メインメニューを開く

四国ダービー(しこくダービー)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する徳島ヴォルティス(徳島県)、愛媛FC(愛媛県)が対戦する試合の呼称である。

四国ダービー
都市、地域 鳴門市松山市
初開催 2001年4月1日
チーム 徳島ヴォルティス
愛媛FC
東四国クラシコ
都市、地域 丸亀市鳴門市
初開催 2015年6月14日
チーム カマタマーレ讃岐
徳島ヴォルティス

四国には他にカマタマーレ讃岐(香川県)がJリーグに所属しているが、讃岐の関連する四国対決は、公式には四国ダービーとは呼ばれておらず、讃岐対徳島には別途東四国クラシコ(ひがししこくクラシコ)の名称が与えられている。

当項目では一般的に四国ダービーと呼ばれている徳島対愛媛のほか、東四国クラシコおよび2015年現在公式呼称のない讃岐対愛媛も含めた四国勢同士の対決について取り扱う。 なお、讃岐は別途ファジアーノ岡山との瀬戸大橋ダービーが設けられている。

目次

概要編集

2001年に共に日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた大塚製薬サッカー部(現:徳島)と愛媛の対戦から始まった。

2005年に徳島が、2006年に愛媛がJリーグに共に昇格して、Jリーグにおける四国ダービーが開始。2008年から四国ダービーウィナーズフラッグを作成し、勝利チームに渡されたりするなど、両チームをはじめ、サポーターや県をあげて、このダービーを盛り上げようという動きが始まった。四国地域の電力会社である四国電力は、同年から「四国電力presents 四国ダービー」として支援を行っている(現在はスポンサー打ち切り)。なお、2014年に讃岐が四国3チーム目のJリーグクラブとなったが、愛媛は讃岐戦を「四国勢同士の対決!」とはしたが、公式には「四国ダービー」とは呼称しなかった。また讃岐は愛媛との試合を四国ダービーではなく「四国決戦」と銘打ってホームゲームを開催した。2015年は徳島のJ2降格に伴い、四国勢が同一カテゴリーに3チーム所属することになったが、このうち徳島 - 讃岐戦は「東四国クラシコ」と銘打って行われる[1]ことになった。

ホームスタジアム編集

チーム名 スタジアム名
命名権名称)
収容人員 画像
カマタマーレ讃岐 香川県立丸亀競技場
(2015年9月よりPikaraスタジアム
22,338人
徳島ヴォルティス 徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
鳴門・大塚スポーツパーク
ポカリスエットスタジアム
16,599人
愛媛FC 愛媛県総合運動公園陸上競技場
ニンジニアスタジアム
21,401人

