メインメニューを開く

名城大学短期大学部(めいじょうだいがくたんきだいがくぶ、英語: Junior College Division, Meijo University[3])は、愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、2005年に廃止された。大学の略称は名城短大。学生募集は2002年度まで[4]翌年度より名城大学人間学部の設置に伴い、短期大学は学生募集を停止し、2005年7月29日 正式廃止[5]

名城大学短期大学部
大学設置/創立 1950年
廃止 2005年
学校種別 私立
設置者 学校法人名城大学
本部所在地 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501
学部 商経科
  第一部→情報国際科
  第二部[1]
機械科[2]
電気科[2]
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

教育および研究編集

  • 設置当初は、商経科として商学・経営学・会計学・経済学といったまさに商業経済系の科目を中心とした専門教育が行われていた。2000年度からは情報や国際に関する科目を中心とした教育に重点を置くようになった。

学風および特色編集

  • 大学に併設された短期大学であり、校舎など独自の施設を持っておらず、名城大学の学長が短期大学部の学長を兼ねていた。教育体制も長らく、独自の講義等科目がなく、名城大学の教員が開講する大学学部の講義に短期大学部生が出席するという体制が続いた。したがって法商学部・商学部の教員には、短期大学部教員の併任辞令が交付されていた。かつては独自の教授会がなく、1980年以前は全学的組織である短大委員会、1980年から1985年の間は商学部教授会の下部組織である商経科会議が意思決定機構として機能していた。

沿革編集

  • 1950年 名城大学短期大学部開学。当初、商経科第一部・第二部は名古屋市中区不二見町(現・富士見町)に[6]、電気科および機械科は名古屋市中村区新富町[7]にあった。
  • 1954年 学科を増設する
    • 機械科:在籍者数男子59[8]
    • 電気科:在籍者数男子39[8]
  • 2000年 商経科を情報国際科と改称。
  • 2002年度をもって学生募集を終了。

基礎データ編集

所在地編集

  • 愛知県名古屋市天白区塩釜口1-501

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 情報国際科
学科の変遷編集
  • 商経科
    • 第一部→最初は男子学生の方が割合として多かったが、後に女子学生の割合の方が多くなり、近年では男子学生の姿はほとんど目立たなかった様子。
    • 第二部[1]
  • 機械科[2]
  • 電気科[2]

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 『日本教育工学会研究報告集』ほか[10]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 名城大学の同窓会:名城大学校友会
  • 名城大学の学部ごとの同窓会:名城大学経友同窓会
    • 経営学部・経済学部・商学部・短期大学部の卒業生は経友同窓会に入会することができる。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 名城大学と名城大学短期大学部は同一法人による運営であり、短期大学部独自の施設は持っていなかったが、教育行政上の「施設」としては大学と別個のものである。学則上は設立から廃止に至るまで、名城大学の学長は短期大学部の学長を兼ねていたが、実質上の短期大学部長は別人であり、当初は法商学部長・商学部長が兼務(一部期間を除く)、のちに短期大学部教授会からの選出となった(後述)。
  • かつての商学部長・原口清は短期大学部の充実と独自性を主張し、短期大学部二部の廃止と一部の充実に奔走した。1980年以降、短期大学部の専任教員が採用されるようになり、教授会は商学部と短期大学部の合同教授会として開催されるようになった。1985年になって、短期大学部独自の教授会が開催されるに至った。

歴代学長

歴代短期大学部長

施設編集

キャンパス編集

  • 短大独自のキャンパスは持っていなかった。なお、キャンパスの詳細は名城大学を参照。

編集

  • 男子学生を対象とした学生寮があったらしい(但し、男子学生は極めて少なかった)。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 最終募集は1974年度入学生まで。1976年12月25日廃止。
  2. ^ a b c d 1969年3月31日廃止。
  3. ^ CiNii-名城大学短期大学部-より
  4. ^ 商経科第一部の後身である情報国際科のみ。
  5. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』280頁より。
  6. ^ のち天白区へ移転
  7. ^ 現在名城大学附属高等学校が所在
  8. ^ a b 昭和30年度版『全国学校総覧』1378頁より。
  9. ^ a b c d e 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)63頁より。
  10. ^ CiNii-名城大学短期大学部-より
  11. ^ a b 2000年度用入学案内冊子より。

関連項目編集

関連サイト編集