メインメニューを開く

呉羽カントリークラブ(くれはカントリークラブ)は、富山県富山市にある富山県内でもっとも歴史の古いメンバーシップ制のゴルフ場[1]。毎年北陸オープンゴルフトーナメントが開催される。

呉羽カントリークラブ
所在地 日本の旗 日本
富山県富山市三熊19-2
北緯36度39分41.9秒
東経137度6分41.6秒
座標: 北緯36度39分41.9秒 東経137度6分41.6秒
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1960年昭和35年)10月8日
運営 メンバーシップコース
設計 舘粲児、竹村秀夫 
運営者 呉羽観光株式会社
トーナメント 北陸オープンゴルフトーナメント(日本プロゴルフ協会 後援)
Nuvola apps kolf.svg コース
日本海コース 

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 5 554 10 4 465
2 3 200 11 4 336
3 4 391 12 3 226
4 4 369 13 5 503
5 5 542 14 4 426
6 3 165 15 5 525
7 4 441 16 4 424
8 4 405 17 3 183
9 4 346 18 4 404
36 3413 36 3492
立山コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 4 411 10 3 183
2 3 189 11 4 329
3 5 521 12 4 350
4 4 408 13 4 397
5 4 407 14 4 412
6 4 401 15 3 217
7 4 407 16 4 418
8 3 184 17 4 350
9 5 523 18 5 533
36 3451 35 3189

※ヤード表示はバックティー
Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

呉羽カントリークラブは富山県内でもっとも早く開場したゴルフ場で、1958年昭和33年)9月に富山市の呉羽丘陵に用地を確保、翌1959年(昭和34年)10月1日に着工した。宮内庁内に6ホールのゴルフコースを設計した舘粲児が用地確保に関わり、設計も依頼している。造成工事を早く進めるためブルドーザー25台を集め、工事着工よりわずか約1年という工期で1960年(昭和35年)10月8日に開場した。1972年(昭和47年)7月19日には9ホールを増設し27ホールに、1975年(昭和50年)10月にはさらに9ホールを増設36ホールとなり、翌1976年(昭和51年)には日本海コースと立山コースと名づけられた各18ホールのコースとなった。なお、立山コースはパー71のため、大会などでは日本海コースを使用することが多い。

クラブハウス2階には当クラブ30周年を記念して開設したゴルフミュージアムが設けられ、ゴルフに関する史料展示や当ゴルフクラブの歴史などを紹介している。

住所編集

  • 〒930-0155 富山県富山市三熊19-2

アクセス編集

自家用車編集

電車ほか編集

開催トーナメント編集

毎年7月に北陸オープンゴルフトーナメント日本プロゴルフ協会 後援)が開催されている。1978年(昭和53年)より一流プロと県内アマチュアが参加する富山県オープンゴルフトーナメントとしてスタートし、1999年平成11年)よりプロならびに北陸3県のアマチュアが参加できる北陸オープンゴルフトーナメントと名称を変更し現在まで続いている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『そらのさんぽみち 富山県航空写真集』(1981年5月、中日航空企画発行)52ページ。

関連項目編集

外部リンク編集