メインメニューを開く

地理編集

市内南西部の相模川左岸に位置する。一帯は相模平野のほぼ中央部である。地内西部は住宅や工場が立ち並ぶが、東部には水田が広がる。

北で社家、北東で中河内、東で本郷、南で門沢橋、相模川をはさんで西で厚木市酒井、北西で厚木市岡田とそれぞれ隣接する(特記ないものは海老名市)。西から東にかけて一丁目 - 三丁目が存在し、西端[注 1]および北東部[注 2]と南側のごく一部に住居表示未実施地域がある。

面積編集

面積は以下の通りである[1]

大字丁目 面積(km2
中野 0.29
中野一丁目 0.17
中野二丁目 0.14
中野三丁目 0.37
0.97

河川編集

歴史編集

地名の由来編集

かつての海老名郷と渋谷下郷の中間に位置していたことに由来すると推測されている。

沿革編集

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前
中野一丁目 2011年8月15日 大字中野
中野二丁目
中野三丁目

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)2月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
中野一丁目 680世帯 1,730人
中野二丁目 411世帯 1,028人
中野三丁目 127世帯 285人
1,218世帯 3,043人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
中野 全域 海老名市立門沢橋小学校 海老名市立有馬中学校
中野一丁目 全域
中野二丁目 全域
中野三丁目 全域

交通編集

地内を通るバス路線はない。

鉄道編集

地内をJR相模線が通過するが、はない。最寄駅は社家駅および門沢橋駅

道路編集

高速道路
主要地方道

施設編集

中野(住居表示未実施)
中野一丁目
  • 中野公園 - 2013年12月1日開園[7]
  • 盛福寺
  • 妙泉寺
  • 中野自治会館
  • 共伸海老名組立工場
中野二丁目
中野三丁目

関連項目編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典14. 神奈川県』角川書店、1984年。ISBN 4040011406

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 相模川の河川敷。
  2. ^ 神奈川県立有馬高等学校の敷地の一部。校舎等は社家に所在。

出典編集

  1. ^ a b 海老名市の地区別面積一覧”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。
  2. ^ a b 世帯数と人口(町丁・字別人口、前月の人口異動)”. 海老名市 (2018年2月1日). 2018年2月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月21日閲覧。
  5. ^ 住居表示実施地区を知りたい。”. 海老名市. 2014年4月29日閲覧。
  6. ^ 海老名市立小・中学校学区表”. 海老名市. 2018年2月21日閲覧。
  7. ^ 中野公園”. 海老名運動公園. 2014年4月29日閲覧。

外部リンク編集