柴田 猛(しばた たけし、1944年8月11日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手外野手捕手)・コーチ監督

柴田 猛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1944-08-11) 1944年8月11日(76歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1963年
初出場 1966年6月5日
最終出場 1976年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴・人物編集

向陽高校では2年次の1961年、県予選を勝ち抜いて春季近畿大会に出場。準決勝で浪商と対戦するが、尾崎行雄の控え投手であった藤崎正雄(近大日本新薬)に抑えられて敗退。同年の夏の甲子園県予選でも準決勝に進出するが、後に本大会で準優勝の成績を残す桐蔭高に敗退。卒業後は1963年南海ホークスへテスト生として入団。当初は持ち前の俊足を生かすべく外野手として起用されるが、2年目の1964年に捕手へ転向。1966年6月5日近鉄戦(日生)に偵察オーダーで一軍初出場。当時は野村克也が全盛期であり、柴田は高橋博士元田昌義と共に野村の控え捕手であった。二軍では3割台を何度も記録し、打撃ベストテンに何度もランクイン。1969年10月18日東映戦(後楽園)で初スタメン出場を果たし、先発の泉嘉郎を完投勝利に導いたほか、柴田自身もプロ初打点を記録。野村がプレイングマネージャーに就任した1970年からはブロックサインの解読を担当し、球界関係者から「サイン盗みの男」と呼ばれる。他球団から恐れられただけでなく、野村も一目を置く存在となる。同年3月8日阪神とのオープン戦(甲子園)に先発出場。1回裏二死無走者の場面で藤田平がワンバウンドの球を三振するが、柴田は藤田にタッチすることを怠りベンチに引き揚げしまう。藤田は無人のグラウンドを一周して生還したため、振り逃げ本塁打となった[1]評論家青田昇日刊スポーツのコラム「アウト!セーフ!」で「野球人として欠陥車」と批判している[1]。同月にはサンフランシスコ・ジャイアンツが来日して日米野球が開催されているが、25日の第6戦(大阪)に8番・捕手で先発出場。皆川睦雄村上雅則種部儀康上田卓三をリードしたほか、自身も安打と打点を記録してチームの勝利と日本の4勝目に貢献。自身も4月12日ロッテ戦(東京)でプロ初安打を放ち、1971年には4月29日のロッテ戦(大阪)でプロ初盗塁を記録。1973年からはコーチ補佐を兼任し、その年のリーグ優勝に貢献。1974年には怪我をした野村に代わり50試合に先発マスクを被るが、自身もファウルチップを右手に受ける大怪我をして戦線離脱。同僚の江本孟紀は「この時の怪我がなければ、ノムさんは正捕手の座を柴田に譲り、監督専任になっていただろう」と語っている。同年5月5日のロッテ戦(大阪)では水谷則博から12年目のプロ初本塁打を放っているが、翌6日が新聞休刊日で記事にならなかった[2]1975年からは選手専任となったが、1976年広島東洋カープへ金銭トレードで移籍。古葉竹識監督はコーチとして広島に復帰した1973年オフ、当時の森永勝也監督に柴田の獲得を進言して失敗していた[3]。同年4月10日巨人戦(後楽園)で移籍後初出場を果たし、翌11日の試合では小林繁から移籍後初安打を放ち、10月10日中日戦(ナゴヤ)が最後の出場となった。1977年からはコーチ兼任となり、若手投手のアドバイザーとして活躍。1978年引退。

引退後は広島で一軍ブルペンコーチ(1979年 - 1980年)を務め、2年連続リーグ優勝・日本一に貢献。相手投手の投球フォームを撮影して癖を見つけて攻略、読唇術を用いてベンチでの会話から作戦を読むほか、古葉の作戦をサインで伝達する役目を担うなどカープ躍進の影の立役者と評価された[2]。また、心理面を突く野球も研究し、特に外国人選手に対しては生まれ育った境遇や信仰する宗教まで分析して戦略の参考とした[2]1981年には一軍バッテリーコーチとして古巣・南海に復帰するが、僅か1年で辞任。前述の手法がドン・ブレイザー監督ら外国人スタッフの間で不評を買い、投手交代を巡ってバーニー・シュルツ一軍投手コーチと意見対立し、ベンチ内であわや乱闘という事件まで起こした[2]。辞任後は阪急上田利治監督が「是非ともウチに迎えたい」と早速アプローチすると、すかさず前年まで在籍していた広島も名乗りを上げた[2]。阪急か広島の選択に悩んでいた柴田に広島の球団上層部の一部に一軍コーチ復帰に反対する声がある事が伝わったのと、球界の不文律として翌年の同一リーグ球団への横滑りは無しとされていたため阪急移籍は叶わなかった[2]。その間隙を突いた阪神に移籍し、1982年に一軍バッテリーコーチに就任。同年には島野育夫と共に横浜スタジアム審判集団暴行事件を起こすが、1983年に現場復帰し、木戸克彦を時に鉄拳制裁も与えるほど厳しく指導[4] [5]。一軍作戦コーチとなった1984年退任。1985年には一軍バッテリーコーチとして南海に2度目の復帰を果たし、1987年から1988年までは二軍監督を任せられた。その後はオリックス二軍バッテリーコーチ(1989年 - 1990年)を経て、1991年から1992年には南海の後身のダイエー二軍監督を務めた。1993年には野村に誘われ、ヤクルトにフロントとして入団。南海時代以来の師弟コンビを組み[6]1994年には一軍バッテリーコーチとして現場復帰。2年ぶり3度目のリーグ優勝と2度目の日本一に貢献した1995年退任。1996年には阪神の一軍チーフ兼バッテリーコーチに就任し、シーズン途中で解任された藤田の代わりに監督代行としてチームを率い、新庄剛志を4番に起用した。2度目の阪神退団後は渡台して兄弟守備コーチ(1997年)を1年だけ務め[7]、帰国後は中日調査部員(1998年 - 1999年)・巨人運営部特別嘱託スタッフ(2000年 - 2005年)を歴任。巨人時代は「巨人スコアラーの知恵袋」とも言われ、2004年にはアテネオリンピック日本代表のアドバイザースコアラーに就任し、銅メダル獲得に貢献。巨人退団後は9年ぶりに渡台し、中信ヘッド兼打撃コーチ(2006年)を1年だけ務めた[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1966 南海 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1967 17 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1968 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1969 8 11 11 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1970 11 5 4 3 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .500 .600 .500 1.100
1971 33 29 27 3 6 1 0 0 7 2 2 0 0 0 2 0 0 5 1 .222 .276 .259 .535
1972 21 8 8 1 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
1973 12 9 7 1 3 2 0 0 5 2 0 0 0 0 1 0 1 1 0 .429 .556 .714 1.270
1974 66 154 133 10 29 7 0 1 39 15 0 0 3 1 14 2 3 17 3 .218 .305 .293 .598
1975 19 8 7 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .286 .375 .286 .661
1976 広島 14 11 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 1 .100 .182 .100 .282
通算:11年 209 237 209 19 45 10 0 1 58 24 3 0 3 1 17 2 7 31 5 .215 .295 .278 .612

監督通算成績編集

  • 13試合 6勝7敗、勝率.462

背番号編集

  • 65 (1963年 - 1966年、2006年)
  • 45 (1967年 - 1975年)
  • 23 (1976年)
  • 61 (1977年 - 1980年)
  • 74 (1981年)
  • 87 (1982年 - 1984年)
  • 72 (1985年 - 1986年、1991年 - 1992年)
  • 81 (1987年 - 1988年)
  • 63 (1989年 - 1990年)
  • 71 (1994年 - 1997年)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集