時代に「眠狂四郎」や「トイレタイムの上田」などと呼ばれた地味な試合スタイルから凶悪ファイトに一転したことに、「上田、恐るべし」との印象を受けたという[17]

東京12チャンネルは1977年の「第6回IWAワールド・シリーズ」から中継の方針を転換。2〜3大会のみで実況生中継や番組収録を行った上で同一大会を2〜3週に分けた分割放送を行うスタイルから、複数の大会から実況生中継や番組収録を行った上で同一大会を1〜2週で放送するスタイルへ転換したと同時に、関東地方以外の地域で行われた大会でも本格的に生中継や番組収録が開始された。同年3月21日放送(3月15日開催)の愛知県豊橋市体育館大会(「第6回IWAワールド・シリーズ」公式戦のバションVSジョー、井上VS寺西、木村VSジャック・クレインボーンと「IWAワールド・タッグ・トーナメント」公式戦のサンダー杉山&剛竜馬VSビッグ・ジョン・クイン&クルト・フォン・ヘスの録画中継)は、前述の「'74ワールド・チャンピオン・シリーズ」大阪大会以来、2年3か月ぶりに関東地方以外で行われた大会の実況中継となった他、同年5月6日に「1977ダイナマイト・シリーズ」[18]静岡県浜松市体育館大会で行われた草津&アニマル浜口VSワイルド・アンガス&マスクド・インベーダー(プリティボーイ・アンソニー)のIWA世界タッグ王座戦(浜松大会は5月16日と5月23日に録画中継され、草津&浜口VSアンガス&インベーダーは2週目の5月23日に放送)は、前述の「'74ワールド・チャンピオン・シリーズ」大阪大会以来、2年5か月ぶりに関東地方以外で行われたタイトルマッチの実況中継となった。当初は1シリーズに付き1〜2回の割合で関東地方以外で行われた大会の中継を行い、その後その割合や地域を徐々に増やしていった。関東地方以外における収録が行われる大会に関しては、東京12チャンネルは当時系列局が1局もなかったため、所在する他系列局が中継協力することもあった。

1977年6月21日に開幕した「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」は、関東地方以外で行われた大会の中継が開始されて以降、最長の36戦で開催された。番組収録自体は、7月1日から7月3日まで行われた東京都日野市多摩健康増進センター大会(7月11日に録画中継)・栃木県宇都宮スポーツセンター大会(7月18日に録画中継)・栃木県烏山町民体育館大会(7月25日に録画中継)の3日連続収録以降、7月30日開催の札幌中島スポーツセンター大会(8月1日に録画中継)まで約4週間も間が開いてしまった他、「第6回IWAワールド・シリーズ」の処遇に不満を持ったジョーが木村が保持するIWA世界ヘビー級王座並びに草津&浜口が保持するIWA世界タッグ王座への挑戦権を要求。国際プロレスはこれを受け入れ、同年8月1日の宮城県古川市総合体育館大会から8月7日の後楽園ホール大会までの6戦を追加日程として発表し、ジョーも古川大会から特別参戦した。東京12チャンネルも追加日程の内、同年8月4日開催の茨城県日立市池ノ川体育館大会(8月8日に録画中継、当日のメインは草津&浜口VSカマタ&ジョーのIWA世界タッグ王座戦)・8月5日開催の神奈川県大和市車体工業体育館大会(8月15日に録画中継)・8月7日開催の後楽園大会(8月22日と8月29日に録画中継、木村VSジョーのIWA世界ヘビー級王座戦は1週目に放送)の3戦を追加で収録した[19]。このシリーズでは、名物レフェリーであった阿部脩が開催中に公示された参議院選挙全国区に出馬して落選。阿部はその責任を取って札幌大会をもって退団し[20]、古川大会以降のメインレフェリーは前溝隆男が務めた他、田中忠治も体調不良を理由にシリーズ終了と同時に引退した。

国際の選手が出場した全日本プロレスとの交流戦も『全日本プロレス中継』と並行して放送されたが、国際プロレスや東京12チャンネルにとっては、営業面のメリットなどの恩恵を受けることはなかった。1975年に開催された「オープン選手権」における草津VSザ・デストロイヤー(12月9日の九電記念体育館)と馬場VS木村(12月17日の千葉公園体育館)、1976年3月28日に蔵前国技館で行われた「ジャンボ鶴田試練の十番勝負」第2戦の木村VSジャンボ鶴田はそれぞれ日本テレビが放映権を持っていたため『全日本プロレス中継』で放送され[16]、「オープン選手権」は本番組では一切放送されず、1976年3月28日の蔵前大会も、本番組で放送されたのは4月5日放送の寺西VSクツワダと草津&井上VSグレート小鹿&大熊元司極道コンビ)のIWA世界タッグ王座およびアジアタッグ王座のダブル・タイトルマッチのみであった。1977年に開催された「全日本・国際全軍対抗戦」における本番組での放送においても、国際主催で11月30日に行われた静岡駿府会館大会(井上&浜口VSクツワダ&高千穂明久のアジアタッグ王座戦)のみ12月5日に放送された(当日は1977年11月29日にBIG BOXで行われた原進のプロレス転向記者会見[21]も放送された)[22]

セーラー・ホワイトザ・サモアンズアファ・アノアイ&シカ・アノアイ)などが参戦した「'78新春パイオニア・シリーズ」では、サモアンズが1978年1月5日開催の大阪府立体育館大会(1月16日と1月23日に録画中継)にて草津&浜口からIWA世界タッグ王座を奪取したが(草津&浜口VSサモアンズは1週目に放送)、リターンマッチが行われた1月20日開催の大田区体育館大会は、テレビ中継から外されたと同時に、国際プロレスはこの大会をもって大田区体育館から撤退した。

人気が低迷し番組の視聴率も落ち込んでいた国際プロレスと東京12チャンネルは「'78ビッグ・チャレンジ・シリーズ」以降、積極的な巻き返し策に出る。キラー・ブルックスが参戦した「'78ビッグ・チャレンジ・シリーズ」では、第2戦の後楽園ホール大会当日である1978年2月26日に、ボディビル「元ミスター日本」の遠藤光男が特別レフェリーとして入団した(大会自体は3月13日に録画中継。前年に入団した原の特集も番組内で放送されるようになり、「'78ビッグ・サマー・シリーズ」では、1978年6月29日に大阪府立体育館にて行われたデビュー戦の寺西戦を同年7月17日に録画中継した他、7月18日には『TWWAプロレス中継』最終収録地となった岩手県営体育館大会(当日のメインは草津&浜口VSアレックス・スミルノフ&ミスター・ヒトのIWA世界タッグ王座戦)を収録し、7月24日に録画中継した[23]。シリーズ終了直後の同年8月7日と8月14日には、唯一の国際の海外遠征中継として、韓国ソウル遠征が録画中継され(7月28日開催<奨忠体育館大会>は8月7日に、大木金太郎VS稲妻のインターナショナル・ヘビー級王座戦と木村VS梁承揮のIWA世界ヘビー級王座戦が行われた8月2日開催<ソウル文化体育館大会>は8月14日にそれぞれ録画中継された)[24]、大木VS稲妻はノーカットで放送された他、奨忠体育館の館内紹介も放送された[25]

「'78ダイナマイト・シリーズ」では、オックス・ベーカーが「'71ダイナマイト・シリーズ」以来7年ぶりに、9月12日の埼玉県深谷市民体育館大会(9月18日と9月25日に録画中継)から国際プロレスに特別参戦し、木村と後述の「デスマッチ3番勝負」を行った(同シリーズには、後にAWAやWWFなどのメジャー団体で活躍するデビッド・シュルツが初来日しており、シリーズの準エース格としてベーカーのパートナーを務め、パンフレットの表紙にも登場した)[26]。1978年11月には最後の全日本との対抗戦シリーズである「日本リーグ争覇戦」を開催、大物日系人レスラーのプロフェッサー・タナカディーン・ホーも招聘したが[27]、都内の大会場における国際プロレス主催興行の中継は、1978年11月27日放送の「日本リーグ争覇戦」蔵前大会の録画中継(11月25日開催、準々決勝の木村VSキム・ドクと井上VS鶴田を放送)をもって打ち切られたと同時に、国際プロレスは蔵前国技館から撤退した。尚、「日本リーグ争覇戦」蔵前大会は、国際プロレス主催興行にもかかわらず、『全日本プロレス中継』にて実況生中継され、井上VS鶴田の本番組における放送は日本テレビの要請によりダイジェストによる放送となった。1979年以降における東京23区内でのビッグマッチは、足立区体育館(「'75ダイナマイト・シリーズ」をもって撤退)、大田区体育館(「'78新春パイオニア・シリーズ」をもって撤退)、蔵前国技館から撤退したため、完全に後楽園ホールのみで行われることになった。

救世主として阿修羅・原が本格デビューした「'79新春パイオニア・シリーズ」は、『TWWAプロレス中継』時代の最終シリーズとなった「'74パイオニア・シリーズ」以来5年ぶりに九州サーキットからシリーズを開始[28][29]。他団体との交流も全日本プロレスから新日本プロレスにシフトした。新日本へのシフトの背景には、早大レスリング部で吉原の1年先輩にあたる永里高平テレビ朝日運動部長が、一時期新日本へ出向していたことも関係していた[21]。大会場の中継は、シリーズ前半の九州サーキットで行われた1979年1月6日の第2戦九電記念体育館大会(1月8日に録画中継)と1月8日の第4戦大分県立荷揚町体育館大会(1月15日に録画中継、当日のメインは草津&浜口VSスミルノフ&ジ・アトミックのIWA世界タッグ王座戦)以降、道府県庁所在地や政令指定都市のみとなった。新日本主催興行における国際所属選手出場試合も『ワールドプロレスリング』と並行して放送されたが、1979年2月23日に行われた千葉公園体育館大会における星野勘太郎&山本小鉄ヤマハ・ブラザーズ)VS井上&浜口のIWA世界タッグ王座戦は2月26日に録画中継された。1月29日は浜松市体育館で行われたベツリオ・ゴンザレスVS大熊正二WBC世界フライ級王座戦の実況生中継のため休止となった。この時期から本番組は特別番組の他にも、東京12チャンネルが放映権を獲得した大熊正二のWBC世界フライ級王座戦の実況中継(後述)による休止も発生することになる。

1979年4月7日に『全日本プロレス中継』が土曜20時台から土曜17:30 - 18:24枠へ移動したのに伴い、同年4月2日以降にゴールデンタイムで放送されるプロレス中継は本番組(1979年4月2日放送分は同年3月26日開催の「'79スーパー・ファイト・シリーズ」福島県原町市体育館大会の録画中継で、当日のメインは木村VSジョン・トロスのIWA世界ヘビー級王座戦)と『ワールドプロレスリング』の2番組となった。

