国道300号

日本の山梨県を通る一般国道
一般国道

国道300号標識

国道300号
総延長 26.0 km
実延長 26.0 km
現道 24.9 km
制定年 1970年
起点 山梨県富士吉田市
上宿交差点(地図
主な
経由都市
山梨県南都留郡富士河口湖町
終点 山梨県南巨摩郡身延町
上沢交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0138.svg国道138号Japanese National Route Sign 0413.svg国道413号重複)
Japanese National Route Sign 0139.svg国道139号大月市方面)
中央自動車道中央自動車道
Japanese National Route Sign 0358.svg国道358号
Japanese National Route Sign 0139.svg国道139号(富士市方面)
Japanese National Route Sign 0052.svg国道52号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道300号(こくどう300ごう)は、山梨県富士吉田市から山梨県南巨摩郡身延町に至る一般国道である。愛称本栖みち[1]

目次

概要編集

山梨県内で完結する一般国道の路線で、富士山の北東麓に位置する富士吉田市の国道138号起点(上宿交差点)から北麓の山裾に沿って西へ進み、富士五湖のひとつである本栖湖を経て、南西部に位置する南巨摩郡身延町の国道52号(上沢交差点)に至る。主な通過地は、南都留郡富士河口湖町船津、鳴沢村、富士河口湖町本栖、身延町常葉である。富士吉田 - 本栖湖間は国道139号と重複する区間で、本栖湖の東側に位置する国道139号分岐点(本栖交差点)から身延町までの延長26 km区間が本路線の単独区間であり、「本栖みち」の愛称名がある。この本栖湖と国道52号の間は標高差があり、ヘアピンカーブの連続である。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令および一般国道の指定区間を指定する政令に基づく一般国道300号の概要は以下の通り。

歴史編集

  • 1970年4月1日 : 一般国道300号(富士吉田市-山梨県南巨摩郡身延町)として指定。

路線状況編集

バイパス編集

  • 古関バイパス
  • 波高島バイパス

重複区間編集

  • 国道139号(富士吉田市上宿交差点-富士河口湖町本栖交差点)

道の駅編集

交通量編集

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 南巨摩郡身延町市之瀬97 : 3,153

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

その他編集

中之倉トンネルの旧道沿いの本栖湖からの風景を撮った岡田紅陽氏の作品千円紙幣E号券五千円紙幣D号券の図柄のモデル。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在
  2. ^ a b 道路統計年報2015では、国道139号と重複する区間は重用延長として扱われていないため、延長データに同区間のデータは反映されていない。

出典編集

  1. ^ 山梨全域道路愛称名対象路線及び愛称名 (PDF)”. 山梨県県土整備部道路管理課. 2013年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 16. 2017年2月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集