メインメニューを開く

和田 嘉訓(わだ よしのり[1]1935年10月16日[1] - 2012年7月12日[2])は、日本の映画監督脚本家である[1][2][3][4][5][6]。デビュー作『自動車泥棒』で安岡力也をデビューさせたことで知られる[3][4][5]

わだ よしのり
和田 嘉訓
本名 和田 嘉訓
生年月日 (1935-10-16) 1935年10月16日
没年月日 (2012-07-12) 2012年7月12日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
死没地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
職業 映画監督脚本家
ジャンル 劇場用映画
活動期間 1961年 - 1972年
主な作品
ザ・タイガース 世界はボクらを待っている
銭ゲバ
自動車泥棒

目次

人物・来歴編集

1935年(昭和10年)10月16日、愛媛県松山市に生まれる[1]。教育者である父の仕事の都合で1945年の終戦までは中国の天津で幼年期を過ごし、その後18歳の松山新田高校を卒業するまでは再び松山市で育つ。

1958年東京大学教育学部を卒業し、東宝に入社する[1][6]。1960年(昭和36年)8月14日に公開された稲垣浩監督の『ふんどし医者』で、丸輝夫高瀬昌弘に次ぐサード助監督としてクレジットされているのが、記録に残る最初の演出歴である[7]。満26歳を迎える1961年(昭和36年)4月25日に公開された、黒澤明監督の『用心棒』に、森谷司郎出目昌伸吉松安弘に次ぐフォース助監督としてクレジットされている[4]古澤憲吾坪島孝杉江敏男らに師事し、助監督として「クレージー映画」に携わる[4]。東宝から発売されているDVD「黒澤明 : THE MASTERWORKS」などに特典として収められているメイキング映像では、『用心棒』や『椿三十郎』撮影時の写真で、役者に血糊を仕込んでいる助監督時代の和田の姿などをに見ることができる。

満29歳を迎える1964年(昭和39年)、自らのオリジナル脚本による劇場用映画『自動車泥棒』の監督に抜擢され、同作は同年10月4日に公開される[3][4][5]。アヴァンギャルドな手法も取り入れ、劇内容とも相まった野心と熱意溢れる和田のデビュー作であった。前年末の杉江敏男監督の『香港クレージー作戦 CRAZYCATS GO TO HONGKONG』では、まだサード助監督であり、同作でチーフ助監督を務めた野長瀬三摩地、セカンド助監督を務めた浅野正雄は同時点で劇場用映画の監督に昇進しておらず、助監督部の先輩である森谷司郎、松森健坂野義光出目昌伸渡辺邦彦、吉松安弘、谷清次錦織正信長野卓西村潔砂原博泰松江陽一児玉進も同様、かろうじて『クレージー作戦 くたばれ!無責任』のチーフ助監督の木下亮が同年『男嫌い』で監督昇進したばかりであり、異例の抜擢であった[4][8]。『キネマ旬報』1964年11月上旬号の『特別座談会 新人監督と日本映画の条件』に、河辺和夫熊井啓佐藤純弥前田陽一ら各社の監督とともに出席している[9]

しかしながら、公開が東京オリンピック開催とほぼ同時期であった自動車泥棒の観客動員は思わしくないものであった。3年後の1967年(昭和42年)4月29日に公開された坪島孝監督の『クレージー黄金作戦』において、『ホテル・リヴィエラ・ショー』のシークエンスの演出を任されるまで、沈黙を余儀なくされる[3][4][5]。同年10月28日に公開された、『ドリフターズですよ!前進前進また前進』で再び監督に起用され、以降「ドリフターズですよ!」シリーズ全5作のうち、同作含めて3作を監督することになる[3][4][5]。『ドリフターズですよ!前進前進また前進』のクランク・インの日、1967年(昭和42年)8月31日早朝に長男が誕生したため、この日の撮影は全キャスト・スタッフの意向で早々に切り上げ、長男誕生を祝う盛大な宴を行いながら、妻と長男との面会予定の夜までの時間を過ごした。

