メインメニューを開く

ジェイアール名古屋タカシマヤ

愛知県名古屋市中村区にある百貨店
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932)が含まれています詳細

ジェイアール名古屋タカシマヤ(ジェイアールなごやタカシマヤ)は、愛知県名古屋市中村区名古屋駅に所在する百貨店中部百貨店協会加盟。

株式会社ジェイアール東海島屋
JR Tokai Takashimaya Co.Ltd.
Nagoya JR Central Towers dk3823.jpg

タカシマヤゲートタワーモール
JR Gate Tower 201701.jpg
種類 株式会社
略称 名古屋タカシマヤ、JR島屋
本社所在地 日本の旗 日本
450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
北緯35度10分14.5秒 東経136度52分57.1秒 / 北緯35.170694度 東経136.882528度 / 35.170694; 136.882528座標: 北緯35度10分14.5秒 東経136度52分57.1秒 / 北緯35.170694度 東経136.882528度 / 35.170694; 136.882528
設立 1992年12月25日
業種 小売業
法人番号 1180001030531 ウィキデータを編集
事業内容 百貨店の運営
代表者 代表取締役会長 中山 理
代表取締役社長 山田 正男
資本金 100億円(2019年2月28日現在)[1]
売上高 1,435億1,800万円(2019年2月期)[1]
営業利益 49億3,600万円(2019年2月期)[1]
経常利益 51億4,700万円(2019年2月期)[1]
純利益 34億6,800万円(2019年2月期)[1]
総資産 745億7,300万円(2019年2月28日現在)[1]
従業員数 1,050名(2019年3月1日現在)
決算期 2月末日
主要株主 東海旅客鉄道
島屋
中部電力
東邦瓦斯
トヨタ自動車
日本碍子
日本車輌製造
みずほコーポレート銀行
三菱UFJ銀行
外部リンク https://www.jr-takashimaya.co.jp/
特記事項:百貨店名は「ジェイアール名古屋タカシマヤ」
テンプレートを表示
名古屋駅桜通口

概要編集

2000年3月15日開店[2]東海旅客鉄道(JR東海)名古屋駅と接続するJRセントラルタワーズの核店舗として、JR東海・島屋合弁企業「株式会社ジェイアール東海島屋(ジェイアールとうかいタカシマヤ)」によって運営されている。店舗面積は55,429m2。2018年のデータでは店舗別売上高で全国4位に入るなど、愛知県内及び名古屋市内で最大の売上げを誇る百貨店である[3]

当初、セントラルタワーズに開設される百貨店は松坂屋も出資した共同経営の予定で進められていたが、松坂屋がに置く本店(現・名古屋店)との競合を懸念して撤退。急遽パートナーを高島屋に変更した経緯を持つ。丸栄の百貨店事業からの撤退以前は、名古屋における大手の百貨店として、松坂屋、丸栄、名鉄百貨店三越(名古屋三越)とともに「4M1T」と呼称されていた。また、本店舗の開業をきっかけに、同店が位置する名駅(名古屋駅)と以前から名古屋最大の繁華街であった栄との商業地競争が加熱している。

2011年3月には、月間売上高でそれまで地域一番店であった松坂屋名古屋店を抜き、名古屋地域で初の首位を獲得[4]。さらに、2015年2月期における年間の売上高もトップになった。高島屋が行っているバレンタインデー商戦の催事「アムール・デュ・ショコラ」では2018年に24億円を売上げ、同様の催事で日本一とされている[5]

増床出店編集

かつて隣地に所在し、再開発のため取り壊された名古屋ターミナルビルの跡地へ建設された超高層ビルJRゲートタワーに、本店舗の増床フロアとして専門店街の「タカシマヤ ゲートタワーモール」を開設。面積は約32,000m2で、ジェイアール名古屋タカシマヤ側の店舗面積 (55,429m2) を合わせると約87,000m2となり、2016年時点において中部最大の店舗面積である松坂屋名古屋店 (86,000m2) を凌ぎ、日本最大の店舗面積である近鉄百貨店本店 (100,000m2)、2位の阪急百貨店うめだ本店(96,000m2) に次ぐ規模となった。

フロア構成編集

  • 地下2階 - 食料品
  • 地下1階 - 食料品
  • 1階 - 総合案内所、婦人洋品、アクセサリー
  • 2階 - インターナショナル ブティックス
  • 3階 - 婦人雑貨、インターナショナル ブティックス
  • 4階 - 婦人服
  • 5階 - 婦人服
  • 6階 - 婦人服
  • 7階 - 紳士服、紳士雑貨
  • 8階 - 紳士服、ベビー・こども服、おもちゃ、ゴルフ
  • 9階 - 家庭用品、寝具、バストイレタリー、仏壇・仏具、ブライダルサロン、ギフトサロン、商品券
  • 10階 - 催会場、時計、宝飾品、美術
  • 11階 - 呉服、手芸・クラフト、書籍(三省堂書店)、カードカウンター、筆記具、印鑑・印刷、きものサロン、メガネサロン、ロボット[6]
  • 12階 - タカシマヤレストラン街
  • 13階 - タカシマヤレストラン街
  • 51階(オフィスタワー最上階) - パノラマサロン
  • 東急ハンズ名古屋店(5 - 11階)などがテナントとして入居している。なお、三省堂書店は2017年4月にJRゲートタワーに大型店を開店したため、そちらに統合された(2019年までは併存)。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 第27期決算公告、2019年(令和元年)5月31日付『官報』(号外第24号)146頁。
  2. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  3. ^ 【最新版】2018年 全国百貨店 店舗別 売上高ランキング!” (日本語). 激安!元家電量販店員が語る業界裏事情!. 2019年10月14日閲覧。
  4. ^ 日本経済新聞』2011年4月2日「JR高島屋、初の売上高首位 3月の名古屋市内百貨店」
  5. ^ 日本一のチョコ販売、来年2フロア拡大 JR名古屋高島屋日本経済新聞ニュースサイト(2018年12月12日)2019年10月27日閲覧。
  6. ^ 名古屋タカシマヤにロボット専門店 家族型ロボット「LOVOT」など全27種名駅経済新聞(2019年10月11日)2019年10月27日閲覧。

関連項目編集

JRセントラルタワーズ内
近隣百貨店・施設
その他

外部リンク編集