メインメニューを開く

俺達に墓はない』(おれたちにはかはない)は、遊戯シリーズ最も危険な遊戯』『殺人遊戯』に続いて上映された松田優作主演の三作目のアクション映画(遊戯シリーズには直接関係はない)。上映は1979年、監督は澤田幸弘

俺達に墓はない
監督 澤田幸弘
脚本 田中陽造
製作 東映
出演者 松田優作
岩城滉一
竹田かほり
志賀勝
山谷初男
音楽 竹田由彦
撮影 仁村秀信
編集 田中修
配給 東映セントラルフィルム
公開 1979年5月26日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

島勝男(松田優作)は、過激派を装い、デパートのレジの金87万3千円を奪う。しかし島の後をつける挙動不審な男、滝田(志賀勝)がいた。だがそのとき島は「変わったヤローだ」と気にせずにいた。数日後弟分で相棒のヒコ(岩城滉一)と都築興業(暴力団十日会)の襲撃を計画する。ビルの屋上で下見をしていると、むこうのビルでも都築興業を双眼鏡で下見している男、滝田を再び見る。その間にヒコは、アジトであるバー阿邪馬の前で酔いつぶれていた女、川村ミチ(竹田かほり)を店の中に入れ、介抱していた。アジトに戻ってきた島を見たミチは島に奪った金を返してほしいと要求する。翌日、下見のため都築興業の近くの喫茶店に入ると、またも滝田が下見のためにうろついていた。二人は予定を早め、決行を決意。都築興業に乗り込むが、先に滝田が乗り込んで、既に金を奪った後だった。運悪くヒコは十日会に捕まり、島は滝田を追いつめ殴り合いになるが、互いに認め合い、二人は手を組み、十日会の豚小屋に監禁されたヒコを助け出す。助け出したはいいが、ヒコは自分より先回りしたうえに、ひどい目にあったことを根にもち、滝田を殺せ!と車中でさけんだ。当の滝田も、自分を殺すと言ったヒコを受け入れなかった。二人はヒコ抜きで、千葉で十日会の取り仕切る東南アジア賭博ツアーのバスを襲撃をする。二人は現金6千万を強奪し、バスを降り、車を強奪し、逃亡をはかるが、非常線を突破するために逃走の途中で島に滝田は国外逃亡をすすめ、パスポートを渡し、一旦別れる。その後、島はバー亜邪馬にたどり着き、滝田は静岡に逃れる。滝田は次の日船で逃亡するために、今日中に島と現金の山分けをしようとしていた。一方ヒコは、十日会の江木(草薙良一)から賭博ツアーのバスを島と滝田に襲われたことを聞く。ヒコは、自分ひとりだけ置いていかれた上、いい思いをする島と滝田を良く思わず、電話で島が滝田と待ち合わせる場所を通話している時に、島の背後から後頭部に一撃を喰らわせ島を気絶させる。ヒコは島と滝田が現金を山分けする、待ち合わせ場所である静岡のバー"キング"に先回りし、ヒコは滝田を襲う。遅れて静岡に着いた島は、滝田に誤解され、仲違いする。ヒコに襲われ、負傷した滝田は病院に入院。その後十日会は、現金の在り処を聞き出すためにアケミ(山科ゆり)を使って滝田を病院から出す。その間に島は、全国指名手配犯になっており、中年男(梅津栄)から金を奪う最中に十日会の高(石橋蓮司)に襲われ島も反撃。高を殺害するが、島も負傷。偶然通りかかったミチに再会し、助けられ、かくまわれる。島は金のありかをミチに聞くが全くわからず。そしてヒコと滝田はミチのマンションに乗り込み、島に殺される。その後十日会はヘロインの買い手からミチのマンションを探り出し、乗り込む。島も反撃に出て、ダイナマイトで会長の都築もろとも爆死させる。島とミチは、相棒であったヒコと滝田の死体を部屋に残し、マンションを出る。島と滝田が盗んだ現金は、ミチの車の後部座席にあるヌイグルミの中に隠されていた。

