平井呈一

英文学者

平井 呈一(ひらい ていいち、1902年6月16日 - 1976年5月19日)は、日本のイギリス文学の翻訳家編集者。終生にわたり翻訳、編集を通じ海外怪奇小説を紹介した。

生涯編集

1902年(明治35年)、神奈川県中郡平塚町(現:平塚市)で生まれる。本名は程一江戸下町育ちで、死ぬまで和服で通した。

東京府東京市日本橋区浜町(現:東京都中央区日本橋浜町)の養家で居住。浜町尋常小学校から日本大学附属中学校を経て早稲田大学文学部英米文学科中退。河東碧梧桐に師事して俳句に親しむ。永井荷風佐藤春夫に師事し、江戸文学に造詣が深い翻訳者となった。中菱 一夫の筆名で、小説「真夜中の檻」「エイプリル・フール」を発表したことがある。

代表的な翻訳に、岩波文庫版をはじめとする小泉八雲の全訳、1956年からの東京創元社でのブラム・ストーカー『ドラキュラ』、レ・ファニュ『カーミラ』の完訳などで、半世紀経て新版刊行されている。
また近代英国の作家アーサー・マッケンの作品の紹介に尽力し、晩年に全訳による『アーサー・マッケン作品集成』を刊行した。
弟子に紀田順一郎荒俣宏(荒俣は3度の破門を経験している、下記も参照)、由良君美[1]がいる。

門人として荷風の邸宅「偏奇館」に出入りしていたとき、荷風の色紙や手稿を偽造して売りさばいたことがある。荷風がみずからの楽しみのために書いて手元に置いていた好色小説『四畳半襖の下張』の手書き原稿を密かに持ち出して、仲間と共に筆写し回覧させ、この名作が世に出るきっかけを作ったのも平井である。このため師弟関係は破局を迎え、荷風は日記『断腸亭日乗』のなかで平井を悪罵、さらに平井をモデルにして短篇「来訪者」を書いて発表し、復讐を遂げた。なお為永春水の現代語訳を荷風名義で請け負ったことがある。

戦後は千葉県富津市に移住し、1976年に同市小久保の寓居で心筋梗塞のため没した。
姪の夫に作家の岡松和夫がおり、岡松の小説『断弦』のモデルとなっている。

著書編集

  • 『小泉八雲入門』古川書房 1976年
  • 『真夜中の檻』創元推理文庫 2000年 - 創作2篇・エッセイ
  • 幻想と怪奇 3 平井呈一と西洋怪談の愉しみ』新紀元社、2020年。翻訳、評論、エッセイ選集

翻訳編集

  • アーネスト・ダウスン『ディレムマ』思潮社 1972年
  • ウォルポール『おとらんと城綺譚』思潮社 1972年 - 文語体での訳書
  • アーサー・マッケン作品集成』全6巻、牧神社 1973-75年/沖積舎 1994-95年、新版・全5巻 2014-15年
  • 編訳『こわい話・気味のわるい話』牧神社(第1・2輯)1974年
  • アーサー・マッケン『夢の丘』創元推理文庫 1984年、改版2003年
  • 『幽霊島 平井呈一怪談翻訳集成』創元推理文庫 2019年 - 短篇13編の訳+対談・エッセー・書評
  • 『恐怖 アーサー・マッケン傑作選』創元推理文庫 2021年 - 全作品解説も収録

評伝編集

  • 『平井呈一 生涯とその作品』(荒俣宏編、紀田順一郎監修、松籟社、2021年)

脚注編集

  1. ^ 四方田犬彦『先生とわたし』p50、新潮社、2007年。回想評伝
  2. ^ みすず版「八雲全集」は4巻分のみ刊