1914年の相撲(1914ねんのすもう)は、1914年の相撲関係のできごとについて述べる。

1913年-1914年-1915年

本場所など編集

  • 1月場所(東京相撲)[1]
  • 1月場所(大阪相撲)[2]
    • 興行場所:難波新川土橋西詰
    • 晴天10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[3]
    • 興行場所:両国国技館
    • 5月30日より10日間興行
    • 87対71で東方勝利。旗手は両國勇治郎。個人優勝も両国。
  • 5月場所(大阪相撲)[4]
    • 興行場所:難波新川土橋西詰
    • 晴天10日間興行

その他相撲披露編集

誕生編集

死去編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 酒井, pp. 267–270.
  2. ^ 酒井, pp. 270–271.
  3. ^ 酒井, pp. 271–274.
  4. ^ 酒井, pp. 274–275.
  5. ^ a b 酒井, p. 275.
  6. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 92頁
  7. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 85頁
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 101頁
  9. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 88頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 98頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 91頁
  12. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 90頁
  13. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 89頁
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 9頁
  15. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 32頁
  16. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 24頁
  17. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 310頁

参考文献編集

  • 酒井忠正 『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。