千葉県立松戸高等学校

千葉県松戸市にある高校

千葉県立松戸高等学校(ちばけんりつ まつどこうとうがっこう)は、千葉県松戸市中和倉にある県立高等学校。略称は「松高」。長らく女子高として存在していたが、堂本暁子知事就任後、県内公立女子校の男女共学化が行われ、2004年より共学としてスタートした。県内唯一公立校で芸術科をもつことでも有名。

千葉県立松戸高等学校
Chiba Prefectural Matsudo High School.JPG
北緯35度48分7.5秒 東経139度55分35.9秒 / 北緯35.802083度 東経139.926639度 / 35.802083; 139.926639座標: 北緯35度48分7.5秒 東経139度55分35.9秒 / 北緯35.802083度 東経139.926639度 / 35.802083; 139.926639
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉県
校訓 凛烈高雅
設立年月日 1919年
共学・別学 男女共学2004年4月より)
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
芸術科
学校コード D112210000422 ウィキデータを編集
高校コード 12124A
所在地 270-0025
千葉県松戸市中和倉590-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

学校の特徴編集

  • 公立高校には珍しく、天体観測用ドームが設置されている。校庭は芝生が生育し、敷地内に緑地も多い。面積も広く、敷地内にセミナーハウス(松韻会館)を有している。
  • 制服は男女ともにブレザーである。
  • 女子の冬の準制服では、スラックスが認められている。
  • 2年、3年次に演劇、芸術系の授業とることができる(普通科)。
  • 芸術科をもつことから、東京芸術大学をはじめとした美術系大学や専門学校への進学率が高い。

設置課程編集

全日制課程

以前は商業科、家庭科が設置されていたが、現在は無い。

沿革編集

  • 1919年4月 - 千葉県東葛飾郡立松戸実科高等女学校として開校。
  • 1923年4月 - 県へ移管、千葉県立松戸高等女学校と改称。
  • 1948年4月 - 学制改革により、千葉県立松戸高等学校となる。普通科、家庭科を設置。
  • 1950年3月 - 松戸市立農商高等学校商業科の統合により、商業科を設置。
  • 1965年11月 - 新校舎竣工、現在地へ移転。
  • 1966年4月 - 家庭科を廃止。在籍する生徒が女子のみとなる。
  • 2004年4月 - 男女共学に戻る。芸術科を設置。

最寄駅・交通手段編集

学校行事編集

  • 4月 - 入学式、校外学習(遠足)
  • 5月 - 球技祭、中間考査
  • 7月 - 期末考査
  • 9月 - 松高祭(文化祭)、体育祭
  • 10月 - 中間考査
  • 11月 - 2年修学旅行
  • 12月 - 期末考査
  • 3月 - 学年末考査、卒業式

部活動編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 管理者 (2015年1月17日). “全国大会の歩み” (日本語). 全国高等学校演劇協議会. 2020年8月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集