メインメニューを開く

京王線の新宿駅付近の廃駅

京王線の新宿駅から幡ヶ谷駅付近にかつて多数存在した、日本の駅

京王線の新宿駅付近の廃駅(けいおうせんのしんじゅくえきふきんのはいえき)では、京王電鉄京王線新宿駅から幡ヶ谷駅付近に、かつて存在した駅について記す。

概要編集

京王線の幡ヶ谷駅以東は太平洋戦争中まで、甲州街道上を走る併用軌道であった。新宿方の起点新宿追分交差点に設けられていた。

1927年昭和2年)、新宿起点は新宿追分交差点上から、近隣に四谷新宿駅を建設して移転。1936年(昭和11年)、幡ヶ谷より新町までの間も玉川上水暗渠とした上に専用軌道を敷設して移転したが、新町から四谷新宿までの間は依然として併用軌道のままであった。

しかし1945年(昭和20年)5月25日、新宿 - 初台間にある天神橋変電所空襲の被害に遭ったため電圧が低下してしまい、新宿駅南口の跨線橋の坂を電車が上れなくなってしまった。このため同年7月24日、新宿西口の東横線予定地であった現在地にターミナルを移転した。

またそれまでは、新宿駅周辺から幡ヶ谷駅の間には駅が数多く存在していたが、これも駅間が密接する区間については不要不急施設であるとして、同時に駅の統廃合を行った。

駅一覧編集

京王新宿駅 - 省線新宿駅前駅 - 葵橋駅 - 新町駅 - 天神橋駅 - 西参道駅 - 初台駅 - 幡代小学校前駅 - 幡代駅 - 幡ヶ谷駅

  • は現存する駅である。
  • 現在の京王線の新宿駅は、位置的には省線新宿駅前駅と葵橋駅、新線新宿駅は葵橋駅と新町駅との間にあったことになる。

京王新宿駅編集

 
京王新宿駅の跡地にある「京王新宿追分ビル」

京王新宿駅(けいおうしんじゅくえき)は、現在の「京王新宿三丁目ビル」および「京王新宿追分ビル」の地にあった駅である。

駅開設当初は、新宿追分交差点上(伊勢丹新宿店の目の前)に駅があった。東京市電(後の都電)が前を横切っており、隣接はしていたものの線路は繋がっていなかった。

駅舎は、完成したばかりの京王新宿ビルディングの1階に、5面3線の駅として開設された。駅ビルには、テナントとして武蔵屋呉服店が入居し、ターミナルデパートとなっていた。テナントは1929年(昭和4年)に新宿松屋(百貨店。松屋との関連は無い)から東京パン、京王パラダイスを経て、東横百貨店新宿店となっていた。

駅廃止後、大東急から京王帝都電鉄が独立した際、同地に京王帝都電鉄本社が置かれた(1988年(昭和63年)に聖蹟桜ヶ丘駅付近に移転)。駅構内は映画館・新宿京王劇場に改造され、新東宝封切館から松竹東急洋画系のロードショー劇場(東急レクリエーションも参照)になっていた。老朽化で建て替えられた後のこの場所には、京王新宿三丁目ビルが建っている。

なお、現在の京王線の新宿駅を他の路線と区別するために、「京王新宿駅」と呼ぶこともある。さらに新線新宿駅とも区別するために「京王線新宿駅」と呼ぶことが多い。また、京王電鉄の登記上本店は現在も京王新宿三丁目ビルである(京王新宿追分ビルは、甲州街道から京王新宿駅へ入線する線路敷地の跡地に立地する建物)。

座標編集

歴史編集

省線新宿駅前駅編集

省線新宿駅前駅(しょうせんしんじゅくえきまええき)は、現在のJR新宿駅南口前の新宿跨線橋上(甲州街道)にあった駅である。

当時の京王線は、新宿西口に駅を持たず、本駅が省線小田急線への乗換駅として機能した。

座標編集

歴史編集

  • 1915年(大正4年)5月1日 停車場前駅として開業。
  • 1925年(大正14年)5月1日 駅の利便性向上のため、新宿駅南口前に駅を移転。その際、葵橋駅を統合。
  • 1937年(昭和12年)5月1日 省線新宿駅前駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 現在の京王線の新宿駅の地に、新宿駅が移転するため、廃止。

葵橋駅編集

葵橋駅(あおいばしえき)は、現在の甲州街道西新宿1丁目交差点の付近にあった駅である。

新宿西口方面への最寄駅として機能した。

座標編集

歴史編集

  • 1915年(大正4年)3月31日 葵橋駅として開業。
  • 1925年(大正14年)5月1日 停車場前駅に統合され、廃止。

新町駅編集

新町駅(しんまちえき)は、甲州街道西新宿2丁目交差点の付近にあった駅である。

現在、駅跡地は街路樹が植えられている。

座標編集

歴史編集

  • 1914年(大正3年)11月19日 開業。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 戦時下での不要不急の駅に指定され、廃止。

天神橋駅編集

天神橋駅(てんじんばしえき)は、現在の京王電鉄天神橋変電所付近にあった駅である。

座標編集

歴史編集

  • 1914年(大正3年)11月19日 開業。
  • 1939年(昭和14年)[1] 廃止。

西参道駅編集

西参道駅(にしさんどうえき)は、現在の甲州街道西参道口交差点付近にあった駅である。

座標編集

歴史編集

  • 1914年(大正3年)6月11日 代々木駅として開業。
  • 1919年(大正8年)9月 神宮裏駅に改称。
  • 1939年(昭和14年)7月21日 西参道駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 戦時下での不要不急の駅に指定され、廃止(初台駅に近かったことから)。

2009年現在、西新宿地区の再開発計画に伴い、京王新線に西参道駅を設置する計画が存在する。(実現すれば事実上の復活)

京王バス東、新宿区コミュニティバスWEバス」の「西参道」バス停留所が現存する。

幡代小学校前駅編集

幡代小学校前駅(はたしろしょうがっこうまええき)は、現在もある渋谷区立幡代小学校の付近にあった駅である。駅開設直後に廃止された駅でもある。

座標編集

歴史編集

  • 1914年(大正3年)4月8日 幡代小学校前駅として開業するも、まもなく廃止。

幡代駅編集

幡代駅(はたしろえき)は、現存する「幡代」バス停留所の付近にあった駅である(京王バス東、渋谷区コミュニティバスハチ公バス 春の小川ルートなど)。現在の初台駅と幡ヶ谷駅の間にあった。

座標編集

歴史編集

  • 1913年(大正2年)10月1日 代々幡駅として開業。
  • 1934年(昭和9年)1月19日 幡ヶ谷本町駅に改称。
  • 1937年(昭和12年)9月1日 幡代駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)7月24日 戦時下での不要不急の駅に指定され、廃止。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 4号 関東2』新潮社、2008年、p.45

関連項目編集

外部リンク編集