メインメニューを開く

国鉄キハ31形気動車

日本国有鉄道が開発・製造し、その後九州旅客鉄道が保有する一般形気動車

キハ31形気動車(キハ31がたきどうしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)[1]および九州旅客鉄道(JR九州)が製造した一般形気動車である[2]

国鉄キハ31形気動車
Kiha31 hitoyoshi.jpg
熊本地区のスカート設置車
基本情報
運用者 日本国有鉄道
九州旅客鉄道
製造所 新潟鐵工所富士重工業
製造年 1986年 - 1988年
製造数 23両
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高速度 95 km/h[1]
車両定員 38(席)+60(立)=98名[1]
全長 17,250 mm[1]
全幅 2,800 mm[1]
全高 3,620 mm[1]
車体 ステンレス[1]
台車 コイルバネ台車
DT22G(動力)・TR51G(付随)[1]
動力伝達方式 液体式
機関 DMF13HS[1]
機関出力 250 ps[1]
制動装置 自動空気ブレーキ DA1A[1]
保安装置 ATS-SK、 ATS-DK
テンプレートを表示

概要編集

1987年昭和62年)の国鉄分割民営化に先立ち、九州地区の老朽車両の取替えを促進し、経営基盤の整備を図る目的で製造された[1]。車体はメンテナンスフリーで軽量なオールステンレス車体とし、台車変速機・ブレーキ装置などの部品には廃車発生品を多用してコストダウンを図り[1]、またドア冷房装置暖房装置等にはバス用汎用品を採用して[1]、軽量化・コストダウンを進めている[1]。さらにワンマン運転にも対応し、ワンマン運転用機器が容易に取り付けられるような構造としている[1]

1986年(昭和61年)末から1987年初頭にかけて、20両(1 - 20)が新潟鐵工所および富士重工業で製造された。

1987年(昭和62年)2月15日から営業運転を開始した[3]。全車がJR九州に承継された後、1988年(昭和63年)3月に3両(21 - 23)が追加製造されている。

2019年(平成31年)3月ダイヤ改正で、最後まで運用されていた三角線および筑豊本線(原田線)での運用が終了している。

構造編集

車体編集

九州に多数存在する急勾配区間での使用を考慮して軽量化を図り[1]重量あたりの出力を高くとるという目的から、有限要素法による構造解析を行って設計された、軽量ステンレス車体を採用している。あわせて車体長さを従来車標準の20mから17mに短縮している[1]

側面窓は1段上昇式である[1]。客用扉は幅900mmの2枚折戸で、ドアエンジンはバス用のものを改良して使用しており、自動・半自動の切り替えが可能である[1]。半自動ドアはボタンで操作する方式である[1]。先述のようにワンマン運転を考慮していることから、客用扉は車端部に配置している。

運転室は客室面積や前面展望の確保、ワンマン運転対応を考慮して長さ1440mm・幅980mmの半室構造とされたため、乗務員用扉は運転室側側面のみに設けている[1]。また、運転台機器にもコストダウンのため流用品を多用している。側面の行先表示は行先標(サボ)によるもので、中央部窓下にサボ受けが設置されている。

前面はキハ54形とほぼ同じ様式で、中央に貫通扉を配した3枚窓である。貫通扉上に前照灯を設け、運転室窓上に種別・行先表示器を設置している。種別・行先表示器はバス用の手動式である。

車体は無塗装だが、前面と側面の裾部分および側面上部に青色の帯を配している[1]。また、写真のようにスカートが追設された車両も存在する。

晩年はくま川鉄道に売却、譲渡された20以外は全車にスカートが設置されていた。

車内設備編集

車内
 
運転台周り

座席は観光路線での旅客サービスも考慮し、新幹線0系電車の廃車発生品の転換クロスシートを改造してシートピッチ910mmで装備したが、一方を2人掛け、もう一方を1人掛けとした3列座席とし、通路幅を確保している[1]

ワンマン運転に対応するため、運賃箱運賃表示器整理券発行器を容易に設置できるような室内構成となっており、運転席も低い位置に設けられ、室内を広く見渡せる構造としている[1]。のちに全車がワンマン運転対応化改造を受けた。なお、直方所属車のうち、若松線などの都市型ワンマンを採用している線区で運用されている車両(直方運用車)の一部は運賃箱を撤去した上で、整理券発券機にもカバーが掛けられている(ただし、運賃表は残されている)。また、追加製造された21 - 23は座席が0系電車の発生品ではなく新製のものとなっており、1 - 20と同一の座席配置・シートピッチだがその形状は全く異なる。また、後年はドア付近の座席の一部を撤去し定員数を増加したものや、ロングシートに改造されたものも存在する。

冷房装置は同時期に製造されたキハ38形と同様、バス用冷房装置を流用したサブエンジン式のAU34を装備しているが、冷房能力が弱いことから補助送風機として扇風機も併設されているものの、廃車発生品を使用しているので旧国鉄のロゴ(JNR)も塞がずにそのまま使用されている[1]。また、暖房はエンジンの冷却水を使用する温水式で、座席下に温水を温風にする自動車用の暖房器を設置している[1]

