メインメニューを開く

東京都道427号瀬田貫井線

日本の東京都の道路
中杉通りから転送)

東京都道427号瀬田貫井線(とうきょうとどう427ごう せたぬくいせん)は、東京都世田谷区から杉並区を経由して練馬区に至る特例都道である。全長は14.343km。

特例都道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
東京都道427号標識
東京都道427号
瀬田貫井線
路線延長 14.343 km
陸上区間 14.343 km
制定年 未調査
開通年 未調査
起点 東京都世田谷区瀬田交差点
終点 東京都練馬区貫井二丁目交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0466.svg国道466号
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

起点・終点編集

 
起点・瀬田交差点。中央が東京都道427号瀬田貫井線、左右は環八通り。正面の高層ビルは世田谷ビジネススクエアSBSタワー。
 
桜新町 - 用賀間。この区間は、かつて玉電(東急玉川線)が走り、桜新町方より道路中央の併用軌道で進んできた玉電は電停から以西は道路北側に移り用賀2丁目で道路を横切る形で専用軌道に入り用賀を目指した。桜新町-用賀間の専用軌道は東京都道427号瀬田貫井線に転用された。<写真>左が専用軌道から転用された東京都道427号瀬田貫井線、右は旧大山街道。
 
中杉通りのケヤキ並木
 
終点・貫井二丁目交差点

一般名称編集

  • 旧大山街道
  • 公園通り(世田谷区赤堤4丁目地内)
  • 日大通り(下高井戸駅前)
  • 永福通り(甲州街道との交差点 - 永福町駅前交差点、その10メートル先から大宮八幡入口交差点は別の道路が永福通り)
  • 松の木八幡通り(大宮八幡前交差点 - 五日市街道との交差点)
  • 中杉通り(杉並区役所前 - 貫井二丁目)
    • 中杉通りのうち、杉並区役所青梅街道) - 阿佐谷北六丁目(早稲田通り)間は、ケヤキの並木道として整備されている。戦後復興中の昭和 29(1954)年に、地元の人々により苗木119本が植栽されたものが始まりで、JR中央線阿佐ヶ谷駅を中心に南北に広がり、1993年には「杉並百景」に選出され、都内でも有数のケヤキ並木である[1]
    • 現在の中杉通り完成前の旧中杉通りは松山通り(世尊院前-日大通り間)と名称を変えている。

通過する自治体編集

  • 東京都

連絡道路編集

玉電編集

瀬田交差点口は現在の国道246号(玉川通り)旧道にあたり、1969年昭和44年)までは、起点の瀬田交差点から用賀までの区間に玉電(東急玉川線)が併用軌道で走っていた。現在の用賀駅前交差点から桜新町までの区間は、かつては玉電の専用軌道であった。

一方通行編集

京王線下高井戸駅付近と小田急小田原線豪徳寺駅付近が一方通行の上に、商店街の中の狭い通りとなっていて時間帯によっては車両通行止めになっているほか、千川通り(西武池袋線中村橋駅付近)から目白通りの貫井二丁目交差点へは一方通行となっていて、目白通りからの車両進入はできない。また、松ノ木八幡通りから五日市街道、方南通りから永福通りへも一部区間が一方通行となっているため、迂回が必要。

脚注編集

関連項目編集