メインメニューを開く

川端 友紀(かわばた ゆき、1989年5月12日 - )は、日本女子野球選手(内野手)、指導者、元ソフトボール選手(投手)。大阪府貝塚市出身。マネジメント会社は株式会社RIGHTS.。

川端 友紀
エイジェック女子硬式野球部 選手兼ヘッドコーチ #32
川端友紀20130524.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府貝塚市
生年月日 (1989-05-12) 1989年5月12日(30歳)
身長
体重
170 cm
- kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手投手
プロ入り 2009年 内野手1巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • エイジェック

実兄は東京ヤクルトスワローズ所属の川端慎吾[1]、日本初の「兄妹プロ野球選手」として活躍した[2]

目次

経歴

プロ入り前

小学生3年生で野球を始め、中学時代は「貝塚三クラブ」に入部しソフトボールへ転向[3]和歌山市立和歌山商業高等学校(現・和歌山市立和歌山高等学校)時代もソフトボール部に所属。高校の同級生には益田直也がいる。卒業後は塩野義製薬に入社。ソフトボール選手時代は主に投手として活躍した[3]

2009年日本女子プロ野球機構(GPBL、現JWBL)の第1回合同トライアウトを受験し合格[4]、同年12月のドラフト会議京都アストドリームスから内野手部門1巡目で指名を受けた。背番号は23

アストドリームス時代

2010年、1年目から遊撃手のレギュラーに定着し全試合に出場。リーグトップの打率(.393)を残し首位打者を獲得した[5]

2011年には、チームの副キャプテンに就任。打率.406で2年連続の首位打者に輝くと同時に、新設されたベストナインに遊撃手部門で選出された[6]

2012年、シーズンではタイトル争いに絡むことはなかったものの、夏には第5回IBAF女子ワールドカップに出場する日本代表に選出された。同年オフ、リーグの体制改編に伴う球団新設にあたり、新球団であるイースト・アストライアへ移籍することとなった[7]。背番号は引き続き23

アストライア時代

2013年、アストライアの主将に就任。打率.431を始め、多くの打撃部門でキャリアハイを更新した。首位打者、最多打点(34打点)、最高出塁率(.537)のタイトルを獲得する活躍でチームを優勝に導き、2度目のベストナイン(遊撃手部門)に加えリーグMVP(角谷賞)を初受賞した[8]

2014年、リーグ戦ではプロ入り後初めて打率が3割を切るなど調子が上がらなかったものの、第6回IBAF女子ワールドカップに出場する日本代表に2大会連続で選出された。

2015年、リーグ2位の打率.379、出塁率.471を記録[9]2016年第7回WBSC女子ワールドカップに出場する日本代表に選出されたこと以外は特別に目立つ活躍は出来なかった。

2017年二塁手へコンバート[10]。リーグ2位の打率.397、リーグトップの出塁率.509を記録し最高出塁率のタイトルを獲得。その他、二塁手部門では初のベストナインに選出され、前年に新設されたゴールデングラブ賞を二塁手部門で初受賞するなど、3年ぶりのタイトル獲得を果たす活躍で、チームのリーグ年間優勝とジャパンカップ初優勝に貢献した[11]3月25日の京都フローラ戦(わかさスタジアム京都)ではプロ入り後初本塁打を放った[12]

2018年第8回WBSC女子ワールドカップに出場する日本代表に選出。12月29日に現役引退を発表した[13][14]

現役引退と復帰

2019年1月31日、JWBLはシーズン新体制の発表会見を行い、その中で川端の背番号23をアストライアの永久欠番に制定することを発表した[15][16]

2019年3月、エイジェックの女子硬式野球部に選手兼ヘッドコーチとして入部するとともに現役復帰を果たした。「自分には野球しかない」とした上で「女子野球の普及や発展、次代の選手育成に励む」としている。背番号は32[17]

選手としての特徴・人物

広角に打ち分ける巧みなバッティングを持ち味とするアベレージヒッター。通算432安打はJWBL歴代2位の記録である。同じく左打の巧打者である青木宣親を目標としている[16]

高い実力に加え、ベストドレッサー賞を受賞(2012年)するほどの容姿端麗さや「ヤクルト川端の妹」といった話題性などによってリーグを黎明期から支え続けた女子プロ野球界屈指のスター選手である[2]

プロ野球選手時代に9年間に渡って着用し続けた背番号23は、前述した青木の背番号に因んだものであり、アストライア退団時にはJWBL史上初の永久欠番に制定された[16]

