今田 信宏(いまだ のぶひろ、1964年9月24日 - )は、日本の実業家レーシングドライバー

今田 信宏
いまだ のぶひろ
基本情報
生誕 (1964-09-24) 1964年9月24日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 山口県
職業 実業家レーシングドライバー
公式サイト https://www.j-ms.org/

略歴 編集

実業家としては不動産賃貸業を営む。

趣味としてレース活動を始め、2016年、2017年にポルシェGT3カップチャレンジに参戦。2018年には一般社団法人 日本モータースポーツ協会を設立し、ドライバーの育成、サポート、情報発信などを行い、モータースポーツの普及活動に取り組んでいる。同協会の代表を務める一方で、引き続き、自らもレース活動も行い、2018年にはポルシェGT3カップチャレンジでシリーズチャンピオンを獲得。さらに鈴鹿クラブマンレースに参戦を開始し、フォーミュラenjoy FE1クラス シリーズ3位に入賞した。またこの年、初めてフェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック(APAC)シリーズ富士大会にスポット参戦し、ピレリクラス4位となった。

2019年にはスポット参戦を含め、4選手権に出場。ポルシェカレラカップジャパン・第5戦でジェントルマンクラス優勝(シリーズ第5位、ルーキー賞を獲得)、ポルシェスプリントチャレンジジャパン・第1戦GT3-Ⅰクラス優勝(スポット参戦)、フォーミュラenjoy FE1クラスではシリーズチャンピオンを獲得。

2020年はフェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック(APAC)シリーズ[1]にフル参戦の予定も、世界的な新型コロナウィルス感染症の流行の影響で初戦のバーレーン戦のみ開催となり、第1戦3位、第2戦2位に入賞。この年、神奈川県厚木市を拠点とし、SUPER GTスーパーフォーミュラなど日本のトップレースを支えるレーシングガレージ「4minutes[2]」とタッグを組み、従来のフォーミュラ3に代わるカテゴリーとして新しく始まったフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップにシリーズフル参戦し、マスタークラスのシリーズチャンピオンを獲得。また、B-MAX ENGINEERINGの代表、組田龍司(DRAGON)に影響を受け、 「JMS RACING with B-MAX」として全日本F3選手権から名を変えた全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(SFライツ)にスポット参戦にて挑戦。菅生大会で予選落ちをするという厳しい結果にF3の洗礼を受けた形となった(第6,7,8,9,10,11,12,13,14戦に出場)。一方で最終ラウンドの富士戦では公式予選にて、元F1ドライバーの山本左近、全日本選手権フォーミュラニッポンシリーズチャンピオン4回、全日本GT選手権・GT500クラスシリーズチャンピオン3回を誇る本山哲を上回るリザルトを残した[3]。同年12月には、スーパーフォーミュラの合同テストで56歳の史上最高齢でダラーラ・SF19のハンドルを握った[4]

2021年は全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に17戦フル参戦し、マスタークラスシリーズチャンピオンを獲得(優勝12戦、ポールポジション17回、Fastest14回)。オートポリス戦では、オーバーオール6位入賞を果たした。フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ 10戦出場(3戦欠場)、マスターズクラスシリーズ第2位を獲得(優勝4戦、ポールポジション4回、Fastest4回)。また、FIA-F4選手権に7戦スポット出場し、関口雄飛/組田龍司(DRAGON)ともにスーパー耐久ST-ZクラスにメルセデスAMG GT4で3戦出場した[5]。同年12月には、昨年同様、スーパーフォーミュラ鈴鹿ルーキードライバーテストに参加し、「人生最良の日」と語った[6][7][8]

2022年は全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に18戦フル参戦し、2年連続、マスタークラスシリーズチャンピオンを獲得(優勝10戦)。菅生戦では、2度目のオーバーオール6位入賞を果たした。また、コロナ禍で出場できていなかったフェラーリ・チャレンジ・アジア・パシフィック(APAC)シリーズに3年ぶりにフル参戦(11戦、1戦欠場)を果たした(シリーズ2位、優勝4回)。その他、フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ 5戦スポット出場、FIA-F4選手権に4戦スポット出場した。

