名古屋市交通局6050形電車

名古屋市交通局6050形電車(なごやしこうつうきょく6050がたでんしゃ)は、2010年平成22年)に名古屋市営地下鉄桜通線用として登場した名古屋市交通局通勤形電車である。

名古屋市営地下鉄6050形電車
NagoyaCitySubwaySeries6050@Nakamurakuyakusyo.JPG
中村区役所駅に到着した6151編成(2010年7月5日)
基本情報
運用者 名古屋市交通局
製造所 日本車輌製造
製造年 2010年
製造数 4編成20両
運用開始 2010年7月5日
投入先 桜通線
主要諸元
編成 5両編成 (3M2T)
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 75 km/h[1]
設計最高速度 120 km/h[1]
起動加速度 3.0 km/h/s[1]
減速度(常用) 3.5 km/h/s[1]
減速度(非常) 4.0 km/h/s[1]
編成定員 713人
車両定員 制御車136人
電動車147人
自重 制御車 31.3 - 31.6 t
電動車 35.2 - 36.1 t
編成重量 170.3 t
編成長 100.0 m
全長 20,000 mm
全幅 2,746 mm
全高 4,140 mm
台車 ボルスタレス空気ばね台車
住友[注釈 1] SS176M(電動車) SS176T(制御車)
主電動機 かご形三相誘導電動機
(1両あたり4基、押し込みファン式)
主電動機出力 170kW
駆動方式 ギヤカップリング式平行可撓駆動方式
歯車比 16:99 (6.19)
編成出力 2,040 kW
制御方式 2レベルIGBT-VVVFインバータ
PGセンサレスベクトル制御
制御装置 東洋電機製造
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(ATC連動・純電気ブレーキ対応)
遅れ込め制御付、応荷重装置付、保安ブレーキ付
保安装置 車内信号式ATC(6150, 6850形)
ATO
テンプレートを表示

概要編集

桜通線としては6000形以来16年ぶりの新形式であり、近年の急速な技術進歩と社会ニーズ変化に対応するため、野並 - 徳重間延伸開業時に4編成20両が製造された。

当初は6両編成で製造される予定だったが、建設費削減や需要予測の見直しなどにより、5両組成とした。6000形に倣って右側運転台を採用している。登場当初からホーム柵制御装置が搭載されている。

車体編集

外観デザインはこれまでの丸みを帯びたものから直線を多用したものに変え、ステンレス鋼製の車体は上飯田線7000形まで採用されていたビードプレス工法をやめ、桜通線の車両としては初めて日車式ブロック工法を採用した。

客室の窓ガラス上下には桜通線のラインカラーである赤色の帯を配している。桜通線の車両としては初めて客用ドア部分にも赤色の帯が配された。

正面は垂直方向に後退角を持たせたくの字とし、シャープなイメージを演出している。前照灯尾灯6000形と異なり、縦型が採用された。桜通線の車両としては初めてLED行先表示器が採用された。

冷房装置集約分散式を各車の屋根上に2基搭載し、1基当たりの冷凍能力は24.42kW (2,1000kcal/h) である。

集電装置はシングルアーム式パンタグラフを各電動車に1基搭載する。

車内編集

座席はオールロングシートであるが、構造は上飯田線7000形で採用された片持式を踏襲する。

名古屋市営地下鉄の車両としては初めて客用ドア上部に車内案内表示器が千鳥配置されており、6151編成は東山線N1000形と同じく32 × 256の2段表示による横長LED式だったが、6152編成以降は名古屋市営地下鉄の車両で初めての17インチワイドLCD式(通称「ハッチービジョン」)となっている。また、桜通線の車両としては初めてドア開閉方向を示す表示器が装備されており、6151編成は客用ドア上部の左右2か所に設置、6152編成以降は客用ドア上部の左右2か所に千鳥配置されている。さらに、桜通線の車両としては初めて乗降口にドアチャイムが設置されている(音色は東山線N1000形と同一)。客用ドアの室内側は化粧板仕上げであり、客用ドア付近の床材は識別を容易とするために黄色とされた。

