メインメニューを開く

吉川 久夫(よしかわ ひさお、1931年3月 - 2001年7月)は、日本アナウンサー。ラジオ東京→TBS[注釈 1]で活動していた。

よしかわ ひさお
吉川 久夫
プロフィール
生年月日 1931年3月
没年月日 2001年7月(満70歳没)
職歴 ラジオ東京→TBS報道部
→アナウンサー
→ラジオ本部ラジオ営業局営業部
→大阪支社
→テレビ本部テレビ営業局CM部
→テレビ営業局ネットワーク業務推進部
JNNネットワーク協議会事業局
テレビ高知出向
活動期間 1953年 - 1970年
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
出演経歴 プロ野球中継
ボクシング中継
大相撲中継
ほか
備考
ラジオ東京への入社は1952年

来歴・人物編集

1952年4月にラジオ東京(1960年11月29日より、TBS)へ入社[1][2]。当初報道部へ配属されたが、1953年2月よりアナウンサーとなる(第2期生)[1][2]。以来、主にスポーツ実況[1]を担当した。1959年6月25日日本プロ野球初の天覧試合後楽園球場読売ジャイアンツ大阪タイガース戦)でラジオ実況を担当[3]1963年11月1日、報道局運動部兼ニュース部へ異動する[4]11月9日ボクシング中継の仕事を終え家路に着く途中の電車内で鶴見事故に遭遇し[2]、現場近くのクリーニング店に駆け込んだ[5]。のちにTBSに第一報を入れ[5]、中継リポートを行った[2]1964年開催の東京オリンピックでは、開会式をはじめ体操・重量挙げ・水泳などのテレビ実況を担当した[6]

1967年7月にラジオ局第一制作部兼テレビ編成局アナウンス部の所属となり、スポーツ担当から離れる[2]。同年11月15日より、ラジオ局第一制作部兼テレビ編成局放送部兼アナウンサー研修室委員となる[7]1969年3月に、ラジオ局放送部兼テレビ編成局放送部兼アナウンサー研修室の所属となった。

1970年7月、ラジオ本部ラジオ営業局営業部へ異動[2]しアナウンス職から離れた。以後、大阪支社(1976年3月)→テレビ本部テレビ営業局CM部(1979年12月)→テレビ営業局ネットワーク業務推進部(1982年8月)→JNNネットワーク協議会事業局(1983年6月)を経て[2]1984年4月にテレビ高知出向[2]1986年3月にTBSを定年退職し[1][2]、2001年7月に死去した[2]。70歳没。

出演番組編集

※特記ない限り、1955年3月まではラジオ番組のみ明記[注釈 2]

スポーツ中継[1](1967年までの間に担当)
スポーツ中継以外
  • おはよう行進曲(ラジオ。1962年)[1][2]

注釈編集

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  2. ^ ラジオ東京がラジオテレビ兼営局となったのは、1955年4月1日からである。
  3. ^ 運動部から離れる1967年当時、ラジオのナイター中継に使用されたタイトル。[9]
  4. ^ 運動部から離れる1967年当時、テレビのナイター中継に使用されたタイトル。[10]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『TBS50年史』資料編P236より、吉川の活動情報を参照。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『TBSアナウンサーの動き』より、吉川の活動情報を参照。
  3. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、「59.6. 天覧試合 長島選手のサヨナラ・ホームラン実況」と表記。
  4. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1963年の記述を参照。
  5. ^ a b 『TBS50年史』P204
  6. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1964年の記述を参照。
  7. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1967年の記述を参照。
  8. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1953年4月11・12日の『プロ野球実況』(放送時間…14:00 - 16:00)を近江正俊とともに出演したことが記されている。
  9. ^ 『TBS50年史』P192掲載のラジオ番組一覧表。
  10. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のテレビ番組データベースより、「ジャンル別リスト」→「スポーツ」を参照。
  11. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1955年10月26日 - 11月12日にかけて放送された『日米野球実況』を大和球士とともに出演したことが記されている。
  12. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1953年7月11・12日の『都市対抗野球実況』(放送時間…15:00 - 17:00)を高野昭平とともに出演したことが記されている。
  13. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1954年3月22日の『東洋ミドル王座決定戦』の情報が放送日時(放送日時。曜日欄には特・月と明記)とともに収録。出演者として辰巳、トニー、吉川の三名が記されている。
  14. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1958年の記述を参照。
  15. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1955年の記述を参照。
  16. ^ 『TBS50年史』資料編に掲載された、歴代ラジオ番組の一覧表より。
  17. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1954年8月14・15日の『全日本水上選手権大会実況』(放送日時…特・土・23:15 - 23:55。ほかの出演者:小坂秀二)などを参照。
  18. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。
  19. ^ 『日本中央競馬会50年史』P272より、「本会が広報活動の一環として主催したテレビの実況放送は、昭和31年4月8日の第2回東京競馬第4日からで、ラジオ東京テレビ放送(現TBSテレビ)を利用して年8回行った。」との記述あり。
  20. ^ 1956年4月8日付『報知新聞』東京版テレビ欄より、ラジオ東京(同紙面では「KRテレビ」表記)の番組表で午後3時20分からの番組として「東京競馬実況 四才ステークス(吉川アナ)」の記述あり。
  21. ^ 『ザ・テレビ欄0 1954〜1974』P6。
  22. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「よ」→「吉川久夫」節を参照。1954年4月11日の『陸上、水上アジア大会最終予選』(放送時間…15:05 - 17:00)を近江正俊、小坂秀二、渡辺謙太郎とともに出演したことが記されている。

参考文献編集

関連項目編集