2018年末に現役引退を表明するも、2019年3月に現役復帰を果たした。復帰を決心したきっかけは兄の慎吾が行う自主トレを見学した際に、慎吾や栃木ゴールデンブレーブスの監督に就任した元読売ジャイアンツ寺内崇幸からかけられた言葉の影響である[18]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 ドリームス 40 176 150 20 59 11 4 0 78 25 3 2 0 3 20 - 3 9 3 .393 .466 .520 .986
2011 50 185 155 23 63 9 4 0 80 27 6 2 0 1 26 - 3 7 3 .406 .497 .516 1.013
2012 39 145 118 24 43 6 1 0 51 16 11 2 0 2 24 - 0 9 1 .364 .465 .432 .897
2013 アストライア 46 162 130 32 56 10 8 0 82 34 19 4 0 1 24 - 7 8 1 .431 .537 .631 1.168
2014 35 120 102 17 28 4 4 0 40 17 11 5 1 2 14 - 1 4 1 .275 .361 .392 .753
2015 50 173 145 32 55 13 1 0 70 20 19 6 1 1 26 - 0 7 3 .379 .471 .483 .954
2016 36 129 104 15 34 4 6 0 50 21 3 4 0 5 20 - 0 12 2 .327 .419 .481 .900
2017 47 177 141 39 56 8 3 2 76 16 2 1 14 5 28 - 5 6 3 .397 .509 .539 1.048
2018 37 131 112 18 38 7 4 0 53 16 12 2 0 2 16 - 1 7 1 .339 .420 .473 .893
JWBL:9年 380 1398 1157 220 432 76 35 2 584 192 98 32 4 18 198 - 20 69 18 .373 .467 .505 .972
  • 2018年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2010 ドリームス 4 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.1 8 0 6 - 1 2 2 0 7 6 12.56 3.26
JWBL:1年 4 - 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 4.1 8 0 6 - 1 2 2 0 7 6 12.56 3.26
  • 2018年度シーズン終了時
  • 「-」は記録なし
  • 太字はリーグ1位

タイトル

表彰

  • 年間MVP(角谷賞):1回(2013年
  • ベストナイン:3回(遊撃手部門:2011年2013年、二塁手部門:2017年
  • ゴールデングラブ賞:1回(二塁手部門:2017年
  • 月間MVP:2回(2015年8月度、2017年3・4月度)

記録

背番号

  • 23 (2010年 - 2018年)
  • 32 (2019年 - )

出演

テレビ

同アニメ内の1コーナー「夢見る青葉!」(2010年3月7日)に登場
コーナー「夢を応援!情熱アスリート」に登場
野球企画「ぶち抜KING」に参加。この企画には兄・慎吾も出演していたため兄妹で共演となった。
REDステージをクリアし、BLUEステージに進出も第5エリアのスポンジブリッジでリタイアとなった。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 川端慎吾×川端友紀 兄妹対談”. エスエスケイ. 2015年9月8日閲覧。
  2. ^ a b 川端友紀選手 現役引退のお知らせ 女子プロ野球リーグ 2018年12月29日
  3. ^ a b 上手いプレー、すごいプレーで 球場を満員にしたい:川端友紀 球活JP 2019年4月12日閲覧
  4. ^ 女子プロ野球の“功労者”川端友紀が電撃引退 BASEBALL KING 2019年12月29日
  5. ^ 2010年 タイトル 女子プロ野球リーグ 2019年4月12日閲覧
  6. ^ 2011年 タイトル 女子プロ野球リーグ 2019年4月12日閲覧
  7. ^ 女子プロ野球・川端友紀、打率6割への挑戦 SPORTS COMMUNICATIONS 2013年3月19日
  8. ^ 2013年 タイトル 女子プロ野球リーグ 2019年4月12日閲覧
  9. ^ 2015年 個人打者成績 女子プロ野球リーグ 2019年4月12日閲覧
  10. ^ 毎年テーマカラーを設定!こだわりが詰まった川端友紀の野球道具。 King Gear 2018年11月2日
  11. ^ title2017 日本女子プロ野球リーグ 2019年4月12日閲覧
  12. ^ 川端友紀選手、プロ入り初ホームラン☆ 日本女子プロ野球リーグ 2017年3月26日
  13. ^ ヤクルト川端の妹・川端友紀が現役引退「常に兄の後ろ姿を追いかけてきた」 Full-count 2018年12月29日
  14. ^ 川端友紀選手 現役引退のお知らせ
  15. ^ 引退した川端友紀さんの「23」、女子プロ野球史上初の永久欠番に 「大変光栄」 フルカウント 2019年1月31日
  16. ^ a b c 川端友紀さんの「23番」、女子プロ野球L初の永久欠番に スポニチアネックス 2019年2月1日
  17. ^ 元日本代表の川端、エイジェックに入団 下野新聞 2019年3月19日
  18. ^ 復帰のきっかけは兄・慎吾と元巨人・寺内氏 Full-count 2019年3月18日
  19. ^ アストライア川端が通算200安打「まだまだ通過点」(スポニチ2013年7月7日)
  20. ^ 2013年7月7日試合結果”. 日本女子プロ野球リーグ. 2018年10月13日閲覧。
  21. ^ 【10/2公式戦結果】川端友紀(#23)通算300安打達成も逆転負けで後期優勝を逃す。2015年10月2日、日本女子プロ野球リーグ
  22. ^ 2015年10月2日試合結果”. 日本女子プロ野球リーグ. 2018年10月13日閲覧。

関連項目

外部リンク