メインメニューを開く

伊藤 竜彦(いとう たつひこ、1940年10月19日 - )は、愛知県[1]出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

伊藤 竜彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1940-10-19) 1940年10月19日(78歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

中京商業では3年生の時にエースとして春の選抜に出場[1]。決勝まで勝ち進むが、済々黌高校に1-7で敗れ準優勝にとどまる[1]。同年夏の甲子園にも出場し、2回戦(初戦)で同じ済々黌と再び対戦するが、5-0で2度目の対決も敗れた[1]。高校同期に早瀬方禧、一年下に石黒和弘がいた。

1959年中日ドラゴンズへ入団し、野手へと転向[1]。1年目はファームの打点王を獲得。4年目となる1962年には開幕から左翼手として起用され、外野手として67試合に先発出場。1964年には移籍した前田益穂の後継として三塁手に回り、初の規定打席(20位、打率.262)に達する。1966年ジェイ・ワードの控えに回るが、翌年には復活し権藤博と併用される。1968年にはサンケイアトムズから移籍した徳武定之が三塁手に入るが、伊藤は遊撃手、二塁手、外野手もこなし131試合に出場。1969年には再度外野手として起用されるが、出場機会は減少した。

1970年オフに川内八洲男とのトレードで近鉄バファローズへ移籍。1971年は控え三塁手として52試合に出場したが、同年限りで引退した[1]。引退後は近鉄のスカウトに就任した[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1959 中日 12 16 16 1 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .313 .313 .375 .688
1960 24 28 27 2 5 0 0 2 11 3 0 0 0 0 0 0 0 10 0 .185 .185 .407 .593
1961 37 70 65 8 14 3 0 2 23 3 0 0 2 0 3 0 0 13 1 .215 .250 .354 .604
1962 118 289 269 23 67 11 0 4 90 21 3 2 6 1 11 0 2 44 6 .249 .283 .335 .617
1963 123 151 140 13 37 5 1 0 44 18 1 2 0 2 9 0 0 21 9 .264 .305 .314 .619
1964 138 551 516 43 135 15 3 6 174 43 4 7 7 4 24 0 0 43 22 .262 .292 .337 .629
1965 122 370 342 22 76 8 2 2 94 26 6 7 11 5 12 0 0 39 9 .222 .245 .275 .520
1966 84 149 138 11 21 2 0 2 29 6 0 1 4 2 5 0 0 13 3 .152 .179 .210 .389
1967 102 263 246 24 58 10 2 1 75 17 2 5 5 2 9 1 1 32 4 .236 .264 .305 .568
1968 131 432 397 36 90 18 1 10 140 33 3 3 5 3 24 0 3 61 7 .227 .274 .353 .627
1969 77 130 116 12 19 2 0 2 27 5 1 2 2 1 11 2 0 27 3 .164 .234 .233 .467
1970 43 54 51 4 9 1 0 0 10 2 0 1 0 0 3 0 0 10 2 .176 .222 .196 .418
1971 近鉄 52 53 50 3 10 1 0 2 17 6 0 1 0 0 3 0 0 3 1 .200 .245 .340 .585
通算:13年 1063 2556 2373 202 546 77 9 33 740 183 20 31 42 20 114 3 6 323 67 .230 .265 .312 .577

記録編集

  • 通算1000試合出場 1970年9月6日(147人目)

背番号編集

  • 32 (1959年 - 1962年)
  • 7 (1963年 - 1970年)
  • 19 (1971年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、54ページ