東京12チャンネル開局15周年記念大会として開催された「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」には、常連外国人のジョーやブルックス、初来日のビッグ・ダディ・リッターが開幕戦から参戦。特別参加選手では「'74スーパー・ワイド・シリーズ」以来5年ぶりの国際プロレス登場となるビリー・グラハムが4月16日の岩手県営体育館大会(テレビ未収録)から4月22日の石川県加賀市ユニー加賀店屋上特設リング大会(テレビ未収録)まで、WWU世界ジュニアヘビー級王者ミレ・ツルノが新日本のブッキングで5月5日の埼玉県大宮スケートセンター大会(テレビ未収録)から5月9日のシリーズ最終戦静岡県焼津スケートセンター大会(6月11日に録画中継、メインは木村VSブルックスのIWA世界ヘビー級王座戦)まで、トレーナー格のチャールズ・ベレッツと共に参戦した[21][30]。また、ビリー・グラハムのシングルマッチは4月18日開催の長野県町民体育館大会から4月21日開催の富山県高岡市民体育館大会までの4日連続で収録され、鼎大会と4月20日開催の富山市体育館大会および高岡大会を4月23日から5月7日までの3週連続で放送し、4月19日開催の長野市民体育館大会を6月18日に録画中継した[31]。このシリーズでは上田が久々に国際に登場し、マサ斎藤も上田のパートナーとして参戦した。1979年は、前述のビリー・グラハムの特別参戦の他にも、後述のアンドレ、ヘイスタック・カルホーン、テーズ、ボックウィンクル、ガニアの特別参戦に合わせて4日連続で実況生中継や番組収録を行っていた日程もあった。

全25戦で行われた「'79ビッグ・サマー・シリーズ」では、東京12チャンネルが放映権料などの予算を通常よりも増額し[32]、前半にベーカーが行ったデスマッチの4週連続放送(後述)を、後半には北海道中川町における木村の凱旋興行を行い(中川町立中川中学校体育館で7月17日に開催し、7月23日に録画中継)、アンドレとカルホーンが中川大会から特別参戦し、ダイナマイト・キッドが初登場(7月19日開催の北海道木古内町公民館大会〈7月30日と9月3日に録画中継〉から参戦)したが、シリーズ前半が東京サミットと重なったため、ザ・モンゴリアンズのマネージャーとして来日したパーシー・プリングル3世が厳戒態勢が敷かれていた成田空港で不審人物として入国審査に引っかかり、彼の身分照会を受けた国際プロレスが成田入国管理事務所に6月21日開催の開幕戦水戸市民体育館大会(6月25日に録画中継)から6月29日開催の第7戦宮崎県都城市体育館大会(テレビ未収録)までの日程[33]並びに宿泊先を提出させられる一幕もあった[34]。さらにキッド初来日直後の同年8月に、新日本プロレスのカルガリー遠征で行われた藤波辰巳VSキッドのWWFジュニアヘビー級王座戦が同年10月17日に『ワールドプロレスリング』の90分特番で放送され、キッドの人気が高まったこともあり、ネット局数や放送地域数、放送形態で国際と新日本の人気の差が露呈されたばかりか[35][36]、国際の外国人選手招聘ルートの一つだったカルガリールートを失った。

「'79ダイナマイト・シリーズ」では、1979年9月13日開催の愛知県体育館大会(9月17日に録画中継、メインは井上&浜口VSケリー・ツインズのIWA世界タッグ王座戦)と翌9月14日開催の池袋スケートセンター大会(9月24日に録画中継)の2日連続収録を行い、後に初代ブラック・タイガーとなるマーク・ロコが新日本のブッキングで9月16日の福岡県中間市大会(テレビ未収録)から参戦し[21]、テーズとボックウィンクルが10月1日の福島県双葉町大会(テレビ未収録)から特別参戦したが、本シリーズ以降は状況がますます悪化。1979年10月からは、打開策として番組改編期に放送内容をタイトルマッチのみとした特番や放送時間を30分拡大した90分スペシャルを生中継で放送することとなり、初回放送として、1979年10月5日に後楽園ホールで行われた3大タイトルマッチ(ネルソン・ロイヤルVS原のNWA世界ジュニアヘビー級王座戦、井上&浜口VS大木&上田のIWA世界タッグ王座戦、木村VSボックウィンクルのAWA・IWA両世界ヘビー級王座戦)を、裏番組である『ワールドプロレスリング』(1979年10月2日の大阪府立体育館大会における、アントニオ猪木VSタイガー・ジェット・シンと藤波VS剛のWWFジュニアヘビー級王座戦の録画中継)にぶつける形で実況生中継した(10月1日は代替で休止)。これは、同一日・同一時刻に2つのプロレス中継番組が放送されるという異例のケースとなった[37]。なお、本シリーズに参戦していたジョー・ルダックは、3大タイトルマッチ当日は大木の代役で全日本プロレス横浜文化体育館大会に参戦している。レギュラー枠においても、ボックウィンクルの試合を、10月3日開催の青森県黒石市スポーツセンター大会からシリーズ最終戦である10月6日開催の静岡県沼津市体育館大会まで4日連続で生中継や番組収録を行い、10月5日(前述の実況生中継)から10月22日(後述のルー・テーズ特集)まで4週連続で放送した他、1979年10月8日には木村のIWA世界ヘビー級選手権防衛戦2本立て(9月29日に横浜文化体育館大会で行われた上田戦と黒石大会で行われたルダック戦)を、同年10月22日にはルー・テーズ特集をそれぞれ放送した[38]

同年11月1日に開幕した「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」では、最初の放送が11月5日放送(11月4日開催)の第4戦後楽園ホール大会の録画中継となった他、11月12日の新潟県小出町小出郷体育館大会(テレビ未収録)から11月16日の和歌山県立体育館大会(12月17日に録画中継)まで特別参戦したガニアのシングルマッチを、11月13日の新潟県三条市厚生福祉会館大会から和歌山大会まで4日連続で収録しかつ11月19日から12月17日まで4週連続で放送した[39]。「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」和歌山大会は、大阪府立体育館以外における近畿地方で行われた国際プロレスの興行では初の実況中継となった。

1979年以降は、東京23区内や大都市における興行に関しても変化が生じ、宮城県スポーツセンターにおける興行は1979年7月9日開催の「'79ビッグ・サマー・シリーズ」(実況生中継)が最後となった。1979年9月28日に行われた「'79ダイナマイト・シリーズ」川崎市体育館大会(メインは原VSロコのWWU世界ジュニアヘビー級王座戦)ではテレビ中継から外され、川崎市体育館における興行はこの興行が最後となった。後楽園ホール以外の東京23区内の会場における興行も前述の「'79ダイナマイト・シリーズ」池袋大会が最後となり、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降における東京23区内の興行は後楽園ホールのみで行われることになった。また、広島市では「'79スーパー・ファイト・シリーズ」以降、福岡市では「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降、それぞれ興行自体が行われなくなった。尚、1979年は大阪府立体育館と札幌中島スポーツセンターでの興行は行われなかった。同時に国際プロレスは、人気低下やそれに伴う資金難から政令指定都市や県庁所在地の大会場を押さえるのが困難な状況となっていき、後述のように興行自体のキャンセルが相次ぐようになる。放送する週も、1977年の50週をピークに、1978年からは減少に転じた。

「'78ビッグ・サマー・シリーズ」以降は参加予定外国人選手の直前での来日中止やシリーズ中での途中帰国が相次ぎ、「'78ビッグ・サマー・シリーズ」では来日が予定されていたランディ・ダルトンが不参加となり、ランディのパートナーだったジム・ダルトンは1978年6月24日の長野県飯山市大会(テレビ未収録)をもって4戦で帰国した[40]。「'78ダイナマイト・シリーズ」では、リップ・タイラーが同年9月18日の宮崎県体育館大会(テレビ未収録)までの6戦で、キース・ハートも同年9月29日の秋田県仁賀保町大会(テレビ未収録)をもって10戦を残してそれぞれ途中帰国した[26]。「'79ダイナマイト・シリーズ」および「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」にはボビー・イートンの来日が予定されていたが2シリーズとも不参加となり、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」ではクラッシャー・ブラックウェルが来日中止となった[41]。「'80新春パイオニア・シリーズ」では再来日が予定されていたキッドが開幕直前になって新日本へ移籍した。その後も「'80スーパー・ファイト・シリーズ」ではゴージャス・ジョージ・ジュニア[41]、「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」ではブルックス[41]、「'80ビッグ・サマー・シリーズ」ではタンク・パットンとブロンド・ボンバーズ(ラリー・ラザン&ウェイン・ファリス[42]、「'80ダイナマイト・シリーズ」(第1次・第2次)ではモンゴリアン・ストンパーエドワード・カーペンティアがそれぞれ不参加となった。代役の外国人選手は、「'80スーパー・ファイト・シリーズ」ではジョージ・ジュニアの代役としてトム・スタントン、「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」ではブルックスの代役としてマイク・ジョージ、イートンの代役としてダン・ジョンストン、「'80ビッグ・サマー・シリーズ」ではパットンの代役としてランディ・タイラー、ファリスの代役としてロッキー・ブリューワー、ラザンの代役として7月5日の第6戦島根県木次町民体育館大会(テレビ未収録)からジェイク・ロバーツ、「'80ダイナマイト・シリーズ」(第1次・第2次)ではストンパーの代役としてロン・バスがそれぞれ参戦したが[43]、ランディ・ダルトン、ブラックウェル、キッドの代役は招聘されなかった。尚、リップ・タイラーは「'78ダイナマイト・シリーズ」、ブルックスは「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」、ストンパーは「'80スーパー・ファイト・シリーズ」がそれぞれ最後の国際プロレス参戦となった。

1980年に入っても状況悪化の傾向にあることは変わらなかった。「'80新春パイオニア・シリーズ」では、国際に初参戦したキラー・カール・クラップがエース格を務め(副将格はジョー)、キッドもポスターやパンフレットに掲載されていたが(新日本プロレス「'80新春黄金シリーズ」のポスターやパンフレットにもキッドが掲載されていた)、前述の通りキッドは新日本に参戦したため、最終的に参加外国人選手は4人となった。1月7日放送の後楽園ホール大会(1月5日開催)の録画中継当日の新聞のラテ欄には寺西VSキッドも掲載されていたが[44]、後楽園大会当日の寺西の対戦相手はデビル紫に(寺西VS紫はテレビ未収録)、1月7日開催の大阪府立体育館大会(1月14日に録画中継)に行われた原のWWU世界ジュニアヘビー級王座戦の対戦相手はキッドからジョーに変更されるなど[45]、本シリーズ全体のカード変更を余儀なくされた他[46]岡山武道館においても新日本に興行戦争を仕掛けられた(国際は1月16日開催でメインは原VSジョーの金網デスマッチ、新日本は1月25日開催で当日キッドはWWFジュニアヘビー級王座挑戦者決定戦においてスキップ・ヤングと対戦。いずれの興行もテレビ中継が行われ、国際は5日後の1月21日に録画中継、新日本は同日に実況生中継された)。さらには、同シリーズに初来日したケビン・ヒューズが、その不甲斐ないファイトぶりから「最弱外国人」と酷評され、ジョーに鉄拳制裁されるなど[47]、招聘外国人選手の質がさらに下がり始める。

