メインメニューを開く

亀石 倫子(かめいし みちこ、1974年6月22日[1] - )は、日本の弁護士[2]

かめいし みちこ
亀石 倫子
かめいし倫子 (みちこ).jpg
生誕 (1974-06-22) 1974年6月22日(45歳)
北海道小樽市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京女子大学卒業
大阪市立大学法科大学院修了
職業 弁護士
政党 立憲民主党
公式サイト かめいし倫子 公式サイト

来歴・人物編集

1974年昭和49年)、北海道小樽市生まれ[2]

1997年平成9年)東京女子大学卒業後、札幌市の情報通信会社に入社[3]2000年、同社を退社[3]

2005年大阪市立大学法科大学院入学[2]2008年司法試験合格[4]2009年(平成21年)、大阪弁護士会に弁護士登録[2](新62期)。2016年、「法律事務所エクラうめだ」を開設[2]

2014年、クラブで客にダンスをさせる営業をめぐる風営法違反事件を担当、この事件は2016年最高裁判所無罪が確定[5][6]

2017年、裁判所の令状がないのも関わらずGPS(全地球測位システム)を使った警察の捜査を最高裁判所が違法とした刑事裁判で、被告の主任弁護人を務め、「違法捜査を抑止する上で画期的な判断」と表現している[7][2][8]

「美人弁護士」コメンテーターとして、幾度もテレビ情報ワイド番組に出演している[9]

2018年9月27日、立憲民主党は、翌2019年参議院議員選挙大阪府選挙区(改選数4)で亀石を擁立する方針を固めた[10][11]。選挙戦では356,177票獲得したが、6位で落選した。

過去の担当事件編集

  • 奈良県警GPS捜査 憲法違反事件 ‐ 主任弁護士
  • 風営法ダンス営業規制違反被告事件 - 一審(地裁)・控訴審(高裁)・上告審(最高裁)とも無罪で確定
  • タトゥー彫師医師法違反被告事件 - 一審(地裁)で有罪・控訴審(高裁)で逆転無罪・検察による上告で最高裁に係属中

出演編集

著書編集

  • 刑事弁護人 (講談社現代新書、2019年6月19日)

政策編集

  • 選択的夫婦別姓導入に「賛成」としている[12]
  • 同性婚について「賛成」としている[12]
  • 漫画、アニメ、ゲーム等の表現規制について「反対」としている[13]

脚注編集

  1. ^ 亀石倫子”. 立憲民主党. 2019年6月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 弁護士紹介|法律事務所 エクラうめだ”. 法律事務所 エクラうめだ. 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ a b 亀石倫子弁護士が「人生のリセットボタン」を押した理由”. BuzzFeed Japan. 2018年6月29日閲覧。
  4. ^ 亀石 倫子 Michiko Kameishi|現代ビジネス”. 講談社. 2018年6月29日閲覧。
  5. ^ かめいし倫子・プロフィール
  6. ^ 大阪のダンスクラブ無許可営業、元経営者の無罪確定へ 最高裁上告棄却産経新聞「産経ニュース2016年6月9日
  7. ^ 産経新聞2015年平成27年)6月6日朝刊 令状ないGPS捜査「違法」 大阪地裁 初判断、証拠採用せず
  8. ^ 「GPS捜査」に立ち向かった「チーム亀石」若手弁護士6人、歴史的判決までの軌跡 - 弁護士ドットコム”. 弁護士ドットコム. 2018年6月29日閲覧。
  9. ^ 夕刊フジ2017年平成29年)12月23日夕刊 芸能界スキャンダル(5)2017年総まくり 美人弁護士 百花繚乱の功罪
  10. ^ 産経新聞2018年9月29日朝刊 弁護士の亀石氏、立民が擁立決定 参院選大阪選挙区
  11. ^ 立憲、亀石倫子弁護士を参院選擁立へ 大阪選挙区”. 朝日新聞 (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。
  12. ^ a b 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  13. ^ 2019年7月12日

関連項目編集

外部リンク編集