メインメニューを開く

南港線(なんこうせん)は、愛知県名古屋市南区の東港駅から知多市の知多駅までを結ぶ名古屋臨海鉄道鉄道路線である。

南港線
南港線を走行する貨物列車(2008年)
南港線を走行する貨物列車(2008年)
概要
起終点 起点:東港駅
終点:知多駅
駅数 3駅
運営
開業 1968年9月1日 (1968-09-01)
所有者 名古屋臨海鉄道
使用車両 名古屋臨海鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 11.3 km (7.0 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
東築線
STR STR+l STRq
東港線
hKRZWae hKRZWae
大江川
KRWl KRWg+r
DST
0.0 東港駅
STRq
昭和町線
kSTRr+1
汐見町線
hKRZWae
天白川
SKRZ-Au
名古屋高速4号東海線
SKRZ-Au
伊勢湾岸自動車道
DST STRc2
6.9 名古屋南貨物駅
STR STR+1
名鉄常滑線
STR HST
朝倉駅
KDSTe STR
11.3 知多駅

路線データ編集

運行形態編集

  • 東港駅 - 名古屋南貨物駅間に1日7往復のコンテナ輸送列車が設定されている。そのうち1往復は「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」である。
  • 東港駅 - 名古屋南貨物駅(日本製鉄名古屋製鉄所)間に1日3往復の石灰石輸送列車が設定されている。
  • 東港駅 - 東港駅(三洋化成工業)間に1日1往復の化学薬品輸送列車が設定されている。

歴史編集

  • 1968年昭和43年)9月1日 - 東港駅 - 南港駅間が開業。
  • 1969年(昭和44年)6月25日 - 南港駅 - 知多駅間が開業。
  • 1983年(昭和58年)10月1日 - 南港駅が名古屋南港駅に改称。
  • 1998年(平成10年)10月3日 - 名古屋南港駅が名古屋南貨物駅に改称。
  • 2015年(平成27年)8月1日 - 名古屋南貨物駅 - 知多駅間の営業休止[1](7月6日届出、以後1年毎に更新)。

駅一覧編集

括弧内は起点からの営業キロ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度鉄道要覧

関連項目編集