メインメニューを開く

ディオニス・アレハンドロ・セサル・アルバレスDionys Alejandro Cesar Alvarez[1]1976年9月27日 - )は、ドミニカ共和国モンテ・プラタ州ヤマサ出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投げ両打ち。登録上は外野手だが、内野手もこなせる。台湾球界での登録名は、迪歐

ディオニス・セサル
Dionys Cesar
CD-Dionys-Cesar20100509.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンテ・プラタ州ヤマサ
生年月日 (1976-09-27) 1976年9月27日(42歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1995年
初出場 CPBL / 2005年8月28日
NPB / 2010年3月26日
最終出場 CPBL / 2005年10月17日
NPB / 2010年8月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

18歳でアメリカ合衆国に渡り、マイナーリーグメキシカンリーグでプレー。当時はオークランド・アスレチックスミルウォーキー・ブルワーズシンシナティ・レッズモントリオール・エクスポズシカゴ・ホワイトソックス等の傘下チームを転々としたが、メジャー昇格は一度もなく3Aが最高[2]

2005年に退団したネルソン・カストロに代わって台湾中信ホエールズに在籍。「迪歐」の登録名で8月28日から28試合に出場し、打率.307、本塁打1本、守備では8失策の記録を残した。

2006年にメキシカンリーグに戻り、アメリカ独立リーグへの移籍も重ねて2009年までプレーしていた。メキシコ行きの理由は金銭的な事情による物。子供が出来て家族を養う必要性が生じ、マイナーリーグの安い給料では生活に困窮するのに対し、本人曰く「メキシコでは月に18000ドルもらえるため、夏季リーグ5か月間・冬季リーグ3か月間で年間で15万ドル弱稼げる」ことからメキシコへと拠点を移したという[2]。2009年メキシカンリーグで打率3割8分で首位打者を獲得。40盗塁を記録し盗塁王に輝きMVPにも選ばれた。

中日時代編集

2009年11月、ドミニカのウィンターリーグ期間中に中日ドラゴンズが行った入団テストに参加した際の動きが森繁和ヘッドコーチの目に留まり、同年12月11日に中日と契約を結んだ。年俸は25万ドル[2]

2010年のオープン戦は不振(規定打席に到達した者の中では最低打率の.119)だったが、3月28日の対広島戦でサヨナラ安打を放つ(ただし、その試合では一時相手側の勝ち越しにつながるエラーを犯している)。しかし、好機で打てず、失策も多数犯すといった試合が続いたため、4月25日に二軍に降格した。この事について育成コーチのトマス・デラロサは「ブランコもセサルも能力は高いが、ブランコはナイターの試合後でも2時間の練習をする。その姿勢を見習うべきだ」と苦言を呈している。その後、二軍で結果が出ないながらも5月13日に再昇格を果たし、6月2日の対オリックス戦では、1試合4安打を果たすなど、ようやく日本の野球に慣れてきたかに見えた。しかし、6月4日の対ロッテ戦の守備中に、捕球範囲の飛球を追い越して落球した後、さらにフェンスに激突して負傷し、戦列を離れた。7月3日に再昇格。しかし、7月19日の対横浜戦で、無死二・三塁の場面で見逃し三振、さらに平凡な飛球を落球し、この試合を最後に二軍降格した。その後二軍でも不振だったが、8月26日に昇格を果たした。しかし、またしても全く打てなかったため、8月29日に登録抹消された。

シーズン成績は、打率.215、1本塁打、10打点、出塁率.244、長打率.269、得点圏打率は.190だった。2010年10月3日、エドワード・バルデスと共に来年度契約を結ばないことを球団側が発表。10月12日、自由契約選手公示。

中日退団後編集

2011年から再びメキシカンリーグでプレーし、2012年の8月に北米独立リーグに移籍。2013年ファーゴ・ムーアヘッド・レッドホークスに所属したが、6月にカムデン・リバーシャークスに移った。2014年秋はドミニカに戻り、アギラス・シバエーニャスの選手としてウィンターリーグに参加した[3]

2016年1月9日万引き及びその隠蔽容疑でアリゾナ州フェニックスマリコパ郡保安官事務所(Maricopa County Sheriff's Office)に逮捕された[4]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2005 中信 28 120 114 14 35 3 2 1 45 12 9 2 0 0 6 0 0 16 3 .307 .342 .395 .736
2010 中日 51 194 186 16 40 7 0 1 50 10 2 4 1 0 7 0 0 45 8 .215 .244 .269 .512
CPBL:1年 28 120 114 14 35 3 2 1 45 12 9 2 0 0 6 0 0 16 3 .307 .342 .395 .736
NPB:1年 51 194 186 16 40 7 0 1 50 10 2 4 1 0 7 0 0 45 8 .215 .244 .269 .512

記録編集

NPB

背番号編集

  • 34 (2005年)
  • 7 (2010年)

脚注編集

  1. ^ ホーム用ユニフォームの背表記は「CESAR」だが、シーズン当初のビジター用は「SESAR」となっていた
  2. ^ a b c 東京中日スポーツ・2009年12月17日付 3面
  3. ^ Baseball-Reference
  4. ^ http://www.jailbase.com/en/arrested/az-mcso/2016-01-09/dionys-alejandro-cesar-t240168

関連項目編集

外部リンク編集