1980年2月には、国際の新たな救世主としてインターナショナル・ヘビー級王者の大木が東京12チャンネルとの契約で入団した上で、ほぼ毎週テレビ中継に登場させるなどして立て直しを図るが、同時に大木入団の経緯を巡って、国際と東京12チャンネルとの関係が悪化。「'80スーパー・ファイト・シリーズ」では、国際としては初の沖縄サーキットを行い(沖縄サーキット自体はテレビ未収録)、ディック・ザ・ブルーザーが「'72ビッグ・ウインター・シリーズ」以来、同年3月15日の越谷市民体育館大会(3月17日に録画中継。この試合は大木の国際プロレス入団初戦で、当日ブルーザーはストンパーと組んで木村&大木と対戦)から国際に特別参戦した一方で[48]、九州で行われた試合の収録は、越谷大会の録画中継の前週である同年3月10日放送の鹿児島県体育館大会の録画中継(3月8日開催、メインは木村VSストンパーのIWA世界ヘビー級王座戦)をもって打ち切られた。

1980年3月31日には後楽園ホールで4大タイトルマッチ(木村VSジョニー・パワーズのIWA世界ヘビー級王座戦、ボックウィンクルVS大木のAWA世界ヘビー級王座戦、浜口&井上VS木村健吾&永源遥のIWA世界タッグ王座戦、原VS剛のWWU世界ジュニアヘビー級王座戦)を90分特番で生中継したが、メインイベントの木村VSパワーズ戦は途中で放送が終了してしまう(他の3試合は放送尺内で放送することができた)。1980年4月3日に行われた新日本蔵前大会における藤波VS原のWWFジュニアヘビー級王座戦も4月14日放送分でそれぞれ録画中継されたが[49]、原はこの藤波戦以降スランプに陥ったため、以降のレギュラー中継にはまったく登場しなくなった。なお、藤波VS原は『ワールドプロレスリング』で4月11日に先行して録画中継された。同時に本番組における新日本の興行の中継は藤波VS原が最後となった。

大木が本格参戦した「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」では、当初参戦が発表されていた外国人選手4人の内、実際に参戦したのはルダックとキューバン・アサシンだけで(ルダックは1980年4月12日開催の開幕戦神奈川県秦野市大会〈テレビ未収録〉から、アサシンは4月21日開催の第6戦広島県庄原市大会〈テレビ未収録〉からそれぞれ参戦)、残る2人は前述のとおり参戦キャンセルとなったため、秦野大会からジョージとジョンストンが2人の代役として参戦したが、秦野大会から4月18日開催の第5戦大分県津久見市大会(テレビ未収録)までの5戦における外国人選手は、ルダック、ジョージ、ジョンストンの3人という陣容となってしまった[50]。このシリーズでは、4月13日開催の第2戦後楽園ホール大会(4月14日・4月21日に録画中継)、4月26日開催の第10戦茨城県土浦スポーツセンター大会(4月28日に録画中継)、4月28日開催の第11戦岩手県大船渡市体育館大会(5月5日・5月12日に録画中継)、4月30日開催の第13戦青森県弘前市民体育館大会(5月19日に録画中継)、5月10日開催の第20戦青森県八戸市体育館大会(5月26日に録画中継)、5月11日開催の第21戦岩手県二戸市体育館大会(6月2日に録画中継)、5月15日開催の第22戦大宮スケートセンター大会(6月9日・6月23日に録画中継、メインは大木VSルダックのインターナショナル・ヘビー級王座戦〈日本プロレス「'73アイアン・クロー・シリーズ」以来、7年1か月ぶりの日本での防衛戦〉)の7大会を収録したが、分割放送を実施した後楽園大会・大船渡大会・大宮大会の3大会において、大木の試合を1週目に放送したり、青森県内で行われた番組収録で木村のIWA世界ヘビー級王座戦(弘前大会はルダック戦、八戸大会はジョージ戦)を開催するなどしてカードや視聴率の両面で立て直しを図ろうとしたが、分割放送自体は大宮大会[51]が最後となったと同時に、草津登場試合の放送も、6月23日放送の木村とのコンビで対戦したジョージ&アサシン戦が最後となった。

全21戦で行われた「'80ビッグ・サマー・シリーズ」では、国際プロレスや番組自体がさらなる悪循環に陥ってしまう。シリーズ自体も前年より4戦削減され、当初参戦が発表されていた外国人選手5人の内、実際に参戦したのはジョーとスパイク・ヒューバーの2人だけで、残る3人は前述のとおり参戦キャンセルとなったため、ランディ・タイラーとブリューワーが1980年6月28日開催の開幕戦福島県大越町民体育館大会(6月30日に録画中継)から、ロバーツが前述の木次大会からそれぞれ3人の代役で参戦することになった。また、大越大会の録画中継以降はレギュラー放送終了まで各大会とも1週のみでの放送となった。本シリーズでは、放送日程全てを2〜3日の連続収録を行った上での録画中継で放送した。大越大会から同年7月1日開催の第3戦大阪府立体育館大会(7月14日に録画中継)まで、最初の連続収録を行ったが、大越大会の録画中継当日の新聞のラテ欄にはニュー・ブロンド・ボンバーズ(ラザン&ブリューワー)も掲載されていたが[44]、前述の通りラザンが来日中止となったため、大越大会自体のカードが変更された[52]。翌6月29日開催の第2戦後楽園ホール大会(7月7日に録画中継)では、小林と永源が同年6月19日に開幕した新日本プロレス「'80サマー・ファイト・シリーズ」[53]北海道サーキットの2戦を欠場し、井上&寺西との間で行われたIWA世界タッグ王座決定戦に勝利してベルトを奪取し、IWA世界タッグ王座は2度目の新日本への流出となった。移動日を1日挟んだ大阪大会では、大木VSジョーのインターナショナル・ヘビー級王座戦を開催し、その後もロバーツの特別参戦も相まって、この状態のまま前半サーキットを乗り切ろうとした。だが、同年7月13日から15日まで行われた第11戦兵庫県八鹿町体育館大会(7月21日に録画中継、メインは木村VSランディ・タイラーのIWA世界ヘビー級王座戦)・第12戦京都正武館大会(8月4日に録画中継)・第13戦静岡県富士市民体育館大会(8月11日に録画中継、メインは小林&永源VS井上&浜口のIWA世界タッグ王座戦)の3日連続収録の直前の7月9日の第10戦熊本市体育館大会(テレビ未収録)にて草津が負傷したために、八鹿大会以降におけるマッチメイクがさらに苦慮することになる。尚、新日本との交流戦の中継は富士大会を以って打ち切られた。シリーズ中盤から後半にかけては日程の一部変更も行われ、7月12日に予定されていた兵庫県氷上町公民館体育館大会が中止となった他、7月18日に予定されていた青森県営体育館大会も中止となり、青森大会の代替で翌7月19日に北海道岩内町大会(テレビ未収録)を開催した。北海道で行われた試合の収録も、7月24日開催の第20戦千歳市スポーツセンター大会(8月18日に録画中継)と翌7月25日開催のシリーズ最終戦札幌中島スポーツセンター大会(8月25日に録画中継)の2日連続収録をもって、レギュラー放送におけるデスマッチ中継も札幌大会をもってそれぞれ打ち切られた[54]。最終戦翌日である同年7月26日には、埼玉県大宮市にあった国際プロレス道場にタクシーが突っ込んで道場にあったプロパンガスが爆発して道場が全焼し、国際プロレスは自前の道場を失った。国際プロレスは、草津の離脱や道場の全焼によって求心力がますます低下していった[21]。本シリーズ放送期間中には、1980年10月から放送時間をかつて『全日本プロレス中継』を放送していた時間帯である土曜20:00 - 20:54枠へ変更することが決定した。さらに、前述の通り本シリーズから各大会とも1週のみでの放送となったことに伴い、八鹿大会の録画中継の翌週かつ国際プロレス道場が全焼した2日後の同年7月28日は蔵前国技館で行われた大熊正二VS金性俊のWBC世界フライ級王座戦の実況生中継のため、札幌大会の録画中継の翌週である同年9月1日・9月8日は特別番組放送のためそれぞれ休止となった。

原のスランプや草津の離脱、外国人選手の相次ぐ参戦キャンセルにより、1980年9月14日開幕の「'80ダイナマイト・シリーズ」以降の中継は、最終的にIWA世界ヘビー級王者の木村、インターナショナル・ヘビー級王者の大木、IWA世界タッグ王者の井上&浜口が支えざるを得なくなった。マッハ隼人が「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」から国際プロレスに参戦し、大位山勝三が「'80新春パイオニア・シリーズ」で再デビューして鶴見五郎との独立愚連隊を結成した一方で、この時期から主力以外の日本陣営の選手不足も深刻化していた。スネーク奄美が「'80新春パイオニア・シリーズ」直後に脳挫傷で戦線を離脱し、紫が「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」をもって引退してスタッフに転身[55]若松市政が「'80ビッグ・サマーシリーズ」をもってレスラーから営業職へ異動した他、本番組開始後にデビューした新人も原の他にも、高杉正彦菅原伸義冬木弘道の4人にとどまった。また、「'80ダイナマイト・シリーズ」以降における中継は、1977年4月シリーズである「1977ダイナマイト・シリーズ」[18]以来、本州甲信越地方北陸地方を除く)で行われた大会のみとなった。開催が1980年秋の番組改編期に当たる「'80ダイナマイト・シリーズ」は第1次と第2次の2部構成で行われたが、月曜20時台最後のシリーズとなった第1次は、番組収録が行われた開幕戦の後楽園ホール大会(9月15日に録画中継)と9月20日開催の第6戦静岡県焼津スケートセンター大会(9月22日に録画中継)以外、前半を東北地方のみ、焼津大会を挟んだ後半を九州地方のみでサーキットを組んだ。スミルノフ、ザ・USSR(チャーリー・フルトン)、クインが特別参戦した第2次は土曜20時台での放送となり、近畿・中国・北陸中心でサーキットを組むことになった[56]。開始当初からの低視聴率に加え、「'79ダイナマイト・シリーズ」以降は国際プロレスや番組自体が悪循環に陥ったことから、最終的に「'78ビッグ・チャレンジ・シリーズ」から続けてきた巻き返し策も功を奏しなかった[57]。同年9月22日に放送された「第1次ダイナマイト・シリーズ」焼津大会の録画中継(大木VSビル・ドロモのインターナショナル・ヘビー級選手権試合と井上&浜口VSロン・バス&ランディ・ローズを放送)をもって、6年間続いた月曜20時台の放送が終了した。

