メインメニューを開く

伊豫稲荷神社

愛媛県伊予市にある神社

伊豫稲荷神社(いよいなりじんじゃ)とは愛媛県伊予市にある平安時代初期より祀られる神社である。主神を宇迦之霊大神とし、社格は県社。神紋は三つ火焔玉。

伊豫稲荷神社
Iyoinari0ø.JPG
正面入口
所在地 愛媛県伊予市稲荷1230
主祭神 宇迦能御魂大神
爾々芸命
伊邪那美命
菊理比売命
大宮能売命
社格 県社
創建 弘化年間
本殿の様式 神明造
例祭 10月14日
テンプレートを表示
拝殿
本殿

平成に入って新四国曼荼羅霊場第四十九番札所となる。伊予七福神恵比寿神も祀る。

祭神編集

由緒編集

境内社編集

新田社
神門入って右側
海津見神社
本殿南側。
恵比須神社庚申社
海津神社南側に相殿。祭神は恵比須伊予七福神の1つ。
五臓社
恵比須神社東側。
久美社・命婦
五臓社東側に併設。参道には赤鳥居と幟が並ぶ。明治11年(1878年)2月に奉納されたの尾(宝物館に収納)を祀る。祠の創祀は昭和37年(1962年)晩秋。久美社の名は久しく美しい社と字を当てて名付けたもの。
田中社・四大
本殿北側に相殿

年中行事編集

日付   祭祀
 2月17日   祈年祭  
 旧暦2月初午の日   初午祭  
 7月20日   土用干祭(輪越)  
 10月14日   例大祭  
 10月15日   神幸祭  
 11月23日   新穀感謝祭  

文化財編集

県指定文化財

  • 建造物 楼門(付属棟札)、1662年建造[1]

市指定文化財

  • 絵画 山姥金時の絵
  • 工芸品 錦手大形神酒徳利一対
  • 工芸品 十錦神酒徳利一対
  • 工芸品 弓具及び新谷藩旗
  • 古文書 知行安堵状

市指定天然記念物

  • 藤棚

その他編集

  • 境内には、年に一度だけ大雨の日に小石を産むといわれる亀石や、子供が泣く音がするといわれる夜泣き石がある。
  • 現在の社殿は1989年に再建された。[2]

アクセス編集

周辺施設編集

前後の札所編集

新四国曼荼羅霊場

48 稱名寺 --- 49 伊豫稲荷神社 --- 50 高昌寺

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 伊予市ホームページ
  2. ^ 「癒しの心・ふるさと発見 いーよ ぐるっと88」(伊予市観光協会発行、61p)

参考文献編集

外部リンク編集