幡ヶ谷駅

日本の東京都渋谷区にある京王電鉄の駅

幡ヶ谷駅(はたがやえき)は、東京都渋谷区幡ヶ谷一丁目にある、京王電鉄京王線京王新線)のである。京王東管区所属[注 1]駅番号KO03

幡ヶ谷駅
Hatagaya Station Entrance and ELV.jpg
南口地上出入口(2009年4月12日
写真はエレベーターを併設した出入口
はたがや
Hatagaya
KO02 初台 (1.0 km)
(0.9 km) 笹塚 KO04
所在地 東京都渋谷区幡ヶ谷一丁目2番1号
駅番号 KO03
所属事業者 京王電鉄
所属路線 京王新線
キロ程 2.7 km(新宿起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
32,604人/日
-2019年-
開業年月日 1913年大正2年)11月11日
備考 1978年10月、新宿 ー 笹塚間複々線化。線増部となる京王新線側へホームを移設
テンプレートを表示

年表編集

 
京王線上にあった頃の幡ヶ谷駅は18㍍級6両編成対応、普通しか止まらない駅だった(1978年10月30日移設前日撮影とされる)
  • 1913年大正2年)11月11日 - 京王電気軌道の駅として開業。
  • 1944年昭和19年)5月31日陸上交通事業調整法に基づき、東京急行電鉄により吸収合併、同社京王線の駅となる。
  • 1948年(昭和23年)6月1日大東急解体に伴う再編により、京王帝都電鉄として分離独立。
  • 1978年(昭和53年)10月31日:新宿 ー 笹塚間複々線化に伴い、線増部(京王新線)にホームを移設。相模原線の快速・通快を新線新宿発着に振り替え、当駅も停車駅となる。京王線新宿発着は各駅停車を含む全列車が通過となる。
  • 1980年(昭和55年)3月16日:都営新宿線 岩本町 ー 新宿間開通、相互乗り入れ開始。
  • 1983年(昭和58年)7月17日:初台駅 ー 当駅付近の旧線を地下化し、連続立体交差事業竣工。
  • 1992年(平成4年)5月28日:ダイヤ改正。東京競馬開催時における、ハネ時の臨時特急新宿行きを急行に振り替え、その一部を新線新宿行きとして運転することにより、急行停車駅となる。
  • 2001年 (平成13年) 3月27日 - 京王新線に定期急行列車を新設、停車駅となる。
  • 2013年平成25年)2月22日 - KO03駅ナンバリングを導入。

駅名の由来編集

当時の所在地である「東京府豊多摩郡代々幡村大字幡ヶ谷」より命名される。後三年の役に出征する途中の源義家が、源氏の白旗をこの地の池(旗洗池)で洗ったという伝説が地名の由来とされている。なお、この洗旗池は1963年(昭和38年)に埋め立てられ、高知新聞社員寮になっている。

駅構造編集

駅本体は首都高速4号新宿線国道20号甲州街道)の地下にあり、ホームは地下2階にある。中柱のある相対式ホーム2面2線で、改札への上り階段は笹塚駅寄りにある。改札は地下1階で、改札内にトイレがある。トイレは2005年夏から秋にかけて改装され、ユニバーサルデザインの一環として車椅子オストメイトなどの利用にも対応した「だれでもトイレ」を追加した。改札を西向きに出ると地下自由通路で、右に行けば甲州街道の北側に、左に行けば南側に出る。いくつかのビルと直結している。

元々は京王線側の地上駅だったが、新宿 ー 笹塚間複々線化に伴い、地下化された線増部となる京王新線にホームを移設、京王線新宿発着は各駅停車を含む全列車が通過となった。なお、京王線の初台 - 当駅間は、ホーム移設後の1983年に地下化されたため、同線のトンネル内に遺構は無い。

2004年から駅の改修工事を開始、エレベーターの新設やホームを除く床・壁・天井に至るまでほぼすべてを張り替え、または上から貼るなどして改修され、従来の圧迫感のある暗いイメージから脱却した。