デスマッチ中継編集

前述の鹿屋大会で行われた木村VSキラー(ベンジー・ラミレス)戦は、東京12チャンネルとしては初のデスマッチ中継となり、『TWWAプロレス中継』時代に封印されていた金網デスマッチの中継も3年10か月ぶりに復活した。金網デスマッチの中継に関しても基本的に録画中継で放送され、凶器攻撃や金網に乱打していた場合は「凄惨な場面ですので、放送をご容赦くださいませ」というテロップと観客席を映し、そのシーンを映さない策が講じられた。映像カットは激しい流血を伴う凶器攻撃の最中だけで、攻撃が終了した後は、おびただしい流血になろうと中継をカットすることはなく通常の試合映像に戻っていた。また、『TWWAプロレス中継』時代同様に、番組収録が行われた会場では放送スケジュールや放送尺の関係上デスマッチを未収録とすることもあった他、番組収録が行われない会場でデスマッチを行ったこともあった。木村がデスマッチで行ったIWA世界ヘビー級王座の防衛戦は、1976年まではテレビ未収録会場で行われることが多かった。1977年はデスマッチ中継は行われなかった。

『月曜スポーツスペシャル』枠で放送された木村VSキラー戦以降、約1年間はデスマッチ中継は放送されなかった。レギュラー放送におけるデスマッチ中継初回は、1975年8月4日放送の「'75ビッグ・チャレンジ・シリーズ」大宮スケートセンター大会(6月8日開催)における木村VSカマタの金網デスマッチの録画中継であった。この金網デスマッチは当初は予定されていなかったが、当日のメインイベントである木村&寺西VSカマタ&デューク・サベージ戦において、試合に敗れたカマタが木村を挑発し、木村が挑発に乗ったためメインイベントの後に急遽開催したという。また、放送当日の新聞のラテ欄にも木村VSカマタは記載されていなかった[58]

主要タイトルにおけるデスマッチ初放送は、IWA世界タッグ王座戦が1975年12月8日放送(12月2日開催)の横浜文化体育館におけるザ・コンバット(ピエール・マーチン&マイク・マーテル)VS井上&草津戦、IWA世界ヘビー級王座戦が1976年8月16日放送(7月31日開催)の越谷市民体育館における木村VSスーパー・アサシン(ロジャー・スミス)戦、WWU世界ジュニアヘビー級王座戦が1979年11月12日放送(11月7日開催)の弘前市民体育館における原VSジョー戦であった(いずれも金網デスマッチの録画中継、草津・井上はコンバット戦がデスマッチ初放送となった)。木村・草津・井上以外の所属選手が行ったデスマッチ中継初回は、大位山が1978年5月1日放送(4月26日開催)の「'78スーパー・ファイト・シリーズ」岡山武道館大会におけるジョーとの金網デスマッチ、浜口が1979年6月11日放送(5月9日開催)の「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」焼津スケートセンター大会におけるジョーとの金網デスマッチ、原が同年7月9日に実況生中継された「'79ビッグ・サマー・シリーズ」宮城県スポーツセンター大会におけるテキサス・アウトロー(ボビー・バス)とのチェーン・デスマッチであった。その後も金網デスマッチやチェーン・デスマッチなどの各種デスマッチは中継された。

「'78ダイナマイト・シリーズ」で行われた木村VSベーカーの「デスマッチ3番勝負」(1978年9月25日の高岡市民体育館における金網デスマッチ、10月4日の札幌中島スポーツセンターにおけるチェーン・デスマッチ、10月13日の茨城県常陸太田市民体育館におけるテキサス・デスマッチ)も1978年10月2日 - 10月23日に3週連続で放送されたと同時に[59]、『TWWAプロレス中継』では放送されなかった木村VSベーカーのデスマッチ中継が初めて実現した。1978年10月16日の札幌大会の録画中継当日の新聞のラテ欄には、ノンタイトル戦で行われたにもかかわらず、「IWA世界選手権 木村VSベーカー」と誤記されていた。1979年6月11日には前述の焼津大会を、浜口VSジョーの金網デスマッチの他にも、木村VSブルックスのIWA世界ヘビー級王座戦(途中からチェーン・デスマッチに変更)も放送し、デスマッチ中継では初の2本立てで録画中継した。

前述の「'79ビッグ・サマー・シリーズ」仙台大会では、原VSアウトローとのチェーン・デスマッチの他にも、木村&草津VSスミルノフ&ベーカーの金網タッグ・デスマッチも実況生中継され、国際プロレス中継におけるデスマッチ中継では唯一の実況生中継となった。木村と草津が行ったデスマッチ中継はこの仙台大会が最後となり、以降のデスマッチ中継は井上・浜口・原の試合中心で放送された他、木村のデスマッチ自体もテレビ中継が行われない会場のみで行われた。このシリーズでは仙台大会の他にも、6月23日に後楽園ホールで行われた木村VSベーカーのチェーン・デスマッチも7月2日に、仙台大会の翌日の7月10日に宮城県涌谷町農村勤労福祉センターで行われた外国人選手同士では初のデスマッチであるスミルノフVSベーカーのチェーン・デスマッチ(IWA世界ヘビー級挑戦者決定戦)も7月16日に、7月17日に前述の中川大会で行われた原VSベーカーのチェーン・デスマッチも7月23日にそれぞれ録画中継され、4週連続でデスマッチが中継された。

前述の岡山大会における大位山VSジョー戦は、『TWWAプロレス中継』時代の1974年1月26日・2月2日放送の岡山武道館大会(1月12日開催)以来、4年3か月ぶりに中国地方で行われた大会における国際プロレスの実況中継となった他、前述の高岡大会における木村VSベーカー戦は初めて北陸地方で行われた大会における国際プロレスの実況中継となった。また、前述の仙台大会は、『TWWAプロレス中継』時代の1971年10月27日放送の「'71ビッグ・チャレンジ・シリーズ」岩手県営体育館大会(当日のメインは小林&木村VSダニー・リンチ&ラシクのIWA世界タッグ王座戦)以来、7年9か月ぶりに東京23区以外の会場で行われた大会における国際プロレスの実況生中継となった。デスマッチの乱発は、国際プロレスの経営悪化の遠因ともなり[60]、鶴見は1977年頃からデスマッチの乱発に不満を示すようになる[61]。さらに、1978年頃から、国際プロレスはデスマッチでしか観客を呼べない状態に陥ってしまう[20]

北海道の他にもデスマッチ中継をもって番組収録自体が打ち切られた地域があり、富山県で行われた試合の番組収録は、前述の「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」高岡大会(メインは金網デスマッチで行われた木村VSビリー・グラハムのIWA世界ヘビー級王座戦)をもって、甲信越地方で行われた試合の番組収録は、同年11月26日放送の「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」長野県諏訪市諏訪湖スポーツセンター大会(11月14日開催、メインは金網デスマッチで行われた井上&浜口VS上田&ヤス・フジイのIWA世界タッグ王座戦)をもってそれぞれ打ち切られた。

レギュラー放送におけるデスマッチ中継は、前述の「'80ビッグ・サマー・シリーズ」札幌大会における井上&浜口VSヒューバー&ブリューワーのIWA世界タッグ王座戦(金網デスマッチ)の録画中継が最後となった。これに伴い、土曜20時台への放送時間変更後はデスマッチ中継は事実上封印された(後述)。レギュラー放送終了後の特番枠では1981年9月17日放送の「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」後楽園大会(5月16日開催)におけるポール・エラリング&テリー・ラザンvs井上&原のIWA世界タッグ王座戦(金網デスマッチ)のみ放送された。

最終的にデスマッチの生中継や番組収録が行われた大会は、北海道、青森県、宮城県、秋田県茨城県、埼玉県、東京都神奈川県、長野県、静岡県、富山県、岡山県、鹿児島県で行われた大会であった(詳細は下表参照)。岡山武道館と高岡市民体育館からの録画中継は、収録した2回ともデスマッチを放送している[62]

月曜20時台時代には、岩手県、福島県、栃木県、愛知県、岐阜県大分県の6県で行われた一部のテレビ中継でも、「第6回IWAワールド・シリーズ」豊橋大会の浜口VSキューバン・アサシン2号、1977年4月18日開催の「1977ダイナマイト・シリーズ」[18]栃木県小山ゆうえんち大会(4月25日に録画中継)の鶴見VSチン・リー、「'78ビッグ・サマー・シリーズ」盛岡大会の稲妻VSマスクド・アタッカー(ジョン・フォーリー)、「'79新春パイオニア・シリーズ」大分大会の井上VSキューバン・アサシン1号、1979年3月6日開催の「'79スーパー・ファイト・シリーズ」岐阜市民センター大会(3月12日に録画中継。当日のメインは井上&浜口VSサモアンズのIWA世界タッグ王座戦)の草津VSジャック・クーガー、同シリーズ原町大会の鶴見VSクーガーの金網デスマッチがそれぞれ行われたものの、6試合とも未放送となった[40][28][64][65][66]

日本陣営では、主力選手の寺西、後に国際プロレス最後の金網デスマッチおよび最後のメインイベンターを務めた鶴見、日本陣営で活躍した稲妻、「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」をもって国際プロレスを退団した田中は番組収録が行われた会場でデスマッチを行ったものの、デスマッチ中継には最後まで登場しなかった。『TWWAプロレス中継』の番組収録が行われた会場でデスマッチを行い、かつ本番組開始後も国際プロレスに参戦した外国人選手の内、デスマッチ中継に登場したのはベーカーとキラーのみで、ダニー・リンチは「'75新春パイオニア・シリーズ」で、バションは前述の「'75ダイナマイト・シリーズ」でそれぞれデスマッチを行ったが、2人が行ったデスマッチは関東地方以外の会場で行ったために放送されず(2人がデスマッチを行った1975年は前述の通り東京12チャンネルの方針で関東地方で行われた大会のみを中継していたため、バションが木村に敗れてIWA世界ヘビー級王座を転落した同年4月19日開催の「'75ダイナマイト・シリーズ」札幌中島スポーツセンター大会は、当然ながら未収録となった)[67][68]、「'80スーパー・ファイト・シリーズ」に特別参戦したブルーザー、「'80ダイナマイト・シリーズ」に参戦したドロモはそれぞれデスマッチを行わなかった[48][56]

土曜20時台時代 - レギュラー放送終了編集

1980年10月4日より、番組は土曜20:00 - 20:54枠に移動。移動後の初回は9月28日に開幕した「第2次ダイナマイト・シリーズ」第6戦滋賀県近江八幡市立運動公園体育館大会の生中継で、浜口&井上VSスミルノフ&USSRのIWA世界タッグ選手権、大木VS上田のインターナショナル・ヘビー級選手権、木村VSクインのIWA世界ヘビー級選手権の3大タイトルマッチが、90分スペシャルで放送された(大木が日本プロレス時代から保持していたインターナショナル・ヘビー級王座はNWAの認定タイトルであったが、NWAに非加盟の国際プロレスで防衛戦が行われたことで全日本プロレスから抗議を受けたため、この近江八幡大会が日本における大木の最後の防衛戦となった)。

