メインメニューを開く

僕らのワンダフルデイズ』(ぼくらのワンダフルデイズ)は、2009年日本映画

僕らのワンダフルデイズ
監督 星田良子
脚本 西村沙月
福田卓郎
製作 「僕らのワンダフルデイズ」フィルムパートナーズ
出演者 竹中直人
宅麻伸
斉藤暁
稲垣潤一
段田安則
主題歌 奥田民生雲海
撮影 葛西誉仁
製作会社 共同テレビジョン
配給 角川映画
公開 日本の旗 2009年11月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

食品会社に勤める平凡なサラリーマン・藤岡徹は、入院先の病院で偶然「末期の胆嚢癌でもって余命半年」という主治医の話を聞いてしまう。突然のことに戸惑う藤岡。ある日、藤岡は息子の高校の学園祭へ出かけ、そこで学生がライブをする姿を見て、かつて高校時代に組んでいたバンド「シーラカンズ」に思いを馳せる。「最後にもう一度バンドをやろう」と思い立った藤岡はかつてのメンバーであった山本大樹、渡辺一郎、栗田薫に声をかける。 それぞれ50代となり、酒屋の栗田は母の介護、不動産屋の渡辺は赤字稼業、エリートコースの山本は激務と、バンド結成に前向きではなかったが、藤岡の病気を知りバンド結成をする。ドラムには新メンバー・日暮圭を加え、シーラカンズを再結成。オヤジバンドコンテスト出場を目指して奮闘する。

キャスト編集

スタッフ編集

テーマソング編集

外部リンク編集