前前前世

RADWIMPSの楽曲

前前前世」(ぜんぜんぜんせ、英文表記: Zenzenzense)は日本の4人組ロックバンドRADWIMPS楽曲新海誠が監督、RADWIMPSが劇伴を務めた長編アニメーション映画君の名は。」の挿入曲として制作され、2016年7月25日サウンドトラックアルバムより先行して配信リリースされた。

前前前世 (movie ver.)
RADWIMPSの楽曲
収録アルバム 君の名は。(movie ver.)
リリース 2016年7月25日
規格 CD音楽配信
ジャンル J-POP
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
レーベル EMI Records
作詞者 野田洋次郎
チャート順位

ミリオン (有料音楽配信、日本レコード大賞)
君の名は。(movie ver.)収録曲

  1. 夢灯籠
  2. 三葉の通学
  3. 糸守高校
  4. はじめての、東京
  5. 憧れカフェ
  6. 奥寺先輩のテーマ
  7. ふたりの異変
  8. 前前前世 (movie ver.)
  9. 御神体
  10. デート
  11. 秋祭り
  12. 記憶を呼び起こす瀧
  13. 飛騨探訪
  14. 消えた町
  15. 図書館
  16. 旅館の夜
  17. 御神体へ再び
  18. 口噛み酒トリップ
  19. 作戦会議
  20. 町長説得
  21. 三葉のテーマ
  22. 見えないふたり
  23. かたわれ時
  24. スパークル (movie ver.)
  25. デート2
  26. なんでもないや (movie edit.)
  27. なんでもないや (movie ver.)

ミュージックビデオ
「前前前世 (movie ver.)」 - YouTube
前前前世 [original ver.]
RADWIMPSの楽曲
収録アルバム 君の名は。(movie ver.)
リリース 2016年11月23日
規格 CD音楽配信
ジャンル J-POP
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
レーベル EMI Records
作詞者 野田洋次郎
チャート順位

ゴールド (有料音楽配信、日本レコード協会)
君の名は。(movie ver.)収録曲

  1. Lights go out
  2. AADAKOODAA
  3. トアルハルノヒ
  4. 前前前世[original ver.]
  5. 'I' Novel
  6. アメノヒニキク
  7. 週刊少年ジャンプ
  8. 棒人間
  9. 記号として
  10. ヒトボシ
  11. スパークル[original ver.]
  12. Bring me the morning
  13. O&O
  14. 告白

ミュージックビデオ
「前前前世 (original ver.)」 - YouTube
Zenzenzense (English ver.)
RADWIMPSの楽曲
収録アルバム 君の名は。 English edition
リリース 2017年1月27日(デジタル・ダウンロード)
2017年2月22日(マキシシングル)
規格 CD音楽配信
ジャンル J-POPオルタナティヴ・ロックミクスチャー・ロック
作詞者 野田洋次郎

  1. Dream lantern (English ver.)
  2. Zenzenzense (English ver.)
  3. Sparkle (English ver.)
  4. Nandemonaiya (English ver.)

解説編集

「前前前世」は新海誠監督を務めた映画君の名は。」の挿入曲として書き下ろされた。新海はかねてよりRADWIMPSのファンを公言しており、制作の初期段階から劇伴の担当を希望していた。バンドのフロントマンである野田洋次郎2014年の秋頃に新海から脚本の第1稿を受け取りそれから3、4ヶ月後にデモ楽曲を提出、その中には「前前前世」「スパークル」の原型も含まれていた[7]。「前前前世」は野田によって作詞、作曲された。

各バージョンについて編集

 
君の名は。が劇場公開された地域

「前前前世」は映画の劇伴用に制作された「movie ver.」、RADWIMPSオリジナル・アルバム用に歌詞を追加しリアレンジされた「original ver.」、映画の海外進出を機に英語詞がつけられた「Zenzenzense (English ver.)」の3つのバージョンが存在する。本来「movie ver.」は映画の劇中で使用される予定であったが、「original ver.」を聴いた新海がこれに惚れ込み急遽、「君の名は。」挿入曲として使用された。「original ver.」は11月RADWIMPSオリジナル・アルバム人間開花」がリリースされるまで映画本編でしか聴けないレアトラックとなっていた[8]。「Zenzenzense (English ver.)」は映画の記録的なヒットによる北米進出を機に制作された。楽曲はバンドのフロントマンである野田洋次郎によって全編が英語詞に翻訳された[9]

プロモーション・リリース編集

「前前前世」は映画の公開に先駆け2016年7月5日に放送されたTOKYO FMラジオ番組SCHOOL OF LOCK!」にて「movie ver.」のフルサイズが初めて公開された[10]、同月25日にはサウンドトラックアルバムから先行して配信リリースされた。翌月8月19日には映画の劇場公開を目前にして「movie ver.」のミュージックビデオテレビ朝日の番組「ミュージックステーション」にて公開。その直後にYouTubeのRADWIMPS公式チャンネルへアップロードされた。番組の終盤ではRADWIMPSが翌週放送の2時間スペシャルへ生出演することがアナウンスされた。映画公開と同日になる26日、RADWIMPSはデビュー以来初めて地上波放送へ出演し、「movie ver.」を演奏した[11]。同年11月22日には、オリジナル・アルバム人間開花」のリリースに合わせて「original ver.」のミュージックビデオをYouTubeの公式チャンネルへアップロードした。映画の社会現象に等しいヒットと相乗する楽曲のヒットを経て、RADWIMPSは大晦日に放送された第67回へ出演し、「original ver.」を演奏した。