この時期から隼人をテレビ中継に登場させ、隼人の仲介でカルロス・プラタをブッカーにメキシコEMLLからも選手を招聘してテコ入れを図るが、移動後はリングスポンサーであった富国石油の横幕に書かれていた「大躍進! 日本プロレス界のリーダーシップ」[69]や「第2次ダイナマイト・シリーズ」のポスターに謳われていた「大躍進」[42]とは裏腹に、土曜20時台時代の『全日本プロレス中継』同様、裏番組2番組(30%以上の視聴率を叩き出していたTBS『8時だョ!全員集合』、『全日本プロレス中継』の放送時間変更後に視聴率が上昇したテレビ朝日『吉宗評判記 暴れん坊将軍』)の影響で視聴率は改善されずに悪化の一途を辿り[57][70]、最終的にフジテレビピーマン白書』→『小さな追跡者』と視聴率で最下位を争うことになってしまった。「'80ダイナマイト・シリーズ」(第1次・第2次)自体も前年よりも5戦削減され(第1次は全9戦、第2次は全11戦で開催)、「第1次ダイナマイト・シリーズ」最終戦に予定され、かつ同年9月26日に開催予定だった鹿児島県指宿市大会が中止となり(「第1次ダイナマイト・シリーズ」最終戦は9月25日に鹿児島県立体育館〈テレビ未収録〉で開催)、同年10月2日に開催予定だった「第2次ダイナマイト・シリーズ」山口県下関市体育館大会も中止となった。さらに同年10月18日は宮城県スポーツセンターで開催された大熊正二VS朴賛希のWBC世界フライ級王座戦の実況生中継のため放送休止となった。

1980年11月1日開幕の「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」は、「第2次ダイナマイト・シリーズ」から継続参戦していたスミルノフと2度目の国際参戦となったクラップを外国人エースの2枚看板として、前年よりも10戦削減した全20戦で開催された。しかし、同時期に開幕した全日本プロレスの「'80世界最強タッグ決定リーグ戦」(本番組の2時間30分前に『全日本プロレス中継』において放送)には、ブッチャー、ザ・シークザ・ファンクスドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク)、リッキー・スティムボート、そしてかつての国際の主力外国人だったカマタ、ロビンソン、ボックウインクルが参戦し、新日本プロレスも同時期にアンドレやシン、スタン・ハンセンハルク・ホーガンボブ・バックランド、ローデスなどの豪華外国人選手を招聘して「第1回MSGタッグ・リーグ戦」を開催するなど、質と量の両面において、他団体との外国人選手の差は歴然としていた。番組自体も11月8日・12月6日・12月13日の3回にわたって特別番組による放送休止となり、さらには救世主として入団した大木も、11月8日開催の新潟県新井市民体育館大会(テレビ未収録)をもって、東京12チャンネルから契約解除されて退団(当初マスコミには負傷欠場と発表されていた)[32][71]。これに伴い、大木の国際プロレス出場試合の放送は、新井大会の前週である11月1日に実況生中継された「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」開幕戦の後楽園ホール大会におけるザ・グレート・ムルンバ戦が最後となった。

「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」全日程終了後の1980年12月13日に、新日本の「第1回MSGタッグ・リーグ戦」東京都体育館大会で行われた木村VS小林のIWA世界ヘビー級王座戦も、本番組や『ワールドプロレスリング』では放送されることはなかった。「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」の同年12月放送分は、12月20日放送の和歌山県新宮市立総合体育館大会(11月22日開催、メインは木村VSスミルノフのIWA世界ヘビー級選手権)と12月27日放送の千葉公園体育館大会(11月27日開催、メインは浜口&井上VSプラタ&エル・ドーベルマンのIWA世界タッグ選手権)のみが、収録から1か月後に放送されるといった有様だった[71]。前述の放送時間変更前後は、選手不足や興行数の削減、観客数の減少、興行自体のキャンセル、視聴率のさらなる悪化に加え、前述のレギュラー放送におけるデスマッチ中継封印も相まって、国際プロレスは末期症状を呈することになった。1980年の放送は、放送休止が前年よりもさらに頻発したため、本番組の放送を開始した1974年とレギュラー放送の最終年となった1981年を除き、1975年に次いで2番目に少ない41週での放送となってしまった。

1981年に入ると、起死回生の策として「第2次ダイナマイト・シリーズ」に来日したテーズから寄贈されたベルトを争奪する「ルー・テーズ杯争奪戦」を「'81新春パイオニア・シリーズ」と「'81スーパー・ファイト・シリーズ」の2シリーズで開催。「'81新春パイオニア・シリーズ」ではテーズが来日し、同年1月10日から2月21日まで放送休止なしで放送したが、起死回生策とはなることはなかった。東京12チャンネルは「'81新春パイオニア・シリーズ」放送期間中に、レギュラー放送を1981年2月27日に全17戦の日程で開幕する「'81スーパー・ファイト・シリーズ」をもって打ち切ることを決定した。レギュラー放送最後のシリーズとなった「'81スーパー・ファイト・シリーズ」は、開幕戦の横浜文化体育館大会と3月3日開催の第4戦愛知県体育館大会、3月21日開催の第14戦越谷市民体育館大会(越谷市民体育館は本番組が開始した1974年から1980年まで毎年テレビ中継を行っていた)の3大会はテレビ中継から外されることになった。これに伴い、政令指定都市に所在する大会場における番組収録は、同年1月24日放送の「'81新春パイオニア・シリーズ」大阪府立体育館大会の録画中継(1月20日開催、浜口&井上VSジョージ&ボブ・スウィータンのIWA世界タッグ選手権と「ルー・テーズ杯争奪戦」前期予選リーグの鶴見VSジ・インベーダー、木村VSレオ・ロペス、寺西VSホセ・アローヨを放送)が最後となり、都内以外の関東地方で行われた番組収録も、1月29日から31日まで行われた栃木県黒羽町民総合体育館大会(2月7日に録画中継、「ルー・テーズ杯争奪戦」敗者復活戦の木村VSインベーダーなどを放送)・茨城県常陸太田市民体育館(2月14日に録画中継、メインは木村VSジョージのIWA世界ヘビー級選手権)・神奈川県大和市車体工業体育館大会(2月21日に録画中継、「ルー・テーズ杯争奪戦」敗者復活戦の木村VSスウィータンなどを放送)の3日連続収録が最後となった。

「'81スーパー・ファイト・シリーズ」は、来日が予定されていたキングコング・コジャック(マル・カーク・コジャック)が不参加となり[42]、コジャックの代役外国人も招聘されなかった。生中継は1981年2月28日第2戦後楽園ホール大会(「ルー・テーズ杯争奪戦」後期予選リーグの木村VSルーク・グラハムなどを放送)が最後となり、実況生中継当日の新聞のラテ欄には井上&浜口VSコジャック&レイ・キャンディと掲載されていたが、当日のカードは井上&浜口VSキャンディ&レッド・デビル(ビル・ホワイト)に変更された[44]。移動日を1日挟んだ3月2日に第3戦和歌山県立体育館大会(3月7日に録画中継でかつ近畿地方で行われた興行では最後の番組収録、「ルー・テーズ杯争奪戦」後期予選リーグの隼人VSエル・コバルデと井上VSエローデスなどを放送)の番組収録を行い、「'79ダイナマイト・シリーズ」以来の開催となった翌3月3日の愛知県体育館大会では、新日本プロレスに興行戦争を仕掛けられ(新日本の愛知県体育館大会は3月9日に開催、国際・新日本ともテレビ未収録)、国際は木村VSルーク・グラハムの金網デスマッチで対抗するも、猪木VSホーガンと坂口征二VSドン・ムラコの北米ヘビー級選手権を組んだ新日本の前に観客動員などで惨敗してしまう[72]。その後は3月12日に第9戦広島県府中市商工会議所大ホール大会(3月14日に録画中継かつ中国地方で行われた興行では最後の番組収録、メインは浜口&井上VSエローデス&コバルデのIWA世界タッグ選手権)の番組収録を行ったが、「ルー・テーズ杯争奪戦」後期予選リーグの中継は、府中大会の録画中継の翌週である3月21日は特別番組放送のため放送休止となったことや、レギュラー放送最終収録かつ、東北地方で行われた興行では最後の番組収録となる3月24日開催の第16戦宮城県市民体育館大会では公式戦が組まれなかったため[73]、府中大会における予選Aブロックの寺西VS鶴見と予選Bブロックの木村VSデビルが最後となった。そして同年3月28日放送の泉大会(木村VSキャンディのIWA世界ヘビー級選手権試合と浜口&寺西&隼人VSエローデス&コバルデ&鶴見を放送)の録画中継をもって6年半続いたレギュラー中継を終了したと同時に、『TWWAプロレス中継』時代から通算で12年9か月続いた国際プロレス中継のレギュラー放送は幕を下ろした。

レギュラー放送の最終回となった泉大会当日にゲスト解説を務めた吉原は、試合開始前に全選手に対して訓示を行い、次期シリーズである「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」以降の方針を話すなどして放送終了に伴う不安の払拭に努めたが、「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」終了直後から国際の営業サイドに不信感を抱いていた鶴見は、当時記していた自身の日記で「マトが外れていると思う」と記し[61]、国際プロレスが危機的状況へ向かっていることを窺わせた。

土曜20時台時代には、1980年10月8日開催の「第2次ダイナマイト・シリーズ」愛知県豊田市体育館大会(10月11日に録画中継)で寺西VSドン・バス、同年11月11日開催の「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」三重県四日市市体育館大会(11月15日に録画中継)で浜口VSクラップ、同シリーズ新宮大会で鶴見VSムルンバ、「'81スーパー・ファイト・シリーズ」府中大会で大位山VSマイク・ボイエッティ、レギュラー放送最終回の泉大会で井上VSルーク・グラハムの金網デスマッチがそれぞれ行われたものの、5試合とも未放送となった[56][73][74][75]。「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」で行われたデスマッチは四日市大会と新宮大会のみで行われた。「第2次ダイナマイト・シリーズ」豊田大会は、愛知県で行われた番組収録では前述の「第6回IWAワールド・シリーズ」豊橋大会同様に、再度デスマッチが未収録となった他、宮城県で開催された興行における生中継や番組収録は前述の「'79ビッグ・サマー・シリーズ」仙台大会と涌谷大会、レギュラー放送最終回となった泉大会の計3回行われたが、泉大会は唯一デスマッチが未収録となった。

浜口は、泉大会の翌日である1981年3月25日開催の「'81スーパー・ファイト・シリーズ」最終戦岩手県陸前高田市民体育館大会(当日は「ルー・テーズ杯争奪戦」最後の公式戦となったルーク・グラハム戦)をもって、肝臓疾患のため戦線を離脱し、井上とのコンビで保持していたIWA世界タッグ王座を返上、草津共々長期欠場のまま国際プロレス崩壊を迎えることになる。大位山も「ルー・テーズ杯争奪戦」後期予選リーグAブロックの全日程終了当日である1981年3月19日開催の「'81スーパー・ファイト・シリーズ」第13戦和歌山県御坊市体育館大会(テレビ未収録)を以って再び引退し、鶴見との独立愚連隊も解散した。1981年3月には1980年7月に全焼した道場の再建工事が開始され、次期シリーズである「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」は、1981年1月に2度目の海外遠征へ出発した原が凱旋帰国し、「まだ見ぬ強豪」として初来日が待望されていたエラリングとスティーブ・オルソノスキーの来日がそれぞれ決定しており、その矢先でのレギュラー放送終了となった。

