メインメニューを開く

東洋チャンピオンスカウト(とうようチャンピオンスカウト)は、TBSテレビ(放送開始当時:ラジオ東京テレビ)で放送されたプロボクシング番組である。

東洋チャンピオンスカウト
Korakuen Hall 2007.jpg
主に中継が行われた後楽園ホール
ジャンル ボクシング実況中継番組
オープニングコバルトの空
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
東洋チャンピオンスカウト
放送期間 1955年6月10日 - 1969年3月27日
放送時間 木曜21:30 - 23:00
放送分 90分
ボクシング中継
放送期間 1969年4月3日 - 1970年3月26日
放送時間 木曜22:15 - 23:00
放送分 45分

目次

概要編集

1955年6月10日極東ボクシングクラブとのタイアップにより放送開始[1]

毎週木曜21:30より90分の放送(後期は21:30 - 22:15の45分枠に短縮)。題名から、地域タイトルを抱える東洋太平洋ボクシング連盟が当時東洋ボクシング連盟であったためそれと混同されがちであるが、タイトルの「東洋」は東洋工業(現:マツダ)が冠提供(協賛)スポンサーとなっているためである。後にモービル石油(現:JXTGエネルギー)もスポンサーに加わった。

試合中継のみならず、番組内で「ボクシング教室」を企画し、沼田義明らを輩出したことでも有名である。

1969年3月27日まで678回放送された。その後1969年4月3日からは「ボクシング中継」と改題して木曜22:15 - 23:00に移動し、1970年3月26日まで続けた。

解説編集

実況編集

放送局編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 前年には日本テレビが民放初のボクシング中継「ダイナミックグローブ」を開始している
  2. ^ レフリーがカウントダウンをした後、当時の東洋工業マーク(丸の中に「m」マーク)をバックに「東洋チャンピオンスカウト」とクレジット。

関連項目編集

TBS 木曜21:30枠
前番組 番組名 次番組
スポーツ
東洋チャンピオンスカウト
娘すし屋繁盛記
(これよりABC制作)
TBS系 木曜22:15 - 23:00枠
ボクシング中継
冬の旅
(22:00 - 23:00)
※ここより
木下恵介・人間の歌シリーズ