メインメニューを開く

合田 栄蔵(ごうだ えいぞう、1942年6月3日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手投手)。

合田 栄蔵
基本情報
出身地 日本の旗 日本 兵庫県 尼崎市
生年月日 (1942-06-03) 1942年6月3日(77歳)
身長
体重
172 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1964年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

尼崎高校では2年次の1959年にエースとして春の選抜に出場するが、準決勝で優勝した中京商に敗退[1]。同級生に長幡忠夫、1年上に児玉禎彦がいる。3年次の1960年春季近畿大会でも決勝で宮津高を降し優勝するが、夏は県予選準々決勝で土井正三のいた育英高に敗れ、甲子園には出場できなかった。1961年南海ホークスへ入団。3年目の1964年には一軍に上がり、スライダー、2種類のカーブ、フォークボールを武器に活躍。1966年には10勝1敗・防御率2.36の好記録を残し、同年の巨人との日本シリーズでも3試合に登板。10月18日の第5戦(大阪)では同点の9回表からリリーフで登板し、14回表に1点を失うが、その裏にケント・ハドリがサヨナラ逆転本塁打を放ち勝利投手となる。1967年もチーム最多の54試合に登板し、2年連続2桁勝利となる12勝11敗、防御率2.91を記録するが、それから成績は下降して1970年限りで自由契約になる。1971年には阪神タイガースに移籍するも2試合登板に終わり、同年限りで現役を引退。

引退後は日本熱学に勤務している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1964 南海 25 3 0 0 0 2 3 -- -- .400 199 49.1 48 2 6 2 0 25 0 0 21 11 2.02 1.09
1965 15 1 1 0 0 2 2 -- -- .500 173 44.0 40 6 9 1 2 16 0 0 16 13 2.66 1.11
1966 32 8 1 1 0 10 1 -- -- .909 400 103.1 86 8 19 2 4 55 0 0 28 27 2.36 1.02
1967 54 32 8 2 3 12 11 -- -- .522 944 234.2 217 19 50 3 2 97 1 0 83 76 2.91 1.14
1968 35 19 0 0 0 5 9 -- -- .357 522 125.0 140 18 30 3 1 47 0 1 62 56 4.03 1.36
1969 17 6 0 0 0 0 4 -- -- .000 193 44.2 58 6 11 0 0 9 1 0 25 18 3.60 1.54
1971 阪神 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 13 3.0 3 0 2 0 0 2 0 0 2 1 3.00 1.67
通算:7年 180 69 10 3 3 31 30 -- -- .508 2444 604.0 592 59 127 11 9 251 2 1 237 202 3.01 1.19

背番号編集

  • 61(1961年 - 1965年)
  • 36(1966年 - 1968年途中、1970年)
  • 24(1968年途中 - 1969年)
  • 37(1971年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集