北九州市民球場

北九州市民球場(きたきゅうしゅうしみんきゅうじょう)は、福岡県北九州市小倉北区の三萩野公園内にある野球場

北九州市民球場
Kitakyushu Municipal Baseball Stadium
Kitakyushu Municipal Baseball Stadium.JPG
球場外観
Kitakyushu Municipal Baseball Stadium-02.JPG
グラウンド
北九州市民球場の位置(福岡県内)
北九州市民球場
施設データ
所在地 福岡県北九州市小倉北区三萩野2-10-1(三萩野公園内)
座標 北緯33度52分7秒
東経130度53分8.4秒
座標: 北緯33度52分7秒 東経130度53分8.4秒
開場 1958年(昭和33年)4月5日
所有者 北九州市
管理・運用者 北九州野球(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
バッテリー間 4,200Lx
     内野 3,700Lx
     外野 2,600Lx
使用チーム • 開催試合
福岡ソフトバンクホークスが準本拠地として使用
横浜DeNAベイスターズ福岡レッドワーブラーズ四国・九州アイランドリーグ2008年2009年)が主催試合を開催
収容能力
18,760人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,320m2
両翼:92 m、中堅:119 m
フェンス 5.2m

福岡ソフトバンクホークス準本拠地横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツの二軍なども定期的に公式戦を開催している。施設は北九州市が所有し、北九州野球株式会社が指定管理者として運営管理を行っている。

目次

歴史編集

1950年代の小倉市内には小倉豊楽園球場があり、西鉄ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)を中心にプロ野球の試合が年間10試合前後開催されていたが、国鉄小倉駅の移転により取り壊しが決まったため、豊楽園に代わる新しい球場として建設され、1958年4月5日に開場した。当時の正式名称は小倉市営野球場(こくらしえいやきゅうじょう)、通称は小倉球場であった。こけら落としは西鉄ライオンズ対阪急ブレーブス1回戦。同年春は平和台野球場が改装工事を行っていたため、これが西鉄の開幕戦となった。試合は7-2で西鉄が勝った。また球場初本塁打は4月7日の同カードで、西鉄・仰木彬が阪急・梶本隆夫から放った。

1963年、合併による北九州市発足に伴い北九州市営小倉野球場(きたきゅうしゅうしえいこくらやきゅうじょう)に改称。その後も長らくライオンズの準本拠球場として年間最大で20試合近くを開催してきた。特に1965年は西鉄主管70試合(当時ペナントレースは140試合制)を当球場と平和台球場で35試合ずつ分け合って開催したことがある(野球協約では、専用球場で主管試合の半数以上開催することが義務付けられている)。しかし1973年にライオンズが福岡野球(太平洋クラブ→クラウンライター)に譲渡されて以後は経費削減の一環でそれまで20試合以上開催していた小倉での試合が5-8試合と大幅に削減された。

1978年秋、ライオンズは埼玉県に本拠地を移転し福岡を去った。この影響でプロ野球公式戦の開催数が激減したが、1988年秋にダイエーが南海ホークスを買収し、福岡に本拠地を移転する旨を発表。これを受けて北九州市は小倉球場を大規模改修し、翌1989年から球場名も現名称に改称した。同年以降、福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)が準本拠地として年間5試合前後の主催公式戦を開催してきた。

しかし、親会社のダイエーの経営再建に際し、2003年12月に福岡ドームおよびその興行権がコロニー・キャピタルに売却され、スタンドの収容人員が少ないことなどから主催試合の地方球場開催が減少。2004年シーズンとソフトバンクホークス元年の2005年シーズンは、当球場でのホークス主催試合は年間1試合に減少した。

2005年11月、球場の管理・運営を行ってきた北九州野球株式会社が市から球場の指定管理者に指定され、公式戦の誘致を積極的に行ったことから、2006年シーズンは公式戦の開催数が3試合に増加した。一軍公式戦はほとんどがソフトバンク主催で行われている(2-3連戦のうちの1試合を割り当てる。大抵は平日3連戦の中日・水曜の試合が多い)が、二軍では読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズがイースタン公式戦、ソフトバンクがウエスタン公式戦をそれぞれ年間1試合開催している。

