吸血鬼ドラキュラ (小説)

吸血鬼ドラキュラ』(きゅうけつきドラキュラ、原題:Dracula )は、ブラム・ストーカーゴシック小説ホラー小説1897年5月26日に刊行された。

ドラキュラ
Dracula1st.jpeg
第一版のカバー
著者 ブラム・ストーカー
イギリス
言語 英語
ジャンル ホラー小説, ゴシック小説
出版社 Archibald Constable and Company (UK)
出版日 1897年5月26日
OCLC 1447002

あらすじ編集

新たな獲物を求めて密かにイギリスに侵入したドラキュラ伯爵に対して、その存在に気づき、これを退治しようとするヴァン・ヘルシング教授とその仲間たちの戦いを描く。

背景編集

小説の舞台背景は1885年で、小説が書かれた時代の現代劇。物語は三人称で語られ、全て日記や手紙、電報、新聞記事、蝋管式蓄音機などによる記述で構成されている。各々の記述者や叙述者の発言によって、徐々にドラキュラの企みが浮上していく構成となっている。

ドラキュラのモデルであるとされるヴラド・ツェペシュは統制のために見せしめとして裏切りを行った貴族階級の家臣を、本来は平民への刑罰であり貴族階級には行われない串刺し刑を行ったことから、「串刺し公」と呼ばれた領主ではあった。ちなみにヴラド・ツェペシュに関して、吸血鬼に類する記録や伝説、伝承は皆無である。ヴラド家の居城があったトランシルバニアの地元でも、吸血鬼伝説はない。

ドラキュラはルーマニアの出身であるが、小説『ドラキュラ』がルーマニア語に初めて翻訳されたのは1989年ルーマニア革命によって共産主義政権が終わった後の1990年であり、それまでこの小説はルーマニアでは発禁書であった。

登場人物編集

ドラキュラ伯爵
トランシルヴァニアカルパチア山脈にある古城に住む怪人。
彼がロンドンの地所を買うためにハーカーを呼び寄せたことから物語が始まる。
ジョナサン・ハーカー
新人弁理士
事務手続きのためにドラキュラ城に招かれるが、次第に伯爵の正体を知る。
ウィルヘルミナ・“ミナ”・ハーカー
ジョナサン・ハーカーの婚約者。旧姓マリー。
物語後半で伯爵に襲われるも、それを逆手にとり逆に伯爵を追い詰める。
ルーシー・ウェステンラ
ホイットビーで心臓の弱い母親と住んでいる女性。ミナの友人。
夢遊病であり、それが元で伯爵に吸血されてしまう。
エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授
ジャック・セワードの恩師。ルーシーの治療を頼まれたアムステルダム大学名誉教授。
ルーシーの衰弱が吸血鬼の仕業だといち早く気づき、対策を練る。
アーサー・ホルムウッド(ゴダルミング卿)
ルーシーの婚約者の男爵。セワード、モリスとは親友。
ジャック・セワード
精神病院の院長。ルーシーの求婚者の一人。
ルーシーの病変に恩師ヴァン・ヘルシング教授の助けを求める。
キンシー・モリス
北米テキサス州の大地主。ルーシーの求婚者の一人。
レンフィールド
セワードが院長を務める精神病院の患者。蜘蛛などを食べ、その命を奪うという独自の観念を持つ。
ドラキュラの花嫁たち
ドラキュラ城においてハーカーに迫る三人の女吸血鬼。
二人は浅黒く、一人は色白で金髪、いずれも美しく官能的な容貌をしている。

日本語訳編集

リライト等編集

映画編集

ドラマ編集

翻案映画編集

ミュージカル編集