2008年10月頃、ホーム初台寄りに非常階段が設置され供用された。地上の出口は1番線、2番線ともに国道20号の中央分離帯の中、首都高速4号新宿線の高架下で、幡ヶ谷出入口のほぼ真下にある。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1   京王新線 下り 笹塚明大前調布橋本方面
2 上り 新線新宿  都営新宿線方面 新宿駅から   都営新宿線へ直通
  • 区間急行と快速は新線新宿から先の都営新宿線内で各駅停車として運転される。

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員32,604人である[2]

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1955年(昭和30年) 21,659
1960年(昭和35年) 30,667
1965年(昭和40年) 40,375
[注 2] 1969年(昭和44年) 41,939
1970年(昭和45年) 40,190
1975年(昭和50年) 40,148
[注 3] 1978年(昭和53年) 37,079
[注 4] 1979年(昭和54年) 33,200
1980年(昭和55年) 33,234
1985年(昭和60年) 32,226
1990年(平成02年) 33,432 16,052 [* 1]
1991年(平成03年) 16,904 [* 2]
1992年(平成04年) 17,005 [* 3]
1993年(平成05年) 16,784 [* 4]
1994年(平成06年) 16,219 [* 5]
1995年(平成07年) 34,124 16,044 [* 6]
1996年(平成08年) 16,085 [* 7]
1997年(平成09年) 16,014 [* 8]
1998年(平成10年) 15,797 [* 9]
1999年(平成11年) 15,019 [* 10]
2000年(平成12年) 32,154 14,901 [* 11]
2001年(平成13年) 15,258 [* 12]
2002年(平成14年) 15,230 [* 13]
2003年(平成15年) 31,284 15,112 [* 14]
2004年(平成16年) 30,881 14,964 [* 15]
2005年(平成17年) 30,379 15,066 [* 16]
2006年(平成18年) 29,425 14,964 [* 17]
2007年(平成19年) 30,097 15,342 [* 18]
2008年(平成20年) 30,584 15,570 [* 19]
2009年(平成21年) 30,809 15,655 [* 20]
2010年(平成22年) 29,909 15,197 [* 21]
2011年(平成23年) 29,639 15,025 [* 22]
2012年(平成24年) 30,116 15,274 [* 23]
2013年(平成25年) 30,985 15,668 [* 24]
2014年(平成26年) 31,229 15,770 [* 25]
2015年(平成27年) 31,946 16,090 [* 26]
2016年(平成28年) 31,992 16,129 [* 27]
2017年(平成29年) 32,314 16,279 [* 28]
2018年(平成30年) 32,833 16,518 [* 29]
2019年(令和元年) 32,604

駅周辺編集

バス路線編集

駅そばに、「幡ヶ谷駅」停留所がある。

南口を出て徒歩数分の所に、「幡ヶ谷折返所」停留所がある。

  • 東急バス
    • 渋55:幡ヶ谷折返所 - 代々木上原 - 渋谷駅

隣の駅編集

京王電鉄
  京王新線
急行・区間急行・快速・各駅停車
初台駅 (KO02) - 幡ヶ谷駅 (KO03) - 笹塚駅 (KO04)

なお、1945年7月24日以前、初台駅 - 幡ヶ谷駅間には、多くの駅が存在していたが、いずれも廃止されている。詳しくは、京王線の新宿駅付近の廃駅を参照。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 新宿駅は新宿管区、京王線初台駅 - 仙川駅は京王東管区、つつじヶ丘駅 - 中河原駅・府中競馬正門前駅は京王中央管区、聖蹟桜ヶ丘駅 - 京王八王子駅・多摩動物公園駅・北野駅 - 高尾山口駅は京王西管区。京王相模原線は相模原管区。井の頭線渋谷駅 - 東松原駅は井の頭南管区、明大前駅 - 吉祥寺駅は井の頭北管区[1]
  2. ^ 当駅の乗降人員最高値年度
  3. ^ 京王新線開通年度
  4. ^ 都営新宿線相互乗入開始年度

出典編集

  1. ^ 京王電鉄 IR・企業情報 > 会社情報 > 会社概要 > 業務組織 京王グループ、2013年6月27日、2020年12月6日閲覧。
  2. ^ 1日の駅別乗降人員 - 京王グループ
  3. ^ 渋谷区勢概要 - 渋谷区
  4. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集