メインメニューを開く

佐賀導水事業(さがどうすいじぎょう)とは、筑後川と城原川を結ぶ約13.2kmの東佐賀導水路と、城原川と嘉瀬川を結ぶ約9.8kmの西佐賀導水路、併せて総延長約23km(管路約17.6km 開水路5.4km)の流況調整河川と、調節容量2,200千立方メートルの巨勢川調整池、揚排水ポンプ8箇所、分水工1箇所を建設して、洪水調節、内水排除、河川維持用水の補給及び河川水質浄化、並びに水道用水の補給を行う事業。事業主体は国土交通省で、工期は昭和49年度から平成20年度。総工費995億円。

目的編集

佐賀県の南部を占める佐賀平野は、北の脊振山地、南の有明海に挟まれた沖積平野で現在も干拓ガタの堆積により拡張を続けている地域である。ここを流れる河川は、最大6メートルにも及ぶ干満差を有する有明海の影響を受けると共に、低平地のため河床勾配が緩く小河川が多いことから、佐賀平野は古来より氾濫内水による浸水被害が頻発する地域であった。また、山が浅く水源に乏しいのに対して平地が広く、渇水時には水不足による被害を被る地域でもある。更に、不足する水需要を地下水の汲み上げに頼ったことから、昭和30年代後半より大規模な地盤沈下も社会問題となっていた。

これを解消するため、治水対策として、県都佐賀市を流れる巨勢川及び黒川の「洪水調節」及び、低平地である佐賀平野の内水被害を解消する「内水排除」を、利水対策として、土地改良事業等による農業形態の変化や生活様式の変化に伴う水需要の増加に対して、嘉瀬川及び城原川の流況の改善や佐賀市街地の小河川の水質浄化を目的とした「流水の正常な機能の維持」並びに、佐賀西部広域水道企業団への「水道用水の補給」を目的に建設が進められた。

事業内容編集

洪水調節編集

佐賀市内を貫流する巨勢川は地形的、水理的に大規模な堤防や川床の掘削による洪水処理は不可能であるため、藩政時代、成富茂安による治水のころから自然遊水地となっていた巨勢川と黒川の合流地点を掘削し、容量:約220万m3、面積:約55haの巨勢遊水地を建設すると共に、導水路により26m㎥/sを嘉瀬川に排水することで巨勢川の流量低減を図っている。

内水排除編集

筑後川から嘉瀬川に至る10の河川の内、通瀬川、切通川、井柳川、三本松川、馬場川、中地江川、焼原川を対象に、洪水時は大きな河川に導水路を使いポンプ排水を行う。排水先は嘉瀬川、筑後川水系城原川・筑後川のうち各近い方である。導水路は東佐賀導水路については内水排除の効果を最大限に発揮する観点から山地と平地の境付近に計画。既設道路の下を通すことで極力用地買収を軽減した。また西佐賀導水路は内水氾濫を導水路に取り込み被害軽減を図るため旧中地江川を活用した開水路方式とし、巨勢遊水地を設けた。

流水の正常な機能の維持編集

嘉瀬川と城原川は山が低く奥行きが少ない脊振山系を水源としているため、河川維持流量に対して流況が不足する場合がある。そのため、既存の水利用に支障を及ぼさない範囲で導水路により他河川より補給する。また、佐賀市内の中小河川は緩勾配に加え潮汐の影響を受けるため逆流や水の停滞が起こりやすく、加えて水源となる流入水のほとんどが耕地からの落ち水と生活排水のため水質が劣化しており、筑後川や嘉瀬川、巨勢遊水地から導水して水質の浄化を図る。

水道用水の補給編集

佐賀平野の水需要は、人口集中と産業発展により増加傾向にあり、特に西部地域では過剰な地下水汲み上げにより広範囲で地盤沈下が発生し、水源転換が求められていた。それに対応するため、前述の流水維持機能と同じ仕組みにより筑後川などや巨勢遊水地から導水し、嘉瀬川経由で利水ポンプで佐賀西部地域への水道用水(最大0.65立米/秒=5.6万立米/日)を補給する。水利経路を整理すると後述のようになる。

佐賀東部水道企業団構成自治体は、佐賀市神埼市吉野ヶ里町基山町上峰町みやき町であり主要水源は筑後川水系江川ダム寺内ダムおよび筑後大堰に設定されている[1]

佐賀西部広域水道企業団構成自治体・組合は多久市武雄市小城市嬉野市大町町江北町白石町西佐賀水道企業団(佐賀市・小城市・白石町)であり (2008年(平成20年)4月時点)、主要水源は嘉瀬川嘉瀬川ダム)および巨勢川調整池である。よって渇水時には間接的に佐賀東部導水や筑後大堰からも取水する形態となる。

東名遺跡編集

巨勢川調整池の掘削工事中に貝層や木製品が発見されたため、平成15年度より予備調査を行ったところ、縄文時代早期(約7,000年前)の貝塚東名遺跡)と判明した。調整池内の南北方向に6箇所の貝塚が確認されたため、平成16年9月より2次調査を行い、貝塚の貝層から土器石器や動物性遺物が、それより低い位置にある縁辺部の粘土層から編みかごをはじめとする多くの植物性遺物が出土した。また、土坑(貯蔵穴)も158基が確認された。規模の大きさや貴重な情報の多さから遺跡の保存への声が高まったため、「東名遺跡保存検討委員会」を組織して検討し、貝塚上部に盛土して酸素を遮断し酸化による劣化を防ぐ工法を採用し、遺跡の保存と事業の継続を両立させている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 佐賀東部水道企業団_Sub”. www1.bbiq.jp. 2018年10月14日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

  • 縫ノ池 - 事業完成により地下水利用が低減したことで復活した湧水による池。

外部リンク編集