また、近年下関市を一軍旧本拠地に、北九州市を二軍の旧本拠地にしていた横浜DeNAベイスターズが毎年オープン戦や公式戦を開催している。2008年2012年には公式戦(交流戦)・ソフトバンク戦を1試合ベイスターズ主管で開催したことがあった。2011年もオープン戦にて同様のカードが開催された。

2008年2009年は、四国・九州アイランドリーグ福岡レッドワーブラーズが主催試合の一部を開催した。

アマチュア野球では、全国高等学校野球選手権大会福岡予選の県大会が2年に1回当球場でおこなわれている。これは1997年まで当球場と平和台野球場を隔年で使用していたが、平和台球場が老朽化と遺跡の発掘調査などのために閉鎖されたため、1998年からは当球場・大牟田市延命球場・春日公園野球場・久留米市野球場の4球場で受け持っている(南北各地区の年毎持ち回り制であるため、北部地区唯一の開催球場である北九州市民球場では2年に1回行われる)。

他に九州六大学野球連盟のリーグ戦など大学野球の試合にも利用される。

1990年代後半には、小倉南区長野(長野城址付近・現在長野緑地として整備されている)に新たな野球場・陸上競技場を整備する計画があり、着工に向けた準備も進められていたが、文化財保護団体の反対等により[1]計画は事実上撤回された[2]

施設編集

球場の造りはかつての平和台野球場と類似している箇所が多い。また、球場に隣接するマンションなどからも試合を観戦することができる。

広告看板もある。クラウンライター撤退後は大幅に減少し、一時期はフェンス・スタンドとも広告看板なしとなったが、1989年のダイエーが進出後広告看板が設置(スタンド広告文字は当時の平和台と同じように青緑色で統一)されたことがあった。一時期、スタンド看板がライトスタンドの1枚だけの時期もあり、その時期には年に数試合行うソフトバンク主管試合では外野スタンドなどにイオン(スーパー)の広告が掲げられることがあった。2015年ごろから再びスタンドの広告看板が復活している。

通常、ソフトバンク主管試合では、ホームのソフトバンクが1塁側ベンチ、ビジター(アウェイ)は3塁側ベンチを使用する。ただ、横浜が主管試合でソフトバンクと対戦した際には、3塁側ベンチを使用した(詳しくは後述)。

2013年には外野席をコンクリートむき出し階段席からベンチシートに改修[3]、2014年には元々、両翼が狭くホームランの出やすい球場であることに加え、ソフトバンク戦においてグラウンドへの観客乱入が相次いだため、フェンスの高さを3.2mから5.2mにする改修が行われた。
また、2017年シーズン前には不評だった水はけの悪さを改善する工事が行われた[4]

施設概要編集

  • グラウンド面積:12,320m2
  • 両翼:92m、中堅:119m
  • 収容人員:18,760人(内野 11,760人 外野 7,000人)
  • 照明:6基(バッテリー間 4,200Lx 内野 3,700Lx 外野2,600Lx )
  • スコアボード:電光式(選手名表示部分で簡単なメッセージを表示できる。)

