メインメニューを開く

加藤 正樹(かとう まさき、1965年6月14日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手外野手)。

加藤 正樹
バイタルネット硬式野球部 監督 #36
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市城東区
生年月日 (1965-06-14) 1965年6月14日(54歳)
身長
体重
173 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト外
初出場 1988年6月14日
最終出場 1993年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

PL学園高では、3年夏の選手権大会で三番・中堅手を任され、決勝戦で横浜商業高三浦将明から本塁打を放つなどチームの優勝に貢献した[1]

高校卒業後、早稲田大学に進み、石井浩郎らとともに中心選手として活躍した。3年生の1986年には春季リーグ戦でベストナインに選ばれ[2]、同年の日米大学野球の日本代表に入っている[3]。大学時代は通算60試合出場、199打数63安打、打率.317、5本塁打、33打点の成績を残した。

プロ入りを希望していたものの獲得する球団は現れず、自ら売り込んで1987年オフにドラフト外近鉄バファローズに入団した[4]。後に石井も近鉄に入団しチームメイトとなった。シャープな打撃には定評があり、本塁打を期待されていたという[4]

1年目の1988年は6月8日に一軍登録され[5]、同年のジュニアオールスターゲームではウェスタンの一番・左翼手として先発出場した[6]。8月14日には一軍で吉田豊彦から初ホームランを放ち[5]10.19では代打として出場している。

1990年は7月には打撃でチームの9連勝を支える働きを見せるなど[7]、主に左翼手として37試合にスタメンで起用されてキャリアハイの成績を残している。また、11月にはパ・リーグ東西対抗にも出場した[8]。以降は一軍と二軍の往復を繰り返し、球団から広報への就任を打診され[4]1995年に現役を引退。

その後、梨田昌孝らをマネジメントするトゥルーマサ代表取締役を務めている。

2019年より社会人野球のバイタルネット硬式野球部の監督に就任。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1988 近鉄 30 50 43 5 7 2 0 1 12 2 0 0 0 0 7 0 0 12 3 .163 .280 .279 .559
1989 6 4 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .000 .500 .000 .500
1990 92 190 172 20 49 11 2 3 73 24 0 2 7 0 10 1 1 17 2 .285 .328 .424 .752
1991 50 67 58 10 12 3 1 0 17 2 0 0 4 0 5 1 0 12 1 .207 .270 .293 .563
1992 18 27 26 3 7 1 0 0 8 1 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .269 .269 .308 .577
1993 9 4 4 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .500 .750
通算:6年 205 342 305 40 76 18 3 4 112 30 0 2 12 0 24 2 1 50 6 .249 .306 .367 .673

記録編集

背番号編集

  • 21 (1988年 - 1989年)
  • 29 (1990年 - 1995年)

脚注編集

  1. ^ asahi.com 第65回全国高校野球選手権大会
  2. ^ 東京六大学野球連盟 リーグ戦記録 ベストナイン
  3. ^ JUBF 第15回日米大学野球選手権大会 日本代表
  4. ^ a b c 読売新聞、1995年12月18日付夕刊、P.3
  5. ^ a b 読売新聞、1988年8月15日付朝刊、P.16
  6. ^ 読売新聞、1988年7月23日付朝刊、P.19
  7. ^ 読売新聞、1990年7月15日付朝刊、P.18
  8. ^ 読売新聞、1990年11月19日付夕刊、P.21

関連項目編集

外部リンク編集