レース戦績 編集

  • 2016年 - ポルシェGT3カップチャレンジ
  • 2017年 - ポルシェGT3カップチャレンジ
  • 2018年
    • ポルシェGT3カップチャレンジ カテゴリーIIクラス(シリーズチャンピオン
    • フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック富士大会スポット参戦 ピレリクラス4位
    • 鈴鹿クラブマンレース フォーミュラenjoy FE1クラス(シリーズ3位)
  • 2019年
    • フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック ピレリクラス(シリーズ3位)優勝1回/ポールポジション1回
    • ポルシェカレラカップジャパン ジェントルマンクラス(シリーズ5位・ルーキー賞)優勝1回/ポールポジション1回
    • ポルシェスプリントチャレンジジャパンスポット参戦 GT3-Iクラス優勝1回/ポールポジション1回
    • 鈴鹿クラブマンレース フォーミュラenjoy FE2クラス(シリーズチャンピオン
    • JAF-F4 F4 日本一決定戦 Hクラス2位
  • 2020年
  • 2021年
    • 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 マスタークラス(シリーズチャンピオン
    • スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook ST-Zクラス出場
    • フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ マスターズクラス
    • FIA-F4選手権 インディペンデントクラス
  • 2022年
    • 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 マスタークラス(シリーズチャンピオン
    • フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック ピレリクラス(シリーズ2位)優勝4回
    • フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ マスターズクラス 5戦スポット出場
    • FIA-F4選手権 インディペンデントクラス 4戦スポット出場

全日本スーパーフォーミュラライツ選手権 編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2020年 B-MAX RACING TEAM VW M TRM
1
TRM
2
TRM
3
OKA
1
OKA
2
SUG
1

8
SUG
2

9
SUG
3

9
AUT
1
AUT
2
AUT
3
SUZ
1

10
SUZ
2

Ret
SUZ
3

10
FSW
1

10
FSW
2

9
FSW
3

10
3位 55
2021年 B-MAX ENGINEERING M FSW
1

8
FSW
2

10
FSW
3

11
SUZ
1

8
SUZ
2

12
SUZ
3

10
AUT
1

6
AUT
2

10
AUT
3

C
SUG
1

9
SUG
2

7
SUG
3

10
TRM
1

9
TRM
2

9
TRM
3

0
TRM
1

9
TRM
2

9
TRM
3

9
1位 156
2022年 B-MAX RACING TEAM M FSW
1

Ret
FSW
2

12
FSW
3

12
SUZ
1

11
SUZ
2

8
SUZ
3

12
AUT
1

11
AUT
2

9
AUT
3

11
SUG
1

6
SUG
2

9
SUG
3

9
MOT
1

8
MOT
2

7
MOT
3

9
OKA
1

10
OKA
2

Ret
OKA
3

11
1位 143

脚注 編集

  1. ^ https://www.ferrari.com/ja-JP/articles/challenge-apac-2020-bahrain
  2. ^ https://www.facebook.com/4minutes.co.jp/?ref=page_internal
  3. ^ 2020年 REBELLION 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第15戦 公式予選 結果
  4. ^ 53歳のDRAGONと56歳の今田信宏がSF19を初ドライブ。そのタイムに周囲からも驚嘆の声 - オートスポーツ・2020年12月23日
  5. ^ B-MAX ENGINEERING、メルセデスAMG GT4でスーパー耐久ST-Zに参戦。関口雄飛を起用 - オートスポーツ・2021年3月19日
  6. ^ スーパーフォーミュラ鈴鹿ルーキードライバーテストにB-MAX今田信宏が参加 - オートスポーツ・2021年12月9日
  7. ^ ジェントルマンドライバーの今田信宏が2回目のスーパーフォーミュラSF19を体感「鈴鹿が狭く感じました」 - Yahoo!ニュース・2021年12月9日
  8. ^ スーパーフォーミュラ・ルーキーテストに参加した4人の“新人”。驚速マシンSF19に何を感じたか - Yahoo!ニュース・2021年12月9日

外部リンク 編集