メインメニューを開く

六諭衍義』(りくゆえんぎ)は、明末清初ごろに成立した六諭の解説書。范鋐(はんこう)著。江戸時代日本では寺子屋の教科書として広く普及した。

概要編集

成立年代は明末清初と推定されているが詳細は不明。酒井忠夫は、自序に明朝の崩壊をうかがわせる記述がないところから、本文は明末の天啓崇禎年間(1621年 - 1644年)の成立、初版の版行は清代に入ってからの康熙10年(1671年)頃と推定している[1]。著者の范鋐については詳細な経歴は明らかでないが、酒井は、自序に「蠡城」(河南省洛寧県西)の人、自跋に「会稽」(浙江省紹興市)の人とあることから、自序と本文は河南省で執筆し、のちに浙江省に移り住んで自跋を執筆し刊行したものと推定している[2]

六諭編集

六諭とは、明の洪武帝洪武31年(1398年。前年の1397年とする説もある)[3]に発布した「孝順父母、尊敬長上、和睦郷里、教訓子孫、各安生理、毋作非為(父母に孝順にせよ、長上を尊敬せよ、郷里に和睦せよ、子孫を教訓せよ、各々生理に安んぜよ、非為をなすなかれ)」の六言をさす。なお、これは教育勅語にも影響を与えた。[4]

琉球・日本での受容編集

康熙22年(1683年)、琉球程順則が清の福州に留学した際に初めて接し、のち康熙45年(1706年)に渡清した際、自費出版して琉球に持ち帰った[5]。その後、享保4年(1719年)3月に薩摩藩島津吉貴から将軍徳川吉宗に献上された[6]。吉宗は室鳩巣に和解(日本語訳)、荻生徂徠に訓訳本の作成をそれぞれ命じ、徂徠の訓訳本は享保6年(1721年)、鳩巣の和解『六諭衍義大意』は翌享保7年(1722年)、それぞれ官版として上梓された[7]江戸町奉行大岡忠相は、吉宗の命を受け、江戸の著名な手習師匠を奉行所に招集して『六諭衍義大意』を与え、寺子屋での手習本として使用させた[8]

版木と現物編集

六諭衍義の版木長野県西念寺浄土宗)に保管されている。その版木と一致する六諭衍義折本が、同町内の篠澤家文書として現存している[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 酒井 2000, pp. 15-16.
  2. ^ 酒井 2000, pp. 15, 35-36.
  3. ^ 深谷 2012, p. 249.
  4. ^ 山川出版社『世界史B用語集』132P
  5. ^ 東恩納 1980, pp. 14-15.
  6. ^ 東恩納 1980, pp. 18-19.
  7. ^ 東恩納 1980, pp. 19-22.
  8. ^ 深谷 2012, p. 251.
  9. ^ 佐久市民新聞平成23年1月28日

参考文献編集

  • 許婷婷 「徳川日本における「六諭」道徳言説の変容と展開――『六諭衍義』と『六諭衍義大意』の比較を中心に」、『東京大学大学院教育学研究科紀要』 (東京大学大学院教育学研究科) 第47巻41-50頁、2008年3月10日。hdl:2261/28568 
  • 酒井忠夫 『増補 中国善書の研究 下』 国書刊行会〈酒井忠夫著作集 2〉、2000年2月29日。ISBN 4-336-03902-X 
  • 東恩納寛惇、「六諭衍義伝」、琉球新報社編 『東恩納寛惇全集』8巻 第一書房、1980年8月29日、1-92頁。 
  • 深谷克己 『東アジア法文明圏の中の日本史』 岩波書店、2012年10月30日、249-252頁。ISBN 978-4-00-024517-3 
  • 室鳩巣、「六諭衍義大意」 『日本思想大系 59 近世町人思想』、中村幸彦校注 岩波書店、1975年11月28日、365-376頁。 

外部リンク編集