メインメニューを開く

函館市交通局30形電車(はこだてしこうつうきょく30がたでんしゃ)は、1993年(平成5年)に登場した函館市交通局(現在の函館市企業局交通部。函館市電)の路面電車車両である。愛称は「箱館ハイカラ號」(はこだてハイカラごう)[1]

函館市交通局30形電車
30形39号「箱館ハイカラ號」
30形39号「箱館ハイカラ號」
基本情報
運用者 函館市企業局交通部
種車 排形 排2号[1]
改造所 札幌交通機械[1]
改造年 1993年[1]
総数 1[1]
運用開始 1993年[1]
主要諸元
軌間 1,372 mm
電気方式 直流600 V
車両定員 30 人[1]
自重 10.4 t[1]
全長 8,076 mm[1]
全幅 2,286 mm[1]
全高 3,750 mm[1]
台車 ブリル 21E-1[1]
主電動機 鳥羽 MT-60[1]
主電動機出力 37.3 kW×2[1]
歯車比 65:16[2]
制御方式 直接制御[1]
制御装置 泰平電機 KR-8[1]
制動装置 直通ブレーキ SM-3[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

1992年平成4年)の函館市市制施行70周年記念事業の一環として、除雪車(ササラ電車排形排2号を1993年に旅客車として復元した車両である[3]。車種である排2号は1910年(明治43年)製造の旅客用2軸単車で、1937年(昭和12年)に除雪電車へ改造された[3]後は1992年(平成4年)の路線短縮まで活躍した[4]

2018年現在、車掌乗務のうえ、期間と区間を限定し「箱館ハイカラ號」の愛称で運転されている[3](運用の変遷等の詳細は後述)。

歴史編集

製造から函館水電譲渡まで編集

1910年明治43年)、天野工場(後の日本車輌製造東京支店)で製作。前身は千葉県成田市で路面電車を運行していた成宗電気軌道(現、千葉交通)が導入した旅客用2軸単車だが、同社の経営難から1918年大正7年)に当時の函館水電(現在の北海道電力)が車両増備のため5両購入し、10形の36号 - 40号として就役した。なお、成宗電気軌道は1916年(大正5年)に成田電気軌道へ社名変更している。

函館譲渡後編集

成田電気軌道から購入した5両のうち4両は1926年(大正15年)1月20日の新川車庫火災および1934年昭和9年)3月21日の函館大火で焼失したものの、39号だけは成田電気軌道由来の車両としては唯一被災せず、1937年(昭和12年)まで旅客車として運行されていた。なお新川車庫火災にともなって39号車は同じ成田車で被災廃車となった37号車の番号を繰り上げ使用して37に番号変更した。

ササラ電車への改造編集

1937年昭和12年)3月[2]除雪車ササラ電車)に改造され、排形排2号として1992年頃まで使用されている[3][4]

画像提供依頼:39号車の写真-特にどっく前側を写した写真の画像提供をお願いします。2019年5月

成田電気軌道時代から使用していたマウンテン・ギブソン(イギリス)製の台車からブリル製のものへ振り替えられたが、どの時点で振り替えが行われたかは資料に乏しく現在もはっきりとしていない。

旅客車への復元編集

1992年(平成4年)の函館市市制施行70周年記念事業の一環として[3][5]、明治から昭和初期にかけて使用されていた車両を復元することとなり、車体は旅客車時代の図面を元に札幌交通機械にて現在の基準に適合した半鋼製車体を新製し、旅客車時代の内装や籐製のつり革などを含め忠実に再現した。

主要機器類はササラ電車時代の部品を整備の上使用している。そのため、台車にはササラ電車時代から使用しているブリル製台車が整備の上使用されており、成田電気軌道時代のマウンテン・ギブソン製の台車とは異なっている。なお、2018年(平成30年)の営業開始前には、復元後初となる車体塗装の塗り直しや窓ガラスの交換、前面行先表示幕の差し替え(英語表示追加、字体変更)が実施されると共に、車内放送装置も一新され英語での放送が加わった。[6]

運用編集

1993年(平成5年)8月より「箱館ハイカラ號」の愛称で運行を開始した[1][3]。当初は始発便及び最終便をのぞいて松風町 - 谷地頭函館どつく前間の運行であった[1]が、1995年(平成7年)に五稜郭公園前まで運行区間が延長され[7]、更に2009年(平成21年)からは駒場車庫前発着となっている[8]

2018年現在は、函館どつく前発湯の川行き最終便と入庫便である湯の川 - 駒場車庫前間の便をのぞくと、基本的に2系統谷地頭 - 駒場車庫前間と5系統函館どつく前 - 駒場車庫前間での運転となっている[3]