1968年(昭和43年)4月10日に公開された『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』でザ・タイガースを、同年11月2日に公開された『コント55号 世紀の大弱点』でコント55号を主演とした、当時のアイドル、コメディアンの映画を手がけ、1970年(昭和45年)10月31日に公開された『銭ゲバ』を監督するが、これが劇場公開された和田の最後の作品となる[3][4][5]。2年後の1972年(昭和47年)には、『銭ゲバ』を製作した近代放映で、ピート・マック・ジュニアを主演に新作『脱出』を監督するが、演じられた内容が浅間山荘事件と似ているということだけの理由で同作を公開しないと東宝が決定してしまう[10]。間もなく当時の映画界に和田はキッパリと別れを告げ、東宝を退社、ソニーに入社する[1][6]。五反田本社およびCDIヴィデオ・センターにて社に関する多数の映像などを広報部にて指揮・制作。1985年のつくば万博のソニー・パヴィリオンであるジャンボトロンでは総指揮を務める。

2012年(平成24年)7月12日、心筋梗塞のため死去した[2]。享年78(満76-77歳没)。同年同月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、和田の監督した作品のうち『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』のみを所蔵している[11]。クレジットされた作品のうちでは、『用心棒』、『ニッポン無責任野郎』、『クレージー黄金作戦』 が同センターに所蔵されている[11][12]

フィルモグラフィ編集

文化庁「日本映画情報システム」、および日本映画データベースキネマ旬報映画データベースに掲載されている作品の一覧[3][4][5]。タイトルが太字のものが監督作品である。雑誌『映画評論』に発表された未映画化シナリオも時系列に挙げた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 和田嘉訓jlogos.com, エア、2012年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c 私の友人の尊父である和田嘉訓監督が池田敏Twitter、2012年7月16日付、2012年7月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 和田嘉訓、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 和田嘉訓日本映画データベース、2012年7月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 和田嘉訓キネマ旬報映画データベース、2012年7月16日閲覧。
  6. ^ a b c 和田嘉訓について指田文夫、2009年7月27日付、2012年7月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 和田嘉訓東宝資料室、2012年7月17日閲覧。
  8. ^ 木下亮、日本映画データベース、2012年7月16日閲覧。
  9. ^ キネマ旬報』1964年11月上旬号、p.40.
  10. ^ 脱出、キネマ旬報映画データベース、2012年7月16日閲覧。
  11. ^ a b c d 和田嘉訓東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月16日閲覧。
  12. ^ a b c 所蔵映画フィルム検索システム、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月16日閲覧。
  13. ^ 映画評論』第21巻第8号、p.117-162.
  14. ^ 『映画評論』第22巻第4号、p.99-137.
  15. ^ 『映画評論』第23巻第1号、p.127-174.
  16. ^ 『映画評論』第24巻第6号、p.103-149.

参考文献編集

  • 『シナリオ 今昔物語』和田嘉訓、『映画評論』第21巻第8号所収、新映画、1964年8月、p.117-162.
  • 『「自動車泥棒」と和田嘉訓』虫明亜呂無、『映画評論』第21巻第9号所収、新映画、1964年9月、p.6.
  • キネマ旬報』1964年9月下旬号、キネマ旬報社、1964年9月
  • キネマ旬報』1964年11月上旬号、キネマ旬報社、1964年11月
  • 『蠍たち』和田嘉訓、『映画評論』第22巻第4号所収、新映画、1965年4月、p.99-137.
  • 『ダウンビート』和田嘉訓、『映画評論』第23巻第1号所収、新映画、1966年1月、p.127-174.
  • 『あゝ荒野』原作寺山修司/和田嘉訓、『映画評論』第24巻第6号所収、新映画、1967年6月、p.103-149.
  • 『日本映画監督全集』、キネマ旬報社、1976年

関連項目編集

外部リンク編集