相棒を失い、全国指名手配犯になった島、そして薬物中毒のミチは、ともに車で逃亡する…。

出演者編集

主なキャスト編集

島勝男 - 松田優作
主人公。昔暴行傷害で少年院に入り、相棒のヒコと出会う。終始M65ジャケットを着ている。
ヒコ - 岩城滉一
島の弟分。昔薬物取締り法違反で少年院に入り、島と出会う。暴れるミチを黙らせるために、ミチをヘロイン漬けにする。背後から人を襲う癖がある。また、暴走族にも所属していた。いつもいい思いをしている兄貴分の島を恨んでいたが、島に射殺される。
滝田栄一 - 志賀勝
島と同業でライバル。島と互いに認め合う仲になり、ヒコのせいで仲違いするが、島に射殺される。背中に刺青がある。
川村ミチ - 竹田かほり
デパートの派遣店員。事件当時現場に一人残っていた為、取調べられた際中卒なのに短大生と嘘をついていたことがばれ、余計疑われ、身体検査されたうえ、ミチが87万3千円を盗んだことになり、クビになる。ヘロインを覚え、薬物中毒になる。
中井 - 山谷初男
ポルノショップ"トップポルノ"店主。裏では島に、沖縄ルートのリボルバー、ナンバーを削り取ったライフル、ダイナマイトを売る。

十日会編集

飲み屋と旅行会社を経営する暴力団で、麻薬の売人でもある。表向きは都築興業で通っている。

都築 - 内田稔
十日会会長。最後は組員とともに爆死。ジャイアンツファン。
高 - 石橋蓮司
十日会組員。十日会の経営する豚小屋を襲撃された際にダイナマイトの爆発に巻き込まれ重傷を負うが、その後も島を執拗に追い、島に殺害される。
吉岡 - 高橋明
十日会組員。最後は都築とともに爆死。
神部 - 阿藤海
十日会組員で長身の男。最後は都築とともに爆死。
志波 - 椎谷建治
十日会組員。最後は都築とともに爆死。
山尾 - 清水宏
十日会組員。組員の浦とともに、ミチのマンションを突き止める。都築とともに爆死した組員を見て嘔吐する。
浦 - 畑中猛重
十日会組員。組員の山尾とともに、ミチのマンションを突き止める。
江木 - 草薙良一
十日会組員。最後は都築とともに爆死。

その他キャスト編集

中年男 - 梅津栄
指名手配となり逃亡中の島に恐喝されるが、島に殺された高を見て嘔吐する。
サイクリングの女 - 森下愛子(友情出演)
賭博ツアーのバスを襲った千葉で、男とともにサイクリングを楽しんでいたが・・。
つる子 - 岡本麗
滝田をかくまっていた静岡のバー"キング"のママ。滝田が国外逃亡を図ろうとしていたことを警察に証言する。
アケミ - 山科ゆり
病院の看護婦。入院している滝田に拳銃を渡し、夜8時に病院の玄関に十日会が迎えに来ることを教える。
黒田 - 三谷昇
病院で滝田を取り調べる刑事。
村上 - 山西道広
病院で滝田を取り調べる刑事。
その他 - 野瀬哲男飯田浩幾友金敏雄角野司郎幸英二大辻慎吾里見和香谷口永伍吉宮慎一本多賢二林美雄

スタッフ編集

※1996年にバップよりサントラCDが発売されている。収録されているのは本作の他、「暴力教室」「ヨコハマBJブルース」。

亜邪馬で流れていた曲編集

  • 島が都築興業襲撃の最初の打ち合わせをヒコとしていた時に、ピンク・レディーカメレオン・アーミーが、島が都築興業の下見から帰って来て、店の二階にミチとヒコがいた時に、甲斐バンドHERO(ヒーローになる時、それは今)が、都築興業の襲撃に失敗し、滝田と手を組み、店に帰ってきて、ミチが店を開いていた時に、ピンク・レディーのジパングが流れていた。

同時上映編集

参考文献編集

外部リンク編集