ミュージックビデオ編集

「前前前世」のミュージックビデオ2016年8月19日に放映されたテレビ朝日の番組「ミュージックステーション」内で初めて公開され、その直後にフルサイズがYouTubeのRADWIMPS公式チャンネルにアップロードされた[12][13]。ミュージックビデオは映像作家の川橋勇紀が監督を務めた。映像は広大な草原でRADWIMPSのメンバーの演奏する様子が映像のおよそ半分を占め、楽曲の重要なキーワードとなる「前世」に通ずる要素としてメンバーが武士忍者農民に加えて特殊メイクによる猿人という人類の旧時代の姿に扮するカットが登場する。

チャート成績編集

「前前前世」は2016年7月5日ラジオ番組SCHOOL OF LOCK!」で初めてオンエア、同月の7月25日音楽配信リリースされた。日本音楽チャートでは2016年4月18日付けのBillboard JAPAN Hot 100へリリース前ながら6位にランクインした。その後数ヶ月はチャート圏外に下落したが、オンエア、リリースの度に上位へ食い込む。特にリリース以降は8週連続で10位以内をキープ、8月の『君の名は。』の劇場公開、ミュージックビデオのリリースによる加速が見られ、10月3日付けのチャートで初めて単独1位を獲得。楽曲は2020年3月時点で、同チャートで2016年7月18日付けから翌年10月3日付けのチャートまで63週連続、通算73週のチャートインを果たすロングヒットを記録した[14]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Billboard JAPAN Hot 100”. Hanshin Contents Link Corporation (2016年10月3日). 2020年3月21日閲覧。
  2. ^ Billboard JAPAN Top Download Songs”. Hanshin Contents Link Corporation (2018年1月15日). 2020年3月21日閲覧。
  3. ^ Billboard JAPAN Hot Animation”. Hanshin Contents Link Corporation (2016年4月18日). 2020年3月21日閲覧。
  4. ^ Billboar JAPAN Hot 100 Year End”. Hanshin Contents Link Corporation (2016年12月31日). 2020年3月21日閲覧。
  5. ^ Billboard JAPAN Hot Animation Year End”. Hanshin Contents Link Corporation (2016年12月31日). 2020年3月21日閲覧。
  6. ^ Billboard JAPAN Radio Songs Year End”. Hanshin Contents Link Corporation (2016年12月31日). 2020年3月21日閲覧。
  7. ^ “RADWIMPS/野田洋次郎さんに脚本をお渡しして3、4ヶ月後に「前前前世」が上がってきたんです 『君の名は。』新海誠監督インタビュー”. FILMERS. (FILMERS.). (2016年8月20日). http://filmers.jp/articles/2016/08/20/post_79/ 2020年2月26日閲覧。 
  8. ^ “『君の名は。』の本編で流れたバージョン「前前前世」は11/23発売のアルバムに収録!”. Cinemas PLUS (XYZScripts.com). (2016年10月10日). https://cinema.ne.jp/recommend/kiminonaha2016101017/ 2020年3月21日閲覧。 
  9. ^ “「前前前世」→「Zenzenzense」に 「君の名は。」北米公開に合わせ、RADWIMPSが英語詞で書き下ろし”. ねとらぼ (IT media). (2017年1月18日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/18/news084.html 2020年3月21日閲覧。 
  10. ^ “RADWIMPS「前前前世」を今晩「SOL!」で初フルOA”. 音楽ナタリー (natasha). (2016年7月5日). https://natalie.mu/music/news/193442 2020年3月21日閲覧。 
  11. ^ “RADWIMPSが地上波初出演!『君の名は。』主題歌をパフォーマンス「Mステ」2時間SP今夜”. cinemacafe (IID). (2016年8月26日). https://www.cinemacafe.net/article/2016/08/26/42945.html 2020年3月21日閲覧。 
  12. ^ “RADWIMPS、“前前前世 (movie ver.)”のミュージックビデオをMステで初公開!”. rockin'on.com (rockin'on holdings). (2016年8月18日). https://rockinon.com/news/detail/147371 2020年3月21日閲覧。 
  13. ^ “RADWIMPS、映画主題歌“前前前世 (movie ver.)”MVフル公開! 今週の『Mステ』で披露”. (2016年8月21日). https://rockinon.com/news/detail/147476 2020年3月21日閲覧。 
  14. ^ 前前前世 RADWIMPS CHART insight”. Hanshin Contents Link Corporation. 2020年3月21日閲覧。