特番枠へ再移行 - 国際プロレス中継終了編集

レギュラー放送が終了時点でも東京12チャンネル側は、中継番組を完全に打ち切ることまでは考えず、不定期ながらも、1時間枠の特別番組で放送を継続しようとした。特番枠へ再移行後は『東京12チャンネル プロレスアワー』のタイトルで放送され、特番枠再移行後の初回放送として、1981年4月18日開催の「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」開幕戦後楽園ホール大会(原VSオルソノスキー、木村&井上VSエラリング&テリー・ラザン、寺西&隼人VSプラタ&ホセ・ルイス・メンディエタ)を、1981年5月3日の18:00 - 18:54に録画中継した。

しかし、レギュラー放送が終了した穴は大きく、国際プロレスの情報は、『TWWAプロレス中継』終了後の1974年3月から7月まで行われた「'74チャレンジ・シリーズ」「'74ダイナマイト・シリーズ」「'74ビッグ・サマー・シリーズ」の3シリーズ同様、完全にスポーツ紙やプロレス雑誌に頼らざるを得なくなった[76]。特番枠再移行に伴い放映権料が大幅に減額され、さらに四国・九州サーキットや、都内以外の道府県庁所在地で行われた興行も「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」が、後楽園ホールで行われた興行も1981年6月6日開催の「'81ダイナマイト・シリーズ」第2戦がそれぞれ最後となり、特番枠へ再移行後の番組収録はわずか3大会にとどまるなど、同時期の後発2団体(IWGP構想に基づく「第4回MSGシリーズ」が開催され、初代タイガーマスクも人気を博していた新日本プロレス、本番組のレギュラー放送終了前日の1981年3月27日より「第9回チャンピオン・カーニバル」が開催され、大木が返上したインターナショナル・ヘビー級王座争奪トーナメントも行われていた全日本プロレス)との人気面や財政面の差はさらに広がっていた。なお、全日本プロレスの「第9回チャンピオン・カーニバル」には1980年の国際参戦をキャンセルしたブルックスとファリスも参加し、本番組のレギュラー放送終了当日の『全日本プロレス中継』では開幕戦の馬場VSブルックスが録画中継された。

「'81ダイナマイト・シリーズ」では、エラリング&ラザンを破って新IWA世界タッグ王者となった井上&原がエースの木村と共に日本陣営を支え、「'80ビッグ・サマー・シリーズ」以来の参戦となったジョーが外国人エースを務めた。しかし、またしても参加外国人選手の来日中止が相次ぎ、新パートナーのカール・ファジーとのニュー・ブロンド・ボンバーズとして参戦が予定されていたラリー・レイザムが前年の「'80ビッグ・サマー・シリーズ」に続き再度のキャンセルとなり[42]MSWA地区から初来日が予定されていたザ・タークも直前でキャンセルとなった[77]。代役のレスラーが招聘されることはなく、参加外国人選手は4人にとどまり、前年の全日本プロレス「第8回チャンピオン・カーニバル」で無得点全敗の白星配給係だったファジーがジョーに次ぐ副将格となった。

国際プロレスは初代タイガーマスク人気や同時期に発生した全日本と新日本の選手引き抜き戦争(ブッチャーが新日本へ、シンが全日本へそれぞれ移籍)など、当時のプロレス界の話題から取り残される形となり、東京12チャンネルは1981年6月25日に開催された「'81ダイナマイト・シリーズ」最終戦静岡県清水市鈴与記念体育館大会をもって特番枠における番組収録も打ち切った。これにより、国際プロレスはテレビ中継とそれに伴う放映権料を完全に失うこととなった。次シリーズの「'81ビッグ・サマー・シリーズ」は日程数を前年から8戦削減した東日本中心のサーキットとなり、さらには屋外会場を中心とする緊縮日程で行われることになったが、8月9日のシリーズ最終戦北海道羅臼町羅臼小学校グラウンド大会を最後に国際プロレスは活動を停止した。

国際プロレスの活動停止後も1981年9月に2回放送されたが、その際の放送枠はレギュラー放送時代のゴールデンタイムや「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」開幕戦後楽園大会の夕方枠ではなく、当時ドラマ再放送枠だった木曜0:00 - 1:00枠の深夜枠となった。同年9月17日に「'81ビッグ・チャレンジ・シリーズ」最終戦後楽園大会(5月16日開催、木村VSオルソノスキーのIWA世界ヘビー級選手権と金網デスマッチで開催されたエラリング&ラザンvs井上&原のIWA世界タッグ選手権)を、翌週の同年9月24日に「'81ダイナマイト・シリーズ」最終戦清水大会(6月25日開催、井上&原VSジョー&ファジーのIWA世界タッグ選手権、木村VSティエラ・ビエント・イ・フエゴ、寺西&隼人VS鶴見&エル・クルセロ)をそれぞれ放送したと同時に、国際プロレス中継は完全に終了した。

最後の録画中継放送前に所属選手の進路はすでに決まっており、木村、浜口、寺西の3人ははぐれ国際軍団を結成して「'81ダイナマイト・シリーズ」清水大会の放送前日である1981年9月23日の新日本プロレス田園コロシアム大会に現れ、そのまま新日本に参戦し、井上は冬木や菅原を引き連れて全日本プロレスに参戦した。原も当初は引退を考えてはいたが、最終的に全日本に参戦した。草津は活動停止と同時に引退し、鶴見も西ドイツなどのヨーロッパ遠征へ出発した。「'81ダイナマイト・シリーズ」と「'81ビッグ・サマー・シリーズ」に連続参戦していた常連外国人選手のジョーは全日本プロレスに移籍し、国際プロレスの活動停止から11日後の8月20日に開幕した「'81スーパー・アイドル・シリーズ」に参戦[78]。2団体での3シリーズ連続出場を果たしたが、「'81スーパー・アイドル・シリーズ」は9月9日に全日程が終了したため[78]、ジョーの『全日本プロレス中継』での初戦は、9月24日に放送された「'81ダイナマイト・シリーズ」清水大会の録画中継よりも先行して放送される格好となった。国際プロレスは最後の録画中継の翌週である同年9月30日に解散を発表し、崩壊した。

国際プロレス中継終了後編集

東京12チャンネルは国際プロレス崩壊の翌日である1981年10月1日にテレビ東京へ社名変更した。1984年10月に『世界のプロレス』が放送開始したことで、テレビ東京におけるプロレス中継が3年ぶりに復活し、本番組を手掛けていた白石剛達テレビ東京スポーツ局長は『世界のプロレス』も手掛け、メイン実況を担当した杉浦滋男と解説を担当した門馬忠雄は『世界のプロレス』の実況並びに解説も担当した。

実況スタッフ編集

解説編集

プロレスアワー編集

国際プロレスアワー編集

実況編集

ネット局編集

系列は当時の系列。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京12チャンネル 独立局 製作局
現:テレビ東京
北海道 北海道放送 TBS系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形テレビ
静岡県 テレビ静岡 1978年7月から1980年9月まで[79]
岐阜県 岐阜放送 独立局 [80]
三重県 三重テレビ [81]
滋賀県 びわ湖放送
京都府 近畿放送 現:京都放送
1975年3月打ち切り、後に再開[82]
兵庫県 サンテレビ 1975年3月打ち切り、1978年10月再開[83]
奈良県 奈良テレビ
和歌山県 テレビ和歌山
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 1976年4月から1980年3月まで[84]
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列

テーマ曲編集

オープニングテーマ編集

『国際プロレスアワー』のオープニングテーマ曲は基本的に東京12チャンネルのスポーツテーマ曲である「パープルページェントマーチ」を使用していたが、大会によっては他の曲も使用された[85]

その他編集

  • ファニー・スタッフ「ディスコ・スペース・インベーダー」 - 『'79ビッグ・サマー・シリーズ』の予告で使用(冒頭のスペースインベーダーの電子音のみ使用)
  • ニーノ・ロータ「脱出」 - 『'79ダイナマイト・シリーズ』の予告で使用(ルー・テーズの『'79ダイナマイト・シリーズ』における入場テーマ曲)
  • ラロ・シフリン「燃えろ!キングコング」[92] - 『'81スーパー・ファイト・シリーズ』の予告で使用(ディック・ザ・ブルーザーの『'80スーパー・ファイト・シリーズ』における入場テーマ曲)

