光岡・リューギ

リューギ(流儀、Ryugi )は、光岡自動車が市販車の2代目トヨタ・カローラアクシオ、および3代目トヨタ・カローラフィールダーをベースに改造・販売するクラシカルな外観を持ったセダン型、およびステーションワゴン型のパイクカーである。

光岡・リューギ
光岡・リューギワゴン
NZE161/164・NRE161改・NKE165改
NZE161G/164G改・NRE161G改・NKE165G改
2014年登場型リューギセダン 15LX(フロント)
Mitsuoka Ryugi.jpg
2014年登場型リューギセダン 15LX(リア)
Mitsuoka Ryugi rear.jpg
販売期間 セダン:
2014年 -
ステーションワゴン:
2016年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ノッチバックセダン
5ドア ステーションワゴン
エンジン 直4 DOHC 1.5L
ハイブリッド車を含む)
駆動方式 前輪駆動/4輪駆動
変速機 CVT/5MT/電気式無段変速機
サスペンション 前:ストラット
後:トーションビーム[1]
全長 4,510mm
全幅 1,695mm
全高 セダン:
1,460 - 1,480mm
ステーションワゴン:
1,475 - 1,530mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 セダン:
1,080 - 1,210kg
ステーションワゴン:
1,150 - 1,240kg
先代 光岡・ガリュー2-04
光岡・ガリュークラシック
光岡・ヌエラ6-02セダン/6-02ワゴン
ベース車両 トヨタ・カローラアクシオ
(2代目)
トヨタ・カローラフィールダー
(3代目)
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

ベース車両は2代目トヨタ・カローラアクシオ(以下アクシオ)、および3代目トヨタ・カローラフィールダー(以下フィールダー)であり、かつての日産・クルーサルーンをベースとした初代ガリューと同じく、英国車のロールス・ロイス・シルヴァークラウドIIをデザインモチーフにフロントバンパーを含むノーズ部分、およびリアバンパーカウル部分をハンドメイドで製作した。アクシオ、およびフィールダーの完成車両をトヨタ自動車東日本宮城大衡工場より輸送された後、ボディの内外装を分解し、1台1台職人の手作業によりカスタマイズする方法が採られている。

エンジンはガソリン車にはアクシオ、およびフィールダーと同一の1.5L直列4気筒1NZ-FE(セダンの場合は1次改良型以降は前輪駆動のCVT仕様を除く)、および2NR-FKE(セダンの場合は1次改良型以降は前輪駆動のCVT仕様のみ)が搭載され、ハイブリッド車にはアクシオハイブリッド、およびフィールダーハイブリッドと同一の1.5L直列4気筒の1NZ-FXEが搭載される。シフトはガソリン車には5MT(前輪駆動のみ)とCVTが用意され、ハイブリッド車には電気式無段変速機が用意される。

特にハイブリッドモデルについては、光岡としては初のハイブリッド車となる。ただしベース車のアクシオ、およびフィールダーと異なり、1.3Lの1NR-FE、1.8Lの2ZR-FAEを搭載した各ガソリン車(前者はアクシオ専用、後者はフィールダー専用)、およびハイブリッド車のベースグレードに相当するモデルは用意されない。

初代(E16#型改・2014年- 、E16#G型改・2016年- )編集

  • 2014年6月25日、発表・発売開始。
グレードは「15ST」(アクシオの「1.5 X」に相当)、「15DX」(アクシオの「1.5 G」に相当)、「15LX」(アクシオの「1.5 LUXEL」に相当)、「HYBRID」(アクシオの「HYBRID G」に相当)、「HYBRIDシートヒーター装着車」(アクシオの「HYBRID G シートヒーター装着車」に相当)の5種で、「15ST」と「15DX」と「15LX」には4WDも用意される。
  • 2015年7月1日、マイナーチェンジ(1次改良)。7月3日発売。
ベース車であるアクシオの改良に準ずるかたちで、プリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱アラーム(レーンディパーチャーアラート)、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Safety Sense C」(アクシオの「Toyota Safety Sense C」にあたる)、「先行車発進告知機能」といった先進安全装備をグレードに応じて標準もしくはオプションで設定した。また、5MTを除いた全車に「ドライブスタートコントロール」を装備した。なお、アクシオの「1.5 LUXEL」はマイナーチェンジで廃止されたため、「15LX」もこの改良を機に消滅し、計3グレード5タイプとなった。
  • 2015年10月23日、特別仕様車「リューギ ヤマト」発売。
「15DX」、および「HYBRID」をベースに専用17インチアルミホイールのほか、専用本革シート、専用ボディサイドドアプロテクションモール、メッキミラーカバー、七宝焼きのフロント&リアエンブレムなどが特別装備。2グレード合計15台の限定販売となる[2]
  • 2016年1月20日、ステーションワゴンモデルの『リューギ ワゴン』を追加・発表。1月22日より発売開始[3]
グレードは「15ST」(フィールダーの「1.5 X」に相当)、「15DX」(フィールダーの「1.5 G」に相当)、「HYBRID」(フィールダーの「HYBRID G」に相当)の3種で、「15ST」と「15DX」には2WDの5MT仕様、および4WDも用意される。
  • 2017年11月9日、マイナーチェンジ(ただしセダンは2次改良扱い)。11月10日発売[4]
ベース車であるアクシオ、およびフィールダーの改良に準ずるかたちで、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)とアクセルペダルを踏まずに定速走行ができるクルーズコントロールを新たに設定したほか、スマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大、全車に「Toyota Safety Sense C」が標準装備化された。なお、ベース車のアクシオ同様、セダンの1次改良型以前まで「15DX」以上のグレードで標準装備されていたタコメーターは今回のマイナーチェンジより前輪駆動の5MT仕様車を除く「15ST」もインテリジェントクリアランスソナー、およびマルチインフォメーションディスプレイ付き3眼メーターとセットでメーカーオプション[5]として設定されるようになった。

車名の由来編集

「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」を表す「流儀」から[6]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 4WD車はド・ディオン/トーションビーム
  2. ^ 光岡自動車 限定台数15台の特別仕様車『Ryugi yamato』(リューギ ヤマト)を発表・発売 - 光岡自動車
  3. ^ 光岡自動車『Ryugi WAGON』(リューギ ワゴン)を発表・発売 - 光岡自動車
  4. ^ 『Ryugi』(リューギ) 及び 『Ryugi WAGON』(リューギ ワゴン)をマイナーチェンジし安全装備を充実 - 光岡自動車
  5. ^ アクシオのビジネスパッケージを含む「1.3/1.5X」系グレード同様、ベース車両に対し、36,720円(消費税込み)が加算される。
  6. ^ 光岡自動車 新型車 『Ryugi』(リューギ)を発表・発売 - 光岡自動車

外部リンク編集