運行期間は4月中旬 - 10月31日となっている。

  • 2017年までは木曜日 - 翌週月曜日を運行日としていて、火・水曜日を基本的に点検のための運休とし、他に降雨時や交通規制時には運休としていた。ただし火・水曜日が祝日または最終日とその前日が該当する場合などは運行することがあった。ちなみに、運転途中で雨に見舞われると、五稜郭公園前、松風町、函館駅前、十字街の渡り線のある電停で運転を中止して、回送になり駒場車庫に戻ることがある。
  • 2018年は基本的に期間中の土曜日・日曜日・祝日のみの運行となっている[6][3]。ただし、ゴールデンウィーク期間中・お盆時期(通常8月9日 - 14日)・最終日となる10月31日などは曜日に関係なく運行される[3]。この形式による運行は、1910年(明治43年)に制作された車両の老朽化が進んでいるために、延命措置として行われる事になったものである[9]
  • 2019年の運行も2018年と同様、4月15日~10月31日の土日祝日のみ運行。ただし、降雨のため実際の運転開始は4月20日からとなった。[10]

その年の通常運行日については、各停留場に掲示の箱館ハイカラ號時刻表、車内、乗車券販売所などで配布されているパンフレット(2018年版)や、函館市企業局交通部ホームページに記載がある。

特別運行編集

2013年は函館の路面電車開通100周年で、それの記念として530号排4号723号9602号とともに一列になって全線を練り歩く「電車大行進」というイベントが行われた。この時の39号は大正時代の花電車を思わせる全身にをまとった姿で登場した[11]

また、毎年8月1日~5日に行われる函館港まつりのパレード「ワッショイはこだて」にも装1~3号車「花電車」とともに参加している。このとき、運転士および車掌は他の電車同様、お祭り仕様の服として法被姿で乗務している[12]

ロケーションシステム編集

現在、箱館ハイカラ號の現在地や選択した電停への到着時刻を表示する函館市電ハイカラGOロケーションシステムが導入され、インターネットを介してパソコンスマートフォンタブレットPCで調べる事が可能となっている[13]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 早川 1994, p. 150.
  2. ^ a b 路電ガイド, p. 374.
  3. ^ a b c d e f g h i 「箱館ハイカラ號の運行について」 - 函館市公式ウェブサイト、2017年3月30日・2017年5月2日・2018年3月23日、2018年9月16日閲覧。
  4. ^ a b 岩成 2014, p. 62-63.
  5. ^ 早川 2011, p. 163.
  6. ^ a b 「化粧直しで準備万端 ハイカラ號が試運転」 - e HAKODATE.com HAKODATE NEWS HEADLINE 函館地域ニュース by 函館新聞社、2018年4月13日配信、2018年9月9日・2018年9月16日閲覧
  7. ^ 早川 2000, p. 171.
  8. ^ 早川 2011, p. 162.
  9. ^ 北海道新聞函館版「地域の話題」2018年3月23日の記事より。2018年5月30日閲覧
  10. ^ 観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始 / 函館新聞電子版” (日本語). 函館新聞電子版. 2019年4月21日閲覧。
  11. ^ 函館公式観光情報 はこぶら「函館市電の顔が勢揃い、100周年記念イベントレポート」より、2018年10月7日閲覧。
  12. ^ “函館港まつり その2” (日本語). DRFC-OB デジタル青信号. (2015年9月25日). https://drfc-ob.com/wp/archives/63416 2018年10月7日閲覧。 
  13. ^ 函館公式観光情報 はこぶら「『箱館ハイカラ号』の現在の走行位置、スマホで確認」より、2018年10月7日閲覧

参考文献・資料編集

  • 岩成政和 「東北北海道最古の電車の一世紀 函館百年の計」『路面電車EX 2013年Vol.01』、イカロス出版、2014年4月。
  • 東京工業大学鉄道研究部『路面電車ガイドブック』誠文堂新光社、1976年、403頁。
  • 北海道新聞社「函館の路面電車100年」北海道新聞社、2013年。
  • 早川淳一「函館市交通局」『鉄道ピクトリアル 1994年7月号臨時増刊』第44巻第7号、鉄道図書刊行会、1994年7月。
  • 早川淳一「函館市交通局」『鉄道ピクトリアル 2000年7月号臨時増刊』第50巻第7号、鉄道図書刊行会、2000年7月。
  • 早川淳一「函館市企業局交通部」『鉄道ピクトリアル 2011年8月号臨時増刊』第61巻第8号、鉄道図書刊行会、2011年8月。

関連項目編集