戦績編集

徳島vs愛媛「四国ダービー」編集

徳島ヴォルティス:18勝8敗7分 愛媛FC:8勝18敗7分

  • 両チームのJリーグへ加盟後は

徳島ヴォルティス:13勝8敗5分 愛媛FC:8勝13敗5分

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数 ウィナーズフラッグ
2001年 4月1日 JFL 前期第1節 徳島 大塚製薬 2 - 0 愛媛 554
8月26日 後期第5節 愛媛陸 愛媛 2 - 3 大塚製薬 680
2002年 11月2日 第16節 鳴門 大塚製薬 1 - 1 愛媛 1,158
2003年 5月18日 前期第9節 鳴門 大塚製薬 1 - 0 愛媛 735
9月6日 後期第5節 愛媛陸 愛媛 0 - 1 大塚製薬 1,377
2004年 6月19日 前期第14節 愛媛陸 愛媛 0 - 0 大塚製薬 11,051
11月28日 後期第14節 鳴門 大塚製薬 2 - 1 愛媛 9,553
2005年は、徳島がJ2、愛媛がJFL所属のため開催なし。
2006年 4月1日 J2 第6節 愛媛陸 愛媛 1 - 0 徳島 4,110
6月24日 第24節 鳴門 徳島 0 - 2 愛媛 5,748
9月2日 第37節 愛媛陸 愛媛 3 - 3 徳島 5,799
9月30日 第43節 鳴門 徳島 0 - 1 愛媛 5,542
2007年 3月3日 第1節 鳴門大塚 徳島 2 - 1 愛媛 6,566
7月6日 第26節 愛媛陸 愛媛 0 - 1 徳島 2,633
8月30日 第37節 鳴門大塚 徳島 1 - 1 愛媛 3,423
9月30日 第43節 愛媛陸 愛媛 1 - 0 徳島 6,381
2008年 3月20日 第3節 鳴門大塚 徳島 0 - 3 愛媛 3,564 愛媛が獲得
7月30日 第28節 ニンスタ 愛媛 1 - 0 徳島 7,809 愛媛が防衛
9月27日 第38節 鳴門大塚 徳島 5 - 0 愛媛 11,897 徳島が奪取
2009年 4月25日 第10節 ニンスタ 愛媛 0 - 2 徳島 4,072 徳島が防衛
8月1日 第31節 鳴門大塚 徳島 6 - 0 愛媛 13,473 徳島が防衛
9月13日 第39節 ニンスタ 愛媛 0 - 1 徳島 12,851 徳島が防衛
2010年 4月18日 第7節 鳴門大塚 徳島 0 - 0 愛媛 11,115 徳島が防衛
9月19日 第26節 ニンスタ 愛媛 1 - 0 徳島 7,613 愛媛が奪還
2011年 5月14日 第12節 ニンスタ 愛媛 0 - 1 徳島 5,622 徳島が奪還
11月6日 第34節 鳴門大塚 徳島 2 - 2 愛媛 8,421 徳島が防衛
2012年 5月14日 第20節 鳴門大塚 徳島 3 - 0 愛媛 7,526 徳島が防衛
8月12日 第28節 ニンスタ 愛媛 1 - 2 徳島 6,612 徳島が防衛
2013年 4月21日 第10節 鳴門大塚 徳島 3 - 2 愛媛 5,215 徳島が防衛
7月14日 第24節 ニンスタ 愛媛 0 - 2 徳島 6,516 徳島が防衛
2014年は、徳島がJ1、愛媛がJ2所属のため開催なし。
2015年[2] 3月8日 J2 第1節 鳴門大塚 徳島 0 - 0 愛媛 7,860 徳島が防衛
11月23日 第42節 ニンスタ 愛媛 3 - 0 徳島 9,158 愛媛が奪還
2016年 6月12日 第18節 ニンスタ 愛媛 0 - 2 徳島 4,460 徳島が奪還
7月24日 第25節 鳴門大塚 徳島 2 - 0 愛媛 8,962 徳島が防衛

讃岐vs愛媛「北四国クラシコ」編集

カマタマーレ讃岐:0勝4敗2分 愛媛FC:4勝0敗2分

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2014年 5月18日 J2 第14節 ニンスタ 愛媛 2 - 0 讃岐 7,166
10月19日 第37節 丸亀 讃岐 1 - 2 愛媛 4,265
2015年 7月4日 第21節 丸亀 讃岐 0 - 0 愛媛 3,129
9月23日 第33節 ニンスタ 愛媛 1 - 0 讃岐 4,769
2016年 4月23日 第9節 ニンスタ 愛媛 1 - 0 讃岐 4,323
7月10日 第22節 ピカスタ 讃岐 1 - 1 愛媛 4,539

讃岐vs徳島「東四国クラシコ」編集

カマタマーレ讃岐:0勝2敗2分 徳島ヴォルティス:2勝0敗2分

月日 時期 会場 ホーム 得点 アウェイ 観客数
2015年 6月14日 J2 第18節 鳴門大塚 徳島 2 - 2 讃岐 6,304
9月20日 第32節 ピカスタ 讃岐 0 - 1 徳島 8,249
2016年 3月26日 第5節 ピカスタ 讃岐 1 - 2 徳島 4,947
10月8日 第35節 鳴門大塚 徳島 0 - 0 讃岐 4,177

関連記事編集

脚注編集

  1. ^ 新たな戦い!!『東四国クラシコ』
  2. ^ 両チームの開幕戦及び最終戦がともに四国ダービーとなる

外部サイト編集