主なエピソード編集

  • 1981年4月22日に行われた巨人対大洋ホエールズの公式戦で、新人の原辰徳が大洋の遠藤一彦からサヨナラホームランを放つ(これは原自身初のサヨナラ弾となる)。試合終了後、興奮した大量のファンが乱入した。
  • 1998年3月28日に行われた広島東洋カープ対福岡ダイエーホークスのオープン戦では、広島・大野豊、ダイエー工藤公康の両エースの先発だったが、内之倉隆志の本塁打などで、広島は4-9と惨敗した。また、北九州初の広島主催試合である。
  • 2000年8月18日に行われた福岡ダイエーホークス対千葉ロッテマリーンズ19回戦の5回裏、ダイエー・秋山幸二がロッテ先発・黒木知宏から左前安打を放ち、プロ野球28人目の通算2000本安打を達成した。奇しくもこの試合はプロ生活20年目を迎えた秋山の、通算2000試合目の出場試合。2000試合出場と2000本安打を同時に達成したのは日本プロ野球史上初めてのことだった。
  • 2002年5月28日、福岡ダイエーホークス対西武ライオンズにおいて、和田一浩外野手が外野フェンスに激突し、左膝骨折の大怪我を負った(同年6月23日復帰)。
  • 2008年4月2日に行われたソフトバンク対北海道日本ハムファイターズ戦では、大隣憲司が6回2/3、までノーヒットピッチングでプロ入り初完封でソフトバンクが9-0で勝利。一方の日本ハムは、5年ぶりの北九州での公式戦も、地元・福岡県出身の吉川光夫多村仁の3ランなどで4回途中で降板するなどいいところがなかった。また、試合終了後、ファンが大量にグラウンドに乱入した。
  • 2008年5月29日の横浜ベイスターズ対ソフトバンク戦では、大隣憲司がレフト線へ本塁打を放った。前日には新大分球場リック・ガトームソンが本塁打を放っており、2試合連続でパ・リーグの同一チームの投手が本塁打を放つのは史上初のこと。この試合は、元々当地を2軍の初代の本拠地としていたベイスターズの主催試合となったため、同球場を含む福岡県内を本来の保護区域としているホークスは、この日に限りビジターになった。
  • ホークス(かつてはジャイアンツ)の公式戦が終了するとその直後から、勝ち負けに関係なく、一部のファンがグラウンドに乱入し、警備員と追いかけっこになる光景が見られた。このため、2006年からは、場内アナウンスや球場内のポスターで「ファンがグラウンドに乱入すると、二度と開催出来なくなる可能性があるため、おやめください」と告知されていた。
  • 2011年8月31日のオリックス戦以降、ソフトバンクは1分けを挟んで8連敗を喫していたが、2016年7月20日のオリックス戦で5年ぶりの勝利を収め連敗をストップした[5]
これは2010年からの同大会改革により、第1ステージ(1回戦)をこれまでの大阪ドーム(京セラドーム大阪)の1箇所ではなく、全国4-5箇所に分割して開催するというもので、2010年に使用された倉敷マスカットスタジアムに代わって、香川県営球場(レクザムスタジアム)とともに機能を移転して行うというものだった。
2012年から日本選手権は第1ステージも全部京セラドーム単一開催に戻すため、北九州では1試合も開催されないまま分割開催廃止となった。

