亀和田武

亀和田 武(かめわだ たけし、1949年1月30日 - )は、日本の雑誌編集者作家コラムニストキャスターである。栃木県生まれ。成蹊大学文学部文化学科卒。

目次

経歴・人物編集

少年・学生時代編集

少年時代はアメリカン・ポップスのファンで、著書『1963年のルイジアナ・ママ』の中で「甘ったるいアメリカン・ポップスを滅亡に追いやったビートルズは、同時代のヒーローではなく、不倶戴天の敵」と書いている(なお、同世代の鏡明橋本治も似た発言をしている)。桐朋高等学校卒業。

SFファンでもあり、高校時代から横田順彌、鏡明、川又千秋らがメンバーだった有名なSFファンの集まり「一の日会」に出入りしていた。また、浪人時代に同じ予備校の先輩の山口文憲と知り合う。

雑誌編集長として編集

大学時代はプロ学同の一員として学生運動にかかわるが学生運動終焉後、全共闘の残党が各雑誌の編集部に集まった「三流エロ劇画ブーム」の際に1977年創刊の雑誌『劇画アリス』の編集長を務め、その沢田研二に似た容姿から「三流エロ劇画界のジュリー」と呼ばれた。また、メジャーな少年誌出身の吾妻ひでおの作品「不条理日記」を掲載、話題を集めた。

コラムニスト・SF作家として編集

1980年の『劇画アリス』廃刊後、フリーのコラムニストに。『本の雑誌』、『噂の真相』などでコラムを発表。その辛らつぶりで評判となる。

当時は「昭和軽薄体」ブームの渦中であったが、その中で南伸坊の文章を「素人ぶっていて、カマトト的だ」と批判した。また当時、「初期のいかがわしさ」を失っていたタモリを「竹村健一さだまさしといった、誰がみてもイモである連中を、笑いのターゲットにしても、予定調和にすぎず面白くない」と痛烈に批判した。

また、雑誌『漫画アクション』の名物匿名コラム「アクション・ジャーナル」を阿奈井文彦呉智英関川夏央堀井憲一郎村上知彦山口文憲らと執筆。

SFの世界では『SFマガジン』誌のレビュー欄の担当を皮切りに1980年『SF宝石』誌に「ザ・ビッグ・ウェーブ」を発表し、SF作家としてデビュー。1982年に、初のSF短篇集『まだ地上的な天使』を刊行した。

テレビの司会者・コメンテーターとして編集

1984年、テレビ朝日の『ミッドナイトin六本木』で司会をつとめ、以降テレビの仕事も増えてくる。1992年4月から1992年9月まではTBS3時にあいましょう』、1996年10月から1999年3月まではフジテレビビッグトゥデイ』のコメンテーター、1992年10月から1996年5月まではTBSスーパーワイド』、1999年10月から2000年9月まではテレビ朝日スーパーモーニング』とワイドショー司会を務めた。

現在の活動編集

現在は雑誌連載、コメンテーター競馬評論家と多方面で活躍中である。また、プロレス好きでも知られる。

読書家であり、本の目利きとして本好きの間に知られている。朝日新聞書評欄に「マガジンウオッチ」として連載していたものをまとめた『この雑誌を盗め!』は連載時から常に旬の雑誌企画をヴィヴィッドに取り上げて評判であった。

2009年1月、著書『どうして僕はきょうも競馬場に』が2008年度のJRA賞馬事文化賞を受賞した。著書の題名どおり週末は普通に競馬場に通っているところが見かけられる。

近年は坪内祐三と親密で、対談などをすることが多い。

明確に反安倍晋三を打ち出しており、2017年8月1日の朝日新聞コラムでは、

"いまは非道な悪徳政治家になった男に地獄から脱出する一度だけの機会を与えたいと思う。晋三くん、君が救われる道はひとつ、いますぐ辞任して政界から去ること、それだけだよ。"

とコメントをしている。

著書編集

小説編集

エッセイ集・コラム集編集