メインメニューを開く

千年川亀之助(ちとせがわかめのすけ、1884年1月21日-1936年3月4日[1])は、高砂部屋立田山部屋に所属した元力士。6代立田山。本名は小嶋佐兵衛。青森県西津軽郡木造町(現・つがる市)出身。170cm、94kg。最高位は西小結

目次

経歴編集

1900年5月初土俵、1907年1月十両昇進。1908年新入幕、1911年6月には小結に昇進した。1912年5月場所3日目の太刀山峯右エ門との一番は、仕切り直しを30回余行い、時間にして1時間20分費やしたが、開始2秒にして二突きであっさり敗北。この日は三皇孫の台覧相撲であった。この場所は優勝旗手を務めている[2]。変わったエピソードに事欠かない人物。すでに二枚鑑札となっていたが、1917年1月を以て力士を引退し、親方業に専念。しかし1927年5月に廃業し、北海道に転居した。

成績編集

  • 幕内19場所66勝62敗32休31分預

改名編集

豊川→千年川 [3]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19080101.htm
  2. ^ 『大相撲中継』2017年11月18日号 pp.86-87.
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709