メインメニューを開く

川口知哉

日本の元プロ野球選手、指導者

川口 知哉(かわぐち ともや、1979年8月25日 - )は、京都府城陽市出身の元プロ野球選手投手)・監督

川口 知哉
京都フローラ 監督 #50
川口知哉20140403.JPG
サウス・ディオーネ時代の2014年4月3日 わかさスタジアム京都にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府城陽市
生年月日 (1979-08-25) 1979年8月25日(39歳)
身長
体重
184 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト1位
初出場 1999年10月11日
最終出場 2003年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

来歴編集

プロ入り前編集

平安高等学校3年生の時の1997年第69回選抜大会第79回全国選手権に、エースピッチャー兼4番打者として出場。春はベスト8に進出、夏は決勝で強打者の中谷仁らを擁する智弁和歌山に惜しくも3-6で敗れたが、同校を準優勝へと導いた。

140km/h台の直球と落差の大きいカーブを武器に当時西のドクターKと呼ばれ、甲子園不出場ながら東のドクターKとして有名な選手であった井川慶鳥取城北高校の能見篤史と並んで高校生左腕三羽ガラスと呼ばれた。全国大会での実績、実力とビッグマウスぶりから注目度はNo.1であった。

同年のドラフト会議にてオリックス・ブルーウェーブ大阪近鉄バファローズヤクルトスワローズ横浜ベイスターズの4球団から1位指名を受け、抽選の結果、希望通りオリックスへの入団が決まった。

プロ入り後編集

プロ入り後は故障や制球難に苦しんだ。制球難克服の為に毎年のようにフォーム改造に挑んだが成果は上がらなかった。1999年10月に一軍初登板を果たしたが、以降は二軍生活が続いた。

2001年8月4日のウエスタン・リーグの対広島東洋カープ戦で1試合6暴投のリーグ新記録、8月29日の同リーグの対阪神タイガース戦では1試合15与四球、7連続与四球のリーグ記録を作った。この試合でも3暴投を記録し、リーグ新記録のシーズン14暴投となった。

2002年2003年は一軍での登板機会が与えられたが活躍できず、2004年オフに戦力外通告を受けた。同年の12球団合同トライアウトを受験するも不合格となり、現役を引退。

なお本人は、プロ入り後に低迷した原因は、1年目の春に当時の投手コーチ[1]に強制されたフォーム改造であるとインタビューに答えている。軸足の独特な使い方を問題視され、本人は改造を一度は断ったものの認めてもらえず、「プロの人が言うのだから」と渋々フォーム改造を受け入れたが、結局身体に合わずフォームがバラバラになってしまったという[2]

引退後編集

京都府内で住宅の外装関係の職種に就業、その傍ら少年野球などアマチュア野球の指導にも参加している。引退の前年に歯科技工士の女性と結婚、引退直後に生まれた子供が1人いる。

2010年から2012年まで日本女子プロ野球機構京都アストドリームスのコーチを、2013年から2014年までサウス・ディオーネ(兵庫スイングスマイリーズから改称)の監督を務めた。2015年からは日本女子プロ野球リーグの4チーム統括ヘッドコーチを務めている[3]

2016年兵庫ディオーネのヘッドコーチに就任[4]

2018年、京都フローラの監督に就任し、リーグ優勝を果たした。[5]

ビッグマウス編集

インタビューでのビッグマウスぶりは有名であった。特に1997年夏の甲子園大会2回戦で後の阪神のリリーフエース藤川球児がいた高知商戦で完封勝利後、次の試合で「完全試合を達成します!」のインタビューは、高校野球ファンに強烈な印象を残した(結果は完投勝利。被安打6、失点2)[6]。ただし、この発言は前の試合で「2桁奪三振と完封」を目標にしたいと記者からのインタビューに答えており、実際に達成した上で同じ質問をされたので「同じことを言うのもなあ」という思いで答えたところ、その発言が一人歩きし、以後はビッグマウスのレッテルを貼られるようになったという[7]。 オリックス入団直後の春キャンプでも「新人王をとります」「20勝はしたい」「(背番号に関して)16ではなく、ホンマは11が欲しかった(当時11を着けていたのは、チームの重鎮である佐藤義則)」などの発言でスポーツニュースを賑わせていた。ルーキーで二軍スタートとなった際に当時の仰木彬監督に「ワシはいつになったら一軍で投げさせてくれるんねん」という口調で直訴をしたこともある[8]。成績の不振でマスコミでの露出が減っていくと、次第にビッグマウスは影を潜めていった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 27.00 3.00
2002 7 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 54 11.0 12 0 7 0 1 12 1 0 5 3 2.45 1.73
2003 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 0.2 2 0 1 0 0 2 0 0 1 1 13.50 4.50
通算:3年 9 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 61 12.0 14 0 9 0 1 14 1 0 7 5 3.75 1.92

記録編集

背番号編集

  • 16 (1998年 - 2003年)
  • 68 (2004年)
  • 71 (2010年 - 2013年)
  • 50 (2014年)
  • 51 (2016年 - )

脚注編集

  1. ^ 川口のプロ1年目となる1998年当時、オリックスでは1軍投手コーチを山口高志神部年男、2軍投手コーチを高野光池内豊が担当していた。
  2. ^ 挫折重ねて知った原点 苦しみのプロ生活-元オリックス投手・川口知哉”. 京都新聞. 2010年3月5日閲覧。
  3. ^ 2015年シーズン新監督・新コーチ就任のお知らせ. 日本女子プロ野球リーグ. (2014年12月24日) 2015年6月4日閲覧。
  4. ^ 2016年チーム体制発表!!. 日本女子プロ野球リーグ. (2015年12月28日) 2016年2月16日閲覧。
  5. ^ 2018シーズン新指導者体制発表のお知らせ. 日本女子プロ野球リーグ. (2017年12月11日)2017年12月18日閲覧。
  6. ^ ““甲子園スター”たちの流転人生!「川口知哉・辻内崇伸」”. アサヒ芸能. (2015年8月15日). http://www.asagei.com/excerpt/41466 2017年7月14日閲覧。 
  7. ^ 週刊ベースボール・2005年8月22日号、34-35頁
  8. ^ ““ビッグマウス”川口知哉 マ軍が野茂英雄を超えるオファー”. スポニチ. (2008年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_08november/KFullNormal20081111161.html 2010年9月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集