千厩バスターミナル

岩手県交通 千厩バスターミナル(いわてけんこうつう せんまやバスターミナル)は、岩手県一関市にあり、主に旧千厩町周辺地区の路線を管轄している岩手県交通のバスターミナルである。岩手県交通一関営業所の下部組織で、正式名称は岩手県交通一関営業所千厩バスターミナルである。 高速夜行バス「けせんライナー」の乗務員交代も当営業所で行うため、約10分停車する。

千厩バスターミナル

所在地編集

〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩上駒場285-5

沿革編集

所管路線編集

長距離路線編集

千厩盛岡線編集

 
特急千厩盛岡線

座席定員制となっており、途中停留所からの乗車時点で満席時の場合には乗車できない。また、本路線では千厩バスターミナル - 県庁市役所前全停留所相互間とも乗降可能(但し盛岡行は盛岡駅前 - 盛岡バスセンター間のみの利用は不可)。IGRいわて銀河鉄道が発売している企画乗車券は利用できない。岩手県交通バスカードが使用可能。

運行経路

千厩バスターミナル - 千厩駅口 - 千厩体育館入口 - 舘山下 - 一関市役所千厩支所入口 - 本町 - 構井田 - 摺沢四ツ角 - 渋民橋 - 新渡戸 - 猿沢 - 夏山 - 黒石 - 道の駅みずさわ - 秋成 - 太日通り - 水沢駅通り - 奥州市役所前 - 不断町 - 欠ノ下 - (水沢IC) - (東北自動車道) - (盛岡南IC) - 盛岡駅(東口) → 開運橋大通三丁目 → 中央通二丁目 → 中央通一丁目 → 県庁・市役所前 → 盛岡バスセンター

※ 停車停留所は2014年8月現在、途中、北上金ヶ崎PAにて5分間休憩する。
※ 下り盛岡行の盛岡駅前 - 盛岡バスセンター間は降車専用。
※ 1日1往復。盛岡側の乗務員休憩は、岩手県交通都南営業所
路線沿革
利用状況
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 364 728 11,131 30.6 15.3
2003(平成15)年度 366 732 12,848 35.1 17.6
2004(平成16)年度 365 750 13,028 35.7 17.4
2005(平成17)年度 365 1,460 21,903 60.0 15.0
2006(平成18)年度 365 1,460 21,992 60.3 15.1
2007(平成19)年度 366 1,464 24,457 66.8 16.7

一関気仙沼線編集

一関営業所と共管。 <主要停留所を記載>(詳細は一関気仙沼線 バス運行時刻表を参照)

  • 一関駅前 - 薄衣 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル - 小梨駅前 - 室根山登山口 - 新月駅前 - 新月パーキング - 気仙沼駅前 - 気仙沼市役所前
    • 岩手県交通のバスカードは利用出来るが、フリー乗車券は利用出来ない。
    • 千厩バスターミナル〜気仙沼駅・気仙沼市役所前間発着の区間便もある。
    • 新月パーキングで5分間の諸休憩が設けてある。
    • 土・日・祝日の一部ダイヤのみ、一関営業所が担当する。

一関大船渡線編集

大船渡営業所と共管。 <主要停留所を記載>(詳細は一関大船渡線 バス運行時刻表を参照)

  • 一関駅前 - 薄衣 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル - 小梨駅前 - 室根山登山口 - 新月駅前 - 新月パーキング - 気仙沼駅前 - 気仙沼市役所前 - 唐桑半島入口 - 大沢 - 陸前高田駅 - - 商人橋 - 大船渡市役所前 - 盛駅前 - サンリアショッピングセンター前 - 権現堂 - 大船渡東高校前 - 立根
    • 岩手県交通のバスカードは利用できるが、フリー乗車券は利用できない。
    • 2018年4月1日より、1日4往復から3往復に減便。2往復は大船渡営業所が運行担当、1往復は千厩バスターミナルが運行担当。
    • 新月パーキングで5分間の諸休憩が設けてある。

地区路線編集

本郷線(気仙沼千厩線)編集

・2020年4月1日、経路変更。『柳沢・東小田(旧・国道284号線)』経由を『国道284号線(厩橋)』経由に変更

  • [02]:一関営業所 - 一関駅前 - 真滝駅前 - 薄衣 - 千厩支所入口 - 千厩病院 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル
    • 平日のみの運行。
  • [03]:一関営業所 - 一関駅前 - 真滝駅前 - 薄衣 - 千厩支所入口 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル

気仙沼千厩線編集

・平日のみの運行。土・日・祝日は運休となる。

  • [05]:千厩バスターミナル - 千厩支所入口 - 千厩病院 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル - 室根山登山口 - 新月駅前 - 気仙沼駅前ー気仙沼市役所前
  • [06]:千厩バスターミナル - 千厩支所入口 - 千厩駅前 - 千厩バスターミナル - 室根山登山口 - 新月駅前 - 気仙沼駅前ー気仙沼市役所前

千厩バスターミナル・千厩地域を経由しない路線編集

詳細は一関営業所の同項にて。

  • 厳美渓線
  • げいび渓線
  • 一関イオン線
  • 磐井・南光病院線

廃止路線編集

2020年4月現在以下の路線全て一関市営バスが代替運行している。

根山線編集

  • 現在は、一関市営バス(千厩)奥玉線
    • 一関市営バスに代替運行されているが、岩手県交通千厩バスターミナルに発着している。2011年に従来の路線ルートを一関市営バスが変更した。
    • 終点は根山停留所のままである。

磐清水線編集

・岩手県交通運行時、終点は関上であった。

藤崎線編集

  • [41]:一関駅前 - 磐井・南光病院前 - 狐禅寺 - 番台 - 薄衣 - 散臣長根 - 藤沢 - 藤沢小学校前
2018年4月1日改正により廃止された[4]

千厩花泉線編集

  • [71]:千厩バスターミナル - 千厩病院 - 千厩支所入口 -関田橋 - 藤沢 - 黄海 - 七日町 - 花泉
2018年4月1日ダイヤ改正により、路線名を従来の「花泉線」から「千厩花泉線」に変更された[4]

大籠線編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高速バス千厩盛岡線 経路変更のお知らせ (PDF) (岩手県交通 2014年7月)
  2. ^ 千厩盛岡線 (PDF)”. 岩手県交通. 2020年3月28日閲覧。
  3. ^ 3/20 千厩盛岡線の運休について”. 岩手県交通. 2020年3月28日閲覧。
  4. ^ a b 4/1 ダイヤ改正実施のお知らせ - 岩手県交通公式サイト、2018年3月29日閲覧
  5. ^ 市営バス藤沢一関線、花泉永井5線の運行開始について”. 一関市 (2018年4月2日). 2018年4月12日閲覧。
  6. ^ a b 4/1 ダイヤ改正実施のお知らせ”. 岩手県交通. 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ a b 市営バスの路線拡大について(令和2年4月1日~)”. 一関市 (2020年3月23日). 2020年4月25日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯38度55分34秒 東経141度21分27秒 / 北緯38.926247度 東経141.357614度 / 38.926247; 141.357614