メインメニューを開く

書簡体小説(しょかんたいしょうせつ、英語:epistolary novel)は、登場人物の書簡を連ねることによって間接的にストーリーが展開していく小説の形式である。18世紀からフランスなどで盛んになった。

書簡体小説の例編集

中世フランスにアベラールとエロイーズの往復書簡があった。これが書簡体小説の一つのモデルになっているようである。

関連項目編集