中信ホエールズ(ヂョンシン・ホエールズ、ちゅうしんホエールズ)は、かつて台湾中華職業棒球大聯盟に所属していたプロ野球チーム。親会社は中国信託商業銀行

中信ホエールズ
創設 1996年
解散 2008年
所属リーグ

中華職業棒球大聯盟

歴代チーム名

  • 和信ホエールズ(1997年 - 2001年)
  • 中信ホエールズ(2002年 - 2008年)
本拠地
台北
永久欠番

獲得タイトル
リーグ優勝(1回)

1999

成績(タイトル以外)
球団組織
中信ホエールズ
各種表記
繁体字 中信鯨
簡体字 中信鲸
拼音 Zhōngxìnjīng
発音: ヂョンシン ジン
英文
テンプレートを表示

歴史編集

1997年に新規参入。2002年に「和信ホエールズ」から現在の名称に変更された。台湾の中心都市・台北市に本拠地を置き、嘉義市立野球場が経営したが、人気は低迷し続け、翌2003年一部の選手が八百長をしていた事が判明する。さらに2007年にはより大規模な八百長事件「黒鯨事件」が発生し、5人の主力を失い経営は悪化する一方だった[1]米迪亜ティー・レックスが八百長問題で除名処分を受けたことをきっかけに、2008年シーズン終了後に解散した。

2013年オフに中国信託商業銀行が兄弟エレファンツを買収し、2014年度から中信兄弟となったが、球団としての関連性はない。

歴代監督編集

監督

主な選手・コーチ編集

コーチ編集

日本人コーチ編集

選手編集

主な外国籍選手編集

脚注編集

外部リンク編集