今泉 吉典(いまいずみ よしのり、1914年3月11日 - 2007年4月2日)は、日本動物学者

主にネズミなどの小型哺乳類を研究対象としていたが、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの記載・研究を行った。

息子の今泉吉晴今泉忠明も動物学者。孫の今泉勇人も動物についての共著がある。

目次

年譜編集

記載した種など編集

献名された種など編集

著書編集

論文編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より