備考編集

  • 「国際プロレスアワー」で使用された番組ロゴは、1977年の「'77新春パイオニア・シリーズ」から国際プロレスのパンフレットにも採用された。
  • 実況を担当していた杉浦滋男は、キラー・トーア・カマタなどのヒールレスラーに襲撃されることが多かったため、大会によっては放送席を金網で取り囲んだこともあった。
  • 1974年の開始から1981年の終了まで毎年テレビ中継を行っていた会場は後楽園ホールのみだった。実況生中継に関しては、年1〜4回程度しか行われず、1978年は1回も行われなかった。実況生中継は殆どが後楽園ホールで行われ、後楽園ホール以外の会場で実況生中継を行ったのは前述の「'74スーパー・ワイド・シリーズ」日大講堂大会、「'79ビッグ・サマー・シリーズ」仙台大会、「第2次ダイナマイト・シリーズ」近江八幡大会の3大会のみであった。
  • 90分特番で放送された「'77新春パイオニア・シリーズ」後楽園大会に関しては直前番組の『バトルホーク』は30分繰り上げて放送した他、特別番組やプロボクシング中継に伴う放送休止に関しては、月曜20時台時代は『対決!スーパーカークイズ』→『対決!チャレンジクイズ』や『ぼくら野球探偵団』などと、土曜20時台時代は『まんがことわざ事典』と、それぞれ本番組の直前番組とセットで休止になっていた。『国際プロレスアワー』は、前述の通り放送休止が頻発していたため、放送回数も前身番組である『TWWAプロレス中継』よりも少ない286回の放送となってしまった(『TWWAプロレス中継』は317回)。
  • 前述の全日本プロレスとの対抗戦の中継では、ジャンボ鶴田天龍源一郎極道コンビグレート小鹿&大熊元司)が出場した試合は放送されたが、ジャイアント馬場が出場した試合は、特別参戦した「'72ビッグ・ウインター・シリーズ」同様、日本テレビとの個人契約の関係上放送されなかった[16]
  • 国際プロレスのリング横幕は、当初は『TWWAプロレス中継』後期の物がそのまま使用されていたが、中期は東京12チャンネルの局名のみ、後期は「東京12チャンネル 国際プロレス」とリングスポンサーであった富国石油[1](レギュラー中継時代には富国石油の上に「大躍進!日本プロレス界のリーダーシップ」と書かれていたが、特番枠再移行と同時にその記述は外された)の横幕がそれぞれ使用された。『国際プロレスアワー』は1981年6月に番組収録が打ち切られたが、国際プロレス最後のシリーズとなった「'81ビッグ・サマーシリーズ」でも特番枠時代のの横幕が、そのまま使用された。
  • 生中継や番組収録が行われた大会は、北海道東北地方各県、関東地方各都県、甲信越地方各県、東海地方各県、富山県滋賀県京都府大阪府和歌山県兵庫県岡山県広島県福岡県大分県鹿児島県で行われた試合であった。
    都内を除く大会場で行われた大会の収録は、横浜文化体育館では1974年・1976年・1980年・1981年以外、大阪府立体育館では1975年・1976年・1979年以外にそれぞれ収録が行われた。札幌中島スポーツセンターでは1977年8月1日放送(7月30日開催)・1978年10月16日放送(10月4日開催)・1980年8月25日放送(7月25日開催)に3回収録が行われた一方で、九電記念体育館は1979年1月8日放送(1月6日開催)、宮城県スポーツセンターは1979年7月9日開催で実況生中継、愛知県体育館は1979年9月17日放送(9月13日開催)のそれぞれ1回のみに留まった。愛知県は、前述の豊橋大会や豊田大会のように名古屋市以外の都市で収録を行うことがほとんどで、神奈川県で行われた大会は、大半を大和市車体工業体育館で行われた試合を収録していた。
    関東地方以外の本州で行われた大会では、前述の近江八幡大会や四日市大会、京都大会、八鹿大会などのように、生中継や番組収録が行われた大会が1回のみだった府県もあった他、北海道で行われた大会における番組収録は6回(前述の札幌大会、中川大会、木古内大会、千歳大会)行われた。福岡・大分・鹿児島の九州3県で行われた大会における番組収録は、福岡・大分両県が「'79新春パイオニア・シリーズ」における各1回(福岡県は前述の福岡大会のみ、大分県は前述の大分大会のみ)と鹿児島県が2回(前述の鹿屋大会と「'80スーパー・ファイト・シリーズ」鹿児島大会)の計4回に、中国地方で行われた大会における番組収録は岡山県が3回(前述の岡山大会と1978年5月8日・5月15日放送の「'78スーパー・ファイト・シリーズ」津山総合体育館大会〈4月27日開催〉)と広島県が1回(前述の府中大会)の計4回にそれぞれ留まるなど、生中継や番組収録が行われた大会はは近畿地方以東に傾斜していた。
  • 一方で石川県福井県奈良県鳥取県島根県山口県四国各県、佐賀県長崎県熊本県宮崎県沖縄県で行われた試合の生中継や番組収録は一度も行われず、中でも石川・奈良・島根・高知・熊本・沖縄(この6県は『TWWAプロレス中継』放送当時にTBS系列局が所在していた)・福井・香川徳島愛媛(この4県は『TWWAプロレス中継』放送当時にTBS系列局が所在しなかった)の10県で行われた試合は、国際プロレスのレギュラー中継が放送されていた12年9か月の間、一度も生中継や番組収録が行われることはなかった[93]

