メインメニューを開く

カルロス・ミラバルCarlos Mirabal, 1973年4月24日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州バーゲン郡出身の元プロ野球選手投手)。右投両打。台湾プロ野球時代の登録名は「馬來寶」。

カルロス・ミラバル
Carlos Mirabal
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州バーゲン郡
生年月日 (1973-04-24) 1973年4月24日(46歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1996年
初出場 CPBL / 1999年3月18日
NPB / 2000年4月1日
最終出場 CPBL / 1999年10月21日
NPB / 2005年4月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

アメリカ・台湾時代編集

バーゲン・カウンティ・テクニカル高校を経て、1996年にアメリカの独立リーグであるノース・アトランティック・リーグアルトゥーナ・レイルキングスにてプロとしてのキャリアをスタートする。

1997年1998年台湾プロ野球TML嘉南勇士1999年CPBL和信ホエールズ)でプレーした。和信在籍時の1999年には、アレックス・カブレラとチームメイトだったことがあるが、2002年にはカブレラに死球をぶつけたことがきっかけで乱闘騒ぎを起こしている。

日本ハム時代編集

2000年NPB日本ハムファイターズに入団。同年は150kmを超えるストレートとナックルカーブを武器に抑えとして48試合に登板し、1勝3敗19セーブ

2001年は、2勝6敗18セーブ。この年の最後に先発として投げ、5回無失点と結果を残した。

2002年からは先発へ転向。後半戦はケガで棒に振るも、エース金村曉に次ぐチーム2位の9勝を挙げた。また、同年4月10日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、8回終了まで一人の走者も許さぬ好投を見せるが、9回の先頭打者・吉鶴憲治に安打され、外国人投手としては初となる完全試合を逃した。また、この試合で9回まで投げた球数はわずか80球であり、80球以内での完投は1969年坂井勝二ロッテオリオンズ)以来、パ・リーグ史上17人目であり、両リーグを通じても1977年江本孟紀阪神タイガース)以来25年ぶりであった。

2003年は、ケガで出遅れた金村に代わり開幕投手を務め、シーズンではリーグ2位の16勝(11敗)を挙げチームの勝ち頭となる。ただし、自責点と防御率がリーグワーストであった。

2004年は、前半は不振に喘いだが、後半に巻き返し11勝をマークした。

2005年にも開幕投手に指名されたが、故障により勝ち星を挙げることができないまま解雇された。

なお、日本ハム時代の背番号00は、2000年に加入したことと、防御率0.00を目指したことから。ミラバルの退団後に日本ハムで背番号00を着用した選手は現れず、かつ日本ハムは2009年以降、背番号0および00を使用しない方針を採っているため、ミラバルは日本ハムで背番号00を着用した最後の選手である。

日本ハム退団後編集

2006年から2008年まで、独立リーグのアトランティックリーグに加盟するニューアーク・ベアーズでプレーした。

2018年11月に結成された「一般社団法人 日本プロ野球外国人OB選手会」(JRFPA)で代表理事を務める[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 和信 43 2 0 0 0 2 1 13 0 .667 356 91.2 68 1 20 0 2 62 3 0 23 19 1.87 0.96
2000 日本ハム 48 0 0 0 0 1 3 19 -- .250 198 49.1 40 7 16 2 2 31 0 3 21 20 3.65 1.14
2001 51 1 0 0 0 2 6 18 -- .250 242 55.0 62 7 16 1 2 43 1 0 22 21 3.44 1.42
2002 18 18 4 1 1 9 6 0 -- .600 529 125.2 111 19 42 3 2 77 0 0 52 47 3.37 1.22
2003 31 31 3 1 0 16 11 0 -- .593 859 193.2 232 27 70 2 6 103 6 0 115 100 4.65 1.56
2004 29 26 2 0 0 11 9 0 -- .550 717 160.2 183 24 48 2 13 89 4 0 95 86 4.82 1.44
2005 3 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 82 16.1 22 2 8 0 3 10 0 0 16 14 7.71 1.84
CPBL:1年 43 2 0 0 0 2 1 13 0 .667 356 91.2 68 1 20 0 2 62 3 0 23 19 1.87 0.96
NPB:6年 180 79 9 2 1 39 38 37 0 .506 2627 600.2 650 86 200 10 28 353 11 3 321 288 4.32 1.42
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

CPBL
  • 最優秀防御率:1回 (1999年)

表彰編集

NPB
  • 月間MVP:1回 (投手部門:2004年9月)

記録編集

NPB

背番号編集

  • 24 (1997年 - 1998年)
  • 10 (1999年)
  • 00 (2000年 - 2005年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集