近年の開催実績編集

一軍公式戦
試合日 ホーム ビジター スコア 観客数
2001年4月18日 ダイエー ロッテ 10-3
2001年5月22日 ダイエー 日本ハム 9-3
2001年6月27日 ダイエー オリックス 2-10
2001年7月29日 ダイエー 近鉄 3-6
2001年8月13日 ダイエー 西武 9-8
2002年4月2日 ダイエー ロッテ 10-0
2002年4月26日 ダイエー オリックス 2-5
2002年5月28日 ダイエー 西武 8-1
2002年8月27日 ダイエー 日本ハム 17-7
2003年4月8日 ダイエー 西武 4-6
2003年4月9日 ダイエー 西武 8-0
2003年4月22日 ダイエー 日本ハム 12-2
2004年6月2日 ダイエー ロッテ 5-15
2005年4月19日 ソフトバンク オリックス 12-0 15,960人
2006年3月29日 ソフトバンク 西武 4-13 14,245人
2006年6月28日 ソフトバンク オリックス 7x-6 18,326人
2007年4月19日 ソフトバンク ロッテ 5-9 18,312人
2007年7月11日 ソフトバンク 楽天 10-11 18,327人
2008年4月2日 ソフトバンク 日本ハム 9-0 17,721人
2008年5月29日 横浜 ソフトバンク 5-6 17,186人
2008年6月27日 ソフトバンク 楽天 3-2 17,889人
2009年5月13日 ソフトバンク ロッテ 0-7 16,242人
2010年4月21日 ソフトバンク 西武 7-1 16,746人
2010年6月23日 ソフトバンク 日本ハム 3-9 17,763人
2011年4月13日 巨人 ヤクルト 3-0 14,600人
2011年4月20日 ソフトバンク 楽天 10-3 15,711人
2011年8月31日 ソフトバンク オリックス 7-12 19,214人
2012年4月11日 ソフトバンク 日本ハム 0-14 16,546人
2012年5月31日 DeNA ソフトバンク 2-2 10,310人
2013年4月10日 ソフトバンク オリックス 2-4 17,131人
2013年7月24日 ソフトバンク 楽天 4-9 20,851人
2014年5月9日 ソフトバンク 西武 4-6 18,383人
2014年7月22日 ソフトバンク ロッテ 3-4 21,005人
2015年5月19日 ソフトバンク オリックス 5-8 17,855人
2015年7月20日 ソフトバンク ロッテ 中止
2016年5月17日 ソフトバンク 日本ハム 2-7 18,603人
2016年7月20日 ソフトバンク オリックス 2-1 21,290人
2017年4月25日 ソフトバンク 日本ハム 7-5 17,524人
2017年7月19日 ソフトバンク 西武 10-6 21,500人
オープン戦
試合日 ホーム ビジター スコア 観客数
1998年3月4日 ダイエー オリックス
1998年3月7日 巨人 近鉄 3-3 18,000人
1998年3月28日 広島 ダイエー 4-9
1999年3月4日 ダイエー オリックス
1999年3月7日 巨人 日本ハム 5-6 17,000人
2001年3月12日 ダイエー 広島
2002年3月10日 ダイエー 広島
2006年3月4日 横浜 中日 2-2 6,748人
2007年3月5日 横浜 巨人 3-2 4,486人
2011年3月10日 横浜 ソフトバンク 2-4 4,310人
二軍公式戦
試合日 ホーム ビジター スコア 観客数
1998年5月3日 巨人 西武 5-4
1998年7月5日 ダイエー 中日 2-9
1999年5月3日 巨人 ヤクルト 4-3
2000年5月5日 巨人 ヤクルト 2-7
2000年7月2日 ダイエー 広島 0-3
2001年5月3日 巨人 西武 2-3
2001年6月3日 ダイエー 中日 6-0
2002年5月3日 巨人 ヤクルト 1-1
2003年5月5日 巨人 西武 1-4
2004年5月2日 巨人 西武 2-4
2005年8月28日 巨人 インボイス(西武二軍) 12-2
2006年5月28日 ソフトバンク 巨人 6-2
2007年6月17日 湘南(横浜二軍) ソフトバンク 5-4
2007年7月29日 ソフトバンク 中日 11-1
2009年7月18日 ソフトバンク 広島 3-2
2010年7月31日 ソフトバンク 広島 13-0
2011年8月12日 ソフトバンク 阪神 6-3 3,828人
2012年7月31日 ソフトバンク 広島 4-12 1,605人
2013年7月30日 ソフトバンク 巨人 10-6 2,516人

交通編集

北九州野球編集

北九州野球株式会社は、地元企業47社の出資によって運営されている企業。以前から北九州市の委託を受けてプロ公式戦の興行や球場内レストランの運営など施設管理を行ってきた。

2005年11月に三萩野公園内の北九州市民球場・三萩野球場・三萩野少年野球場の3施設に指定管理者制度が導入された際、翌2006年4月からの3年契約で指定管理者に指定された。その後、2009年4月1日から2014年3月31日まで[6]の、北九州市民球場および三萩野球場[7]の指定管理者にも指定されている。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集