東海東山方言

中部方言から転送)

東海東山方言(とうかいとうさんほうげん)は、岐阜県愛知県長野県山梨県国中地方静岡県および新潟県佐渡地方阿賀北地域青海を除く)で話されている日本語の方言である[1][2]

目次

概要編集

大きく、岐阜・愛知方言(ギア方言)、長野・山梨・静岡方言(ナヤシ方言)、越後方言に分けられる[3][4]東条操が提唱した方言区画であるが、ほぼ全域が東京式アクセントである他は地域ごとの差異が大きく、特に文法は遷移的で近畿方言東北方言などと異なり全域にわたる共通性を見出すことは難しい。そのため、岐阜・愛知方言、長野・山梨・静岡方言、越後方言の3グループをそれぞれ独立の区画とする説(都竹通年雄の説)もある[5]

東日本方言西日本方言の接触地帯の方言であり、両者の特徴の境界線の多くがこの地を通っている[3]。古くから東西方言の境界とされた親不知と浜名湖を結ぶ線(日本語#東西の文法参照)の西側である愛知県と岐阜県の方言は、西日本方言に分類されることもあり、越後方言や長野・山梨・静岡方言よりも、語彙や文法の点で西日本的である。長野・山梨・静岡方言の中では、南信方言遠州弁三河弁との共通点を多く持っており、語彙や文法の点で西日本的特徴が比較的強い。ただ、「思うた」のような動詞のウ音便は愛知・岐阜には無いが新潟県越後にはある(一部を除く)[6]

下位区分編集

  • 岐阜・愛知方言(ギア方言) - 「おる」「-とる」を用いる。ア・ワ行五段動詞は促音便(例:思った)。動詞の打ち消しは「-ん」。
  • 長野・山梨・静岡方言(ナヤシ方言) - 長野北東部(千曲川流域)、山梨の一部(郡内地方東部)を除き推量に「ずら・ら」を用いる(三河にもある)[7]。長野南部(天竜川木曽川流域)を除き「いる」「-てる」を用いる。ウ音便はない。
    • 静岡県方言
      • 遠州方言--遠州。西部は外輪東京式アクセント。東部は中輪東京式アクセント。打ち消し「-ん」
      • 駿河方言--駿河(大井川上流除く)。打ち消し「-ない」。富士川以東は意志・推量の「べー」があり伊豆方言に含むことがある。中輪東京式アクセント。
      • 伊豆方言--伊豆。意志・推量の「べー」があり、打ち消し「-ない」、命令形「-ろ」、母音の無声化などの西関東的な特徴と、東海東山的な特徴を併せ持つ[8]
      • 井川方言--大井川上流。無アクセントで、古い時代の表現を残す言語島
    • 長野県方言(奥信濃・北信・東信・中信・南信に細分。一般的な地域区画とは多少異なり、木曾が南信に、諏訪と上伊那北部が中信に区分される)
      • アクセントは大半が中輪東京式となるが、北信全体及び南信の東三河・遠州に接する部分で外輪東京式となる。
      • 中信や南信の大部分では、母音の無声化が起こらない。
      • 奥信濃、北信では語頭の「イ」は「エ」に統合され、東信では語頭で「イ」が「エ」に、「エ」が「イ」に交替する。
      • 東信の佐久地域では「ヒ」と「シ」の混同がある。
      • 南西部を除き連母音融合が盛んである。木曽地域や伊那地域では南に下るにつれあまり聞かれなくなる。
      • 奥信濃、北信及び東信(佐久地方を除く)では推量形に「ずら」を用いない。
      • 東信の佐久地域では推量に関東方言的な「べえ」も用いられる。
      • 南信方言では伝統的には推量に「〜ずら」を用いるが、中若年層は三河から広まった[要出典]「〜だら」を多用する。
      • 南信方言では全域で否定に「〜ん」、「居る」は「おる」を用い、命令形は木曽地域南部、上伊那地域南部、下伊那地域で「〜よ」用いる。また、上伊那地域南部や下伊那地域では特に敬語表現が豊富である。
      • 語彙の面で、奥信濃では魚沼の越後方言に、諏訪地域は甲州弁に、木曽地域中南部や上伊那地域南部、下伊那地域の特に平野部では名古屋弁美濃弁三河弁遠州弁などの東海地方の諸方言との近似が多く見られる。[要出典]
    • 山梨県方言甲州弁
  • 北部伊豆諸島方言--最も近いのは伊豆方言だが、独特の特徴も多い。
  • 秋山郷方言--言語島。古い文法があり音韻は奥羽方言と類似。
  • 越後方言新潟県のうち佐渡地方阿賀北地域を除く)--アクセントは、上越地方西部の糸魚川市で中輪東京式、その他で外輪東京式である。群馬弁埼玉弁同様にガ行鼻濁音がない。越後中部・北部では形容詞連用形・ワ行五段動詞連用形でウ音便を用いる[6]。(なお、佐渡弁北陸方言阿賀野川以北下越方言東北方言北奥羽方言に分類される)
    • 中越方言--伝統方言ではイとエの区別がなく、開音[ɔː]と合音 [oː]の区別がある。
      • 南越方言(魚沼地方)--関東方言的。長野の奥信濃方言も南越方言に近い。
    • 西越方言--上越地方東部の上越市妙高市の方言は長野県の北信との共通性が高く、内陸部ほどその傾向は強まる[要出典]

発音編集

一部を除きほぼ全域が東京式アクセントである。近畿に接する岐阜県大部分・愛知県尾張知多除く)が内輪東京式(西濃垂井式京阪式)、糸魚川を除く越後方言の全域・長野県北信三河東部・遠州西部が外輪東京式、静岡県湖西市が型の種類の少ない東京式、それ以外の大部分が中輪東京式である。なお言語島である井川は無アクセント、山梨県奈良田は特殊アクセントである。[9]