車椅子スペースは6000形6114編成以降の両先頭車への設置から1両に1か所への設置へと拡大されている。

形状はJR東日本E233系名鉄4000系と類似のものに変更され、名古屋市営地下鉄の車両としては初めて7人掛けの座席間にスタンションポール3本、乗降口の左右2か所にドア開閉表示灯が設置され、座席端部の袖仕切りが大型化され、客用ドア間が50mm拡大されたことにより、客用ドア間の座席幅も拡大されるなど、車内設備が東山線N1000形と異なる部分も多く見られる。

右側のディスプレイの駅名表示は漢字→ひらがな→ローマ字→漢字…を回転させながらアニメーションのような表示をする。ホーム案内も進行方向から向かうような感じで表示している。この技術は東京地下鉄8000系後期更新車や16000系都営地下鉄10-300形一部編成や12-600形一部編成、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄30000系御堂筋線仕様車にも採用されている。

走行機器など編集

主回路システムは東洋電機製造製のVVVFインバータ制御である。制御素子は6000形のGTOサイリスタからIGBTに代わり、回生ブレーキおよび全電気ブレーキ機能を有する。またPGセンサレスベクトル制御を採用したため、空転滑走時などでも安定したトルクを得ることが可能である。インバータ装置1基につき4個のかご形三相誘導電動機を駆動する1C4M方式を1ユニットとして、電動車各車両に搭載されている。かご形三相誘導電動機の定格出力は170kWである。歯車比は6.19で6000形とは異なる。

ブレーキシステムは、車内信号式ATCに連動し遅れ込め制御機能を有する回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを採用している。

空調機器などに電源を供給する補助電源装置は、IGBT素子による静止形インバータ (SIV) を両先頭車に各1基搭載している。

台車住友金属工業製のボルスタレス空気ばね台車(電動車 SS176M形、制御車 SS176T形)で、乗り心地改善を図る目的で軸箱に密閉式円筒ころ軸受を用い、軸箱支持はモノリンク式である。駆動装置は従来の名古屋市営地下鉄の車両と同様にギヤカップリング式平行可撓駆動方式を採用している。

空気ブレーキや空気ばねに圧縮空気を供給する電動空気圧縮機は6000形と同様にレシプロ式であり、6250形 (M1) と6750形 (M3) に各1基搭載する。

編成編集

形式
徳重
製造年度
6150
(Tc1)
6250
(M1)
6350
(M2)
6750
(M3)
6850
(Tc2)
車両番号 6151 6251 6351 6751 6851 2009年
6152 6252 6352 6752 6852 2010年
6153 6253 6353 6753 6853
6154 6254 6354 6754 6854

増備過程編集

2010年2月8日に6151編成が日本車輌製造豊川製作所から名古屋鉄道大江駅甲種輸送され[2]鶴舞線内で試運転を実施し、2010年7月5日から桜通線で営業運転を開始した。なお、名古屋市交通局は同年7月18日までの6050形の運用ダイヤを公表していた。

2010年11月から12月にかけて6152・6153・6154編成が順次増備され、予定編成数が全て出揃った。


改造編集

運転台のホーム監視映像モニタ撤去編集

全駅にホーム柵が整備された2011年7月23日以降は駅発車後の後方監視の必要性がなくなったことから、ホームに設置された地上固定モニターでの監視に切り替えられ、運転台搭載のホーム監視映像モニタが撤去された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 現・日本製鉄

出典編集

  1. ^ a b c d e 名古屋市交通局6050形VVVFインバータ制御システム (PDF) - 東洋電機技報 第121号
  2. ^ 名古屋市交通局6050形が甲種輸送される交友社鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2010年2月10日

参考文献編集

  • 名古屋市交通局技術本部施設車両部電車車両課「新車ガイド 名古屋市交通局6050形」『鉄道ファン』2010年7月号(通巻591号)p101 - 105、交友社

外部リンク編集