中原悌二郎

『若きカフカス人』(1919年)東京国立近代美術館

中原 悌二郎(なかはら ていじろう、1888年10月4日 - 1921年1月7日)は、大正日本を代表する彫刻家の一人。

目次

略歴編集

北海道釧路市の生まれ。1897年に母とともに旭川市に移り、母方の叔父の養子となる[1]1902年に忠別尋常高等小学校高等科(現・旭川市立日章小学校)を卒業し北海道庁立札幌中学校(現・北海道札幌南高等学校)に入学する[1]

17歳の時に画家を志し、札幌中を中退して上京、白馬会研究所・太平洋画会研究所洋画部で学び中村彝と親交を結ぶ。その後荻原碌山の感化によって彫刻に転じ、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事。1910年第4回文展に「老人の首」が初入選した。1912年ロダンの実作に初めて触れて、深く啓発される。1916年日本美術院の研究会員に転じ、佐藤朝山石井鶴三らとともに研鑽を重ねた。同年の第3回院展に発表した「石井氏の像」で樗牛賞を受けて院友となり、以後も同展に「行乞老人像」「若きカフカス人」「憩える女」などの作品を次々と発表する。その作風は写実に基づきながらも堅牢な構築性を示し、内面表現にも優れた。1919年の「平櫛田中像」を遺作として32歳の若さで没した。

晩年の芥川龍之介が講演先で中原の「若きカフカス人」を見て『この中原氏のブロンズの「若者」に惚れる者はないか。この若者はまだ生きているぞ』と発言したことはよく知られている。

中原悌二郎賞編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集