脚注編集

  1. ^ 『想い出のプロレス会場物語』、P63
  2. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P24
  3. ^ 極端な場合はミッドカードを放送することもあった他、6週連続でメインイベントが放送されないこともあった。
  4. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P49 -P50
  5. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.18』、P26
  6. ^ 「'74スーパー・ワイド・シリーズ」日大講堂大会は1974年10月14日にも録画中継され、開幕戦の後楽園ホール大会は同年9月30日に1週目を放送。
  7. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P71
  8. ^ 例として、1975年5月26日 - 8月25日放送分は、5月26日・6月9日は「'75ビッグ・チャレンジ・シリーズ」後楽園ホール大会(5月26日は生中継、6月9日は録画中継)、7月7日は「'75ビッグ・サマー・シリーズ」後楽園大会(録画中継で6月29日開催)、7月28日・8月4日は「'75ビッグ・チャレンジ・シリーズ」大宮スケートセンター大会(録画中継で6月8日開催)、8月11日 - 8月25日は「'75ビッグ・サマー・シリーズ」後楽園大会(6月29日開催)・神奈川県大和市車体工業体育館大会(6月30日開催)・大田区体育館大会(7月28日開催)の順で放送された(8月11日 - 8月25日はいずれも録画中継、6月2日、6月16日 - 6月30日、7月14日、7月21日は休止)。
  9. ^ 1977年の6月〜8月シリーズのみ「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」として開催。
  10. ^ 女子部が設置されていた時代には1週目を男子の試合のみ放送し、2週目に女子の試合を放送する場合がほとんどだった。
  11. ^ 中には移動日を挟んで、実質3〜5日スタッフが帯同していたこともあった。
  12. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.18』、P52
  13. ^ 『想い出のプロレス会場物語』P38 - P39
  14. ^ 『ワールドプロレスリング』はテレビ岩手は1980年4月のANN脱退・NNSマストバイ局化に伴い打ち切りとなった他、ミヤギテレビは1975年9月まで遅れネットで放送し、同年10月の東日本放送開局と同時に宮城県における放送が同時ネット化。本番組レギュラー放送終了時点では、岩手県では『全日本プロレス中継』(遅れネット)のみ、宮城県では『全日本プロレス中継』と『ワールドプロレスリング』(いずれも同時ネット)を放送していた。
  15. ^ 『忘れじの国際プロレス』、P8
  16. ^ a b c 『日本プロレス事件史 Vol.8』、P64 - P65
  17. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P73
  18. ^ a b c 1977年の「ダイナマイト・シリーズ」は、4月シリーズが「1977ダイナマイト・シリーズ」として、年内最終シリーズが「'77ダイナマイト・シリーズ」として開催。
  19. ^ 「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」は、当初は札幌大会を最終戦とした上で全30戦で開催される予定だった。なお、札幌大会は、『TWWAプロレス中継』時代の1973年5月6日放送の「'73ダイナマイト・シリーズ」札幌大会(4月25日開催)以来、4年3か月ぶりに北海道で行われた大会における国際プロレスの実況中継となった。
  20. ^ a b 『日本プロレス事件史 Vol.18』、P21
  21. ^ a b c d e 『日本プロレス事件史 Vol.3』、P62 - P65
  22. ^ このため「'77ダイナマイト・シリーズ」の中継は、11月7日・11月21日放送の後楽園ホール大会(11月6日開催)→11月28日放送の愛知県一宮市産業体育館大会(11月17日開催)→「全日本・国際全軍対抗戦」静岡大会の録画中継→12月12日放送の千葉県銚子市体育館大会(11月18日開催)→12月19日放送の群馬県藤岡市体育館大会(11月21日開催)→12月26日放送の埼玉県越谷市体育館大会(11月24日開催)の順で放送された(いずれも録画中継。11月14日は休止)、
  23. ^ 「'78ビッグ・サマー・シリーズ」盛岡大会は、『TWWAプロレス中継』最終回以来、4年4か月ぶりに東北地方で行われた大会における国際プロレスの実況中継となった。
  24. ^ このため「'78ビッグ・サマー・シリーズ」の中継は、6月19日放送の大宮スケートセンター大会(6月16日開催)→6月26日放送の後楽園ホール大会(6月18日開催)→7月10日・7月17日放送の大阪府立体育館大会(6月29日開催)→7月24日放送の岩手県営体育館大会(7月18日開催)→韓国遠征の録画中継→8月21日放送の秋田県立体育館大会(7月19日開催)→8月28日放送の埼玉県越谷市体育館大会(7月26日開催)の順で放送された(いずれも録画中継。7月3日、7月31日は休止)。
  25. ^ 『想い出のプロレス会場物語』P84
  26. ^ a b IWE 1978 Dynamite Series”. PURORESU.COM. 2016年12月19日閲覧。
  27. ^ IWE 1978 Japan League Competitions”. PURORESU.COM. 2016年12月12日閲覧。
  28. ^ a b IWE 1979 New Year Pioneer Series”. PURORESU.COM. 2016年2月6日閲覧。
  29. ^ テレビ放映権移行を受けてからは、関東地方もしくは静岡県や新潟県でシリーズ開幕戦を行う場合が多かった。
  30. ^ IWE 1979 Big Challenge Series”. PURORESU.COM. 2016年8月20日閲覧。
  31. ^ スーパースター・ビリー・グラハムの対戦カードは1979年4月23日放送の鼎大会がアニマル浜口戦、6月18日放送の長野大会がグレート草津戦、4月30日放送の富山大会がマイティ井上戦、5月7日放送の高岡大会が金網デスマッチで行われたラッシャー木村とのIWA世界ヘビー級王座戦。
  32. ^ a b 週刊国際プロレス No.7クエスト、2010年7月14日
  33. ^ IWE 1979 Big Summer Series”. PURORESU.COM. 2016年3月14日閲覧。
  34. ^ 『Gスピリッツ Vol.11』P59「実録・国際プロレス」(2009年、辰巳出版ISBN 4777806502
  35. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.8』、P53
  36. ^ 「'79ビッグ・サマー・シリーズ」は、1979年8月13日は放送休止。ザ・モンゴリアンズとマネージャーのパーシー・プリングル3世は最終的に水戸大会に間に合わず、6月23日開催の第2戦後楽園ホール大会(7月2日に録画中継)からの参戦となった。ダイナマイト・キッドの国際プロレス出場試合は、1979年7月20日に秋田県大館市体育館で行われた阿修羅・原とのWWU世界ジュニアヘビー級王座戦が8月6日に、翌7月21日に新潟県村上市体育館で行われた原との再戦が8月27日に、来日初戦である7月19日に北海道木古内町公民館で行われた寺西勇戦が9月3日にそれぞれ放送された(大館大会はラッシャー木村VSアンドレ・ザ・ジャイアントのIWA世界ヘビー級王座戦とセットで放送。木古内大会と村上大会は分割放送の2週目に放送。木古内大会は7月30日、村上大会は8月20日にそれぞれ1週目を放送。村上大会の1週目の放送はラッシャー木村VSアレックス・スミルノフのIWA世界ヘビー級王座戦など)。
  37. ^ 国際プロレスは、1968年1月3日に日本プロレスに興行戦争を仕掛けられたが、当日日本テレビは17:30から1時間枠で生中継したため、『TWWAプロレス中継』初回放送とは放送時間では被らなかった。
  38. ^ 「'79ダイナマイト・シリーズ」では、横浜大会におけるラッシャー木村VS上田馬之助はダイジェストで放送。ボックウィンクルの「'79ダイナマイト・シリーズ」出場試合の放送は、10月5日の後楽園ホール大会の生中継の他にも、10月3日の青森県黒石市スポーツセンター大会における阿修羅・原戦が10月8日に、10月4日の秋田市立体育館大会におけるマイティ井上戦が10月15日に(阿修羅・原VSマーク・ロコのWWU世界ジュニアヘビー級王座戦とセットで放送)、10月6日における静岡県沼津市体育館におけるラッシャー木村&グレート草津VSルー・テーズ&ニック・ボックウィンクル戦が「ルー・テーズ特集」でそれぞれ録画中継された。「ルー・テーズ特集」の内容は木村&草津VSテーズ&ボックウィンクル戦の他にも、黒石大会で行われた寺西勇とのエキシビション・マッチ、秋田大会で行われた鶴見五郎とのエキシビション・マッチ(黒石大会と秋田大会は分割放送の2週目に、沼津大会は分割放送の1週目にそれぞれ放送。沼津大会は翌週の10月29日に2週目を放送)。
  39. ^ バーン・ガニアの「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」における出場試合は、1979年11月13日の新潟県三条市厚生福祉会館大会におけるラッシャー木村とのIWA世界ヘビー級王座戦は11月19日に、11月14日の長野県諏訪湖スポーツセンターにおける阿修羅・原戦は11月26日に、11月15日の岐阜県高山市体育館におけるマイティ井上戦が12月3日に、11月16日の和歌山県立体育館における木村とのリターンマッチが12月17日にそれぞれ録画中継された(12月10日は休止)。
  40. ^ a b IWE 1978 Big Summer Series”. PURORESU.COM. 2016年2月6日閲覧。
  41. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』、P80
  42. ^ a b c d 『忘れじの国際プロレス』、P81
  43. ^ ランディ・ダルトン、キラー・ブルックス、ウェイン・ファリスの3人は負傷で、モンゴリアン・ストンパーは急性気管支炎という理由でそれぞれ来日中止となった。ファリス&ラリー・ラザンのブロンド・ボンバーズは、ファリスの来日中止を受けてロッキー・ブリューワーがラザンのパートナーとなり、ニュー・ブロンド・ボンバーズとして参戦する予定であったが、ラザンも来日中止となったために実現しなかった。
  44. ^ a b c 『忘れじの国際プロレス』、P99
  45. ^ 『ワールドプロレスリング』の1980年年初の放送は1月4日に行なわれた「'80新春黄金シリーズ」後楽園ホール大会の実況生中継であったが、キッドは当日の中継には登場しなかった。
  46. ^ 1980 IWE New Year Pioneer Series”. PURORESU.COM. 2016年8月19日閲覧。
  47. ^ 『昭和プロレス・マガジン 第34号』P79(2014年、ミック博士の昭和プロレス研究室)
  48. ^ a b 1980 IWE Super Fight Series”. PURORESU.COM. 2016年4月9日閲覧。
  49. ^ 1980年4月14日放送分は3月31日に生中継され、途中で放送が終了した木村VSジョニー・パワーズのIWA世界ヘビー級選手権試合も再放送された他、4月13日の「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」後楽園ホール大会における大木VSジョー・ルダック戦も録画中継された。
  50. ^ 1980 IWE Big Challenge Series”. PURORESU.COM. 2016年12月25日閲覧。
  51. ^ 1980年6月16日は休止。「'80ビッグ・チャレンジ・シリーズ」では、4月28日放送の茨城県土浦スポーツセンター大会(4月26日開催)→5月5日・5月12日放送の岩手県大船渡市体育館大会(4月28日開催)と、5月26日放送の青森県八戸市体育館大会(5月10日開催)→6月2日放送の岩手県二戸市体育館大会(5月11日開催)→6月9日・6月23日放送の大宮スケートセンター大会(5月15日開催)と、2回も2〜3日にわたる連続収録が行われた。
  52. ^ 大越大会当日は、ニュー・ブロンド・ボンバーズと対戦予定だった大木金太郎はランディ・タイラーとのシングルマッチに、ロッキー・ブリューワーも寺西勇とのシングルマッチにそれぞれ変更された。
  53. ^ NJPW 1980 Summer Fights Series”. PURORESU.COM. 2016年3月17日閲覧。
  54. ^ ストロング小林と永源遥は、新日本「'80サマー・ファイト・シリーズ」を6月28日開催の釧路市厚生年金体育館大会、6月29日開催の北見市トレーニングセンター大会、7月15日開催の福井県敦賀市体育館大会の3戦を欠場した。
  55. ^ 『忘れじの国際プロレス』、P40
  56. ^ a b c IWE 1980 Dynamite Series I&II”. PURORESU.COM. 2015年10月27日閲覧。
  57. ^ a b 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P72
  58. ^ 『忘れじの国際プロレス』、P97
  59. ^ 1978年10月9日は休止。
  60. ^ 『忘れじの国際プロレス』、P13
  61. ^ a b ゴロー日記の衝撃ドクトル・ルチャの19○○ぼやき旅(辰巳出版)
  62. ^ なお、富山県・岡山県で行われた大会における番組収録は、高岡大会・岡山大会以外にも1978年5月8日・5月15日放送の「'78スーパー・ファイト・シリーズ」津山総合体育館大会(4月27日開催)、1979年4月30日放送の「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」富山市体育館大会(4月20日開催、メインはラッシャー木村VS上田馬之助とのIWA世界ヘビー級王座戦)でも番組収録を行ったが、津山大会・富山大会ともデスマッチは未開催となった。
  63. ^ a b c d e 「'75ビッグ・チャレンジ・シリーズ」大宮大会は1978年7月28日に、「'78新春パイオニア・シリーズ」水戸大会は1978年1月30日にそれぞれ1週目を放送している。「'76ビッグ・サマーシリーズ」越谷大会は1976年8月23日・8月30日にも録画中継された他、「'76勇猛シリーズ」後楽園大会は1976年12月13日に、「'78ダイナマイト・シリーズ」常陸太田大会は1978年10月30日にそれぞれ2週目を放送している。
  64. ^ IWE 1977 The 6th IWA World Series”. PURORESU.COM. 2016年2月6日閲覧。
  65. ^ IWE 1977 Dynamite Series”. PURORESU.COM. 2016年2月7日閲覧。
  66. ^ 1979 IWE Super Fight Series”. PURORESU.COM. 2016年2月6日閲覧。
  67. ^ IWE 1975 New Year Pioneer Series”. PURORESU.COM. 2017年5月18日閲覧。
  68. ^ IWE 1975 Dynamite Series”. PURORESU.COM. 2017年5月18日閲覧。
  69. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.8』、P52
  70. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』、P60
  71. ^ a b 大木退団から3日後の11月11日開催の三重県四日市市体育館大会(11月15日に録画中継)と翌12日開催の岐阜市民センター大会(11月22日に録画中継)は2日連続収録となった。「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」では、11月21日開催の大阪府堺市金岡体育館大会(11月29日に録画中継)と翌22日開催の和歌山県新宮市立総合体育館大会(12月20日に録画中継)でも2日連続収録が行われた。
  72. ^ NJPW 1981 WWF Big Fight Series”. PURORESU.COM. 2016年8月1日閲覧。
  73. ^ a b IWE Super Fight Series 1981”. PURORESU.COM. 2015年3月12日閲覧。
  74. ^ IWE 1980 Devilish Fight Series”. PURORESU.COM. 2015年12月26日閲覧。
  75. ^ 四日市大会は三重県で、府中大会は広島県でそれぞれ行われた興行における唯一の番組収録であった。
  76. ^ 当時プロレスを扱っていたスポーツ紙は東京スポーツデイリースポーツの2紙のみで、プロレス雑誌は当時はすべて月刊誌だった(原稿締切日は『別冊ゴング』の場合、発売日の7〜10日前だった)。
  77. ^ 『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '81 ダイナマイト・シリーズ(2011年、クエスト)
  78. ^ a b AJPW 1981 Super Idol Series”. PURORESU.COM. 2016年3月15日閲覧。
  79. ^ それまで放送していた『全日本プロレス中継』の静岡けんみんテレビ移行に伴う後続番組として開始。
  80. ^ 「国際プロレスアワー」以降は、番組終了まで一貫して月曜20:00からの放送、かつ数週遅れのネット。
  81. ^ 「国際プロレスアワー」以降は、当初は金曜20:00からの遅れネット、数回の変更を経て、最終的には月曜22:30からの遅れネットに定着。
  82. ^ 1975年3月までは同時ネットで放送。
  83. ^ 1975年3月までは同時ネットで放送。再開後半年間は火曜に、1979年4月からは月曜20:00から遅れネットで放送。
  84. ^ 当初は金曜 24:00-25:05枠で放送開始。その後は金曜 23:50-24:45 → 水曜 24:00-24:55 → 水曜 24:15-25:10枠で放送していた。
  85. ^ 『忘れじの国際プロレス』、P88 - P92
  86. ^ 「お尋ね者のテーマ」の原題は「Most Wanted Theme」。
  87. ^ 1980年1月29日に開催され、2月11日に録画中継された(当日のメインはアニマル浜口&マイティ井上VSキラー・カール・クラップ&ジプシー・ジョーのIWA世界タッグ王座戦)。
  88. ^ 「Over the Top」日本版における曲名。原題は「Theme One」。
  89. ^ 1980年10月11日に開催され、10月25日に録画中継された。
  90. ^ 但し、使用しない回もあった。
  91. ^ 最後の生中継当日は寺西勇&マッハ隼人VSエローデス&エル・コバルテ戦の同時入場で「スター・トレックのテーマ」が使用され、これがそのままオープニング曲となった。
  92. ^ 原題は「Theme from King Kong」。
  93. ^ 青森・秋田・山形・富山・滋賀・京都・和歌山・兵庫の8府県で行われた大会では『TWWAプロレス中継』時代は生中継や番組収録を行っていなかったが、本番組では番組収録を行っている。反対に『TWWAプロレス中継』時代に生中継や番組収録の実績がある鳥取・山口・佐賀・長崎・宮崎の5県で行われた大会では本番組では生中継や番組収録が一回も行われなかった。

参考文献編集

関連項目編集

東京12チャンネル 土曜20時台(1968年11月 - 1969年3月)
前番組 番組名 次番組
プロレスアワー
(第1期)
東京12チャンネル 月曜20時台(1969年4月 - 1970年3月)
プロレスアワー
(第1期)
東京12チャンネル 日曜19時台(1970年4月 - 1970年9月)
プロレスアワー
(第1期)
東京12チャンネル 火曜20時台(1970年10月 - 1971年9月)
プロレスアワー
(第1期)
東京12チャンネル 土曜20時台(1972年4月 - 1972年9月)
プロレスアワー
(第2期)
東京12チャンネル 月曜20時台(1974年9月 - 1980年9月)
ファイティングアワー

国際プロレスアワー
東京12チャンネル 月曜20:55 - 20:56枠(1974年9月内)
月曜スポーツスペシャル
(20:00 - 20:56)
ファイティングアワー
スターこんにちは
(20:55 - 21:00)
【1分拡大して継続】
東京12チャンネル 月曜20:54 - 20:55枠(1974年10月 - 1975年9月)
月曜スポーツスペシャル

ファイティングアワー
(20:00 - 20:56)
国際プロレスアワー
【1分縮小して継続】
スポーツフラッシュ
(20:54 - 20:57)
東京12チャンネル 土曜20時台(1980年10月 - 1981年3月)
国際プロレスアワー
土曜プレゼント
(19:30 - 20:54)