音韻は共通語とそれほど変わらないが、濃尾平野、静岡県中東部などでは連母音の融合が激しく、名古屋方言はアイおよびアエという連母音がエァー([æː])になる他、オイはオェー([øː]または[öː])に、ウイはウィー([yː]または[üː])に変化することがある8母音体系である。越後の中越方言は「アイ」が融合して/エァー/([ɛː]または[æː])になり、「アウ」に由来する開音/オァー/ [ɔː] と「オウ」に由来する合音/オー/ [oː] の区別がある7母音体系である。越後中北部ではイとエの区別がない。言語島である奈良田では四つ仮名を区別、秋山郷方言では音韻体系が特異で、木曽開田高原とともにシラビーム方言である。長野県北信、東信と静岡県富士川以東では母音の無声化があり、アクセントの面からも発音で西関東方言と明確に境界を引くことは難しい。音韻・アクセントからギア方言、ナヤシ方言、越後方言、西関東方言をまとめて東日本方言の下位グループとする案もある(奥村三雄の案)。

文法編集

文法は遷移的で、日本語の東西方言の要素の境界線がいくつも走っている。主なものをあげると、打ち消し「ん/ない」(親不知-大井川)、命令形「よ/ろ」(糸魚川-静岡県中部)、「おる/いる」(親不知-浜名湖)、形容詞連用形「ウ音便/-く」(糸魚川-西三河)、断定「じゃ・や/だ」(親不知-長野岐阜県境-岐阜愛知県境)などがある。ただし山梨県国中地方は打ち消し「ん」。越後平野には形容詞連用形のウ音便がある他、岐阜・愛知には分布しないワ行五段動詞のウ音便がある。[6][10]

畿内からの流入経路によってギア方言-ナヤシ方言(意志の「ず」、推量の「ずら、ら、だら、だらず」等)と、北陸方言-越後方言-北奥羽方言(意志「う」、推量「だろう」、理由「さかい」系(「すけ」等)など)に分けられる要素もある。前者は陸路、後者は日本海路からの流入であり、経路が異なるため、文法面で越後方言は北陸-北奥羽と同じ流れにあり、ギア方言、ナヤシ方言との関連性は低い。平山輝男による方言区画では、新潟県は東海東山方言に入らず、越後方言が独立した区画となっている。

比較表編集

  • 国立国語学研究所 全国方言文法地図[11] 
  • 金田一春彦(1977)「アクセントの分布と変遷」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語11 方言』岩波書店

による。

中山道・甲州街道編集

岐阜・愛知方言 長野・山梨・静岡方言
岐阜 恵那 木曽 諏訪 甲府 佐久
アクセント 内輪東京式 中輪東京式
断定 …や …だ
否定 …ん …ない、…ねえ …ん …ない、…ねえ
過去否定 …なんだ …なかった
形容詞連用形 ウ音便、語幹 …く
居る オル イル
推量 …やろう、…やらあ …ずら、…ら …ずら、…だらず
意志「行こう」 いこう いかず(か)、いかす(か)、いかっ(か)
勧誘 …まい(か) …ず(か)、…ね(か) …ざあ …ず(か)、…ね(か)
命令形「見ろ」 ミヨ ミロ

東海道編集

岐阜・愛知方言 長野・山梨・静岡方言
名古屋 岡崎 豊橋 湖西 浜松 掛川 静岡 沼津
アクセント(東京式) 内輪 中輪 外輪 型の少ない 外輪 中輪
否定 …ん …ない、…にゃあ、…ねえ
過去否定 …なんだ …んけ …にゃあっき …なかった
形容詞連用形 ウ音便、語幹 …く
居る オル イル
推量 だろう だらあ だらあ、ずら、ら ずら、ら、だらあ(中若年層) (同左)、だべー
意志「行こう」 いこう いかあ いかず(か)、いかす(か)、いかっ(か) いこう、いくべー
勧誘 …まい(か) …ず(か)、…ざあ …ね(か)、…べー
命令形「見ろ」 ミヨ ミヨ、ミョー、ミレ ミヨ、ミョー ミョー、ミヨ、ミロ ミロ、ミレ

脚注編集

  1. ^ 東条(1953)、46頁。
  2. ^ 岩井(1983)、4頁。
  3. ^ a b 東条(1953)、46頁。
  4. ^ 加藤(1977)、63頁。
  5. ^ 都竹通年雄「日本語の方言区分けと新潟県方言」『季刊国語』群馬国語文化研究所、三巻一号、1949年。
  6. ^ a b c 都竹通年雄「文法概説」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年。
  7. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会、1983年、22頁。
  8. ^ 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ22静岡県のことば』明治書院、2002年、5頁-9頁。
  9. ^ 金田一(1977)。
  10. ^ 東条(1953)、10頁。
  11. ^ [1]

参考文献編集

  • 飯豊毅一日野資純佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年。
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会、1983年。
    • 岩井隆盛「中部方言の概説」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 6 中部地方の方言』国書刊行会、1983年。
  • 馬瀬良雄編『国語学』第80集、1970年。
  • 大野晋柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年。
    • 加藤正信「方言区画論」大野晋、柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年。
    • 金田一春彦「アクセントの分布と変遷」大野晋、柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年。
  • 金田一春彦『新明解日本語アクセント辞典』三省堂2001年
  • 東条操『全国方言辞典』東京堂出版1951年
  • 東条操「序説」東条操編『日本方言学』吉川弘文館、1953年。

外部リンク編集