トイレは設置されていない。

主要機器編集

エンジン・変速機編集

エンジンキハ37形で採用された新潟鐵工所製の直噴式DMF13Sを横型に設計変更したDMF13HS形(250PS/1900rpm)を1基搭載している[1]。液体変速機は従来車の廃車発生品のTC2AおよびDF115Aをはずみ車室およびクラッチを強化して再利用している[1]。このように、エンジンの250PS化と車体の短縮やステンレス化などの軽量化により性能向上が図られており、キハ31形2両編成(編成500PS)でキハ58形+キハ28形の2両編成(編成540PS)とほぼ同等(低速時のみわずかに下回る)の加速性能を有している。

台車編集

台車も廃車発生品の金属バネ台車を使用しているが、ブレーキシリンダを従来より車体中心寄りに配置しているため、台車枠と基礎ブレーキ装置に小改造を施した、DT22G(動台車)・TR51E(付随台車)を装着している[1]。また、ブレーキ装置もキハ58系まで採用されていたものと同一仕様のDA1自動空気ブレーキを流用装備しており、最高速度は95km/hに制限されている。なお、勾配走行時の空転防止のために砂撒き装置を設置できるよう準備工事がされ[1]、一部車両では本設とされている。

このように、変速機やブレーキ機器が旧型気動車の流用品であり、在来一般形気動車との併結運転が可能な構造となっている[1]

保安装置編集

新製時はATS-S形だったが、のちにSK形への改造を受けた。さらにSK形の機能を含む、ATS-DK形に改造された。

運用編集

当初は熊本運転所(現・熊本鉄道事業部熊本車両センター)に11両、唐津運転区(現・唐津鉄道事業部唐津運輸センター)に7両(諸事情により実際は7両全車が竹下気動車区(現・博多運転区)に配置された)、大分運転所(現・大分車両センター)に2両が配置された[4]。その後1988年3月13日のダイヤ改正により、香椎線三角線でのワンマン運転が開始されるのを前に、唐津配置の車両は竹下気動車区に4両、長崎運転所(現・長崎鉄道事業部佐世保車両センター)に3両が転出し、あわせて新製車3両が竹下に配置された。

その後、キハ200系の新製と、香椎線での車内収受方式によるワンマン運転の中止により、1995年平成7年)までに竹下と長崎からは撤退し、熊本鉄道事業部(人吉運用を含む)と大分鉄道事業部に集められた。その後2001年に4両が鹿児島運転所(現・鹿児島鉄道事業部鹿児島車両センター、日南鉄道事業部運用)に転出した。

 
くま川鉄道KT31形 KT-311

2004年(平成16年)3月13日のダイヤ改正で急行くまがわ」が廃止され、同列車用車両のくま川鉄道線への乗入れが廃止されたことから、同線の朝ラッシュ時の輸送力確保のために1両(20)がくま川鉄道へ譲渡された。同社での呼称はKT31形(311)であった。

2006年(平成18年)には大分、鹿児島(日南運用)所属車が筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センターに転出し、同年8月1日より使用されている。

2019年(平成31年)3月16日のダイヤ改正で定期運用を終了。同月23日には原田線でラストラン列車の運転をって営業運転を終了した。

現況編集

 
「天草バイオディーゼルカー」として運行されたキハ31 18のサボ
中央部にくまモンがいる

2019年(平成31年)4月1日現在の配置と運用は以下の通り[5]

博多運転区(南福岡車両区竹下車両派出)
2両(3・7)が配置されていた。
2017年3月4日のダイヤ改正以前は、筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センターに14両が配置され、6両(8 - 10・21 - 23)が直方運用、7両(2・3・5・6・11・15・19)が日田彦山線運用で、7は共通運用に就いていた。直方運用は主に筑豊本線直方 - 若松間(若松線)、日田彦山線運用は後藤寺線(全線)および日田彦山線城野-彦山(早朝1往復と平日の上り快速、後藤寺線直通列車)および日豊本線小倉-城野(日田彦山線直通のみ)、筑豊本線桂川 - 原田間(原田線)に使用されていた。特に15または23は、検査時以外は平日の上り快速の先頭(検査入場等の一部運用変更時は最後尾)に連結していた。なお、15または23が検査入場時は7等の転換クロスシート車が代わりに充当されるが、場合によってはロングシート車が充当されていた。
2017年3月4日のダイヤ改正の数ヶ月前辺りから日田彦運用と直方運用の明確な区別が無くなっていた。しかし直方運用車の一部は料金箱が撤去されており、日田彦山線運用には車内収受を行わない快速の先頭車にしか充当できなかった。
なお、後藤寺線に関しては篠栗線との関連で新製当初から1995年まで運用されていたことがある。
2017年3月4日のダイヤ改正より直方運用が全てBEC819系に置き換えられた事に伴い、直方運用から離脱(気動車の直方運用の廃止)。更に日田彦山線運用(主に後藤寺線・原田線)もキハ40形等との共通運用化という形で大規模な運用変更が行われた。2・5・8・15・19・21・23の7両が廃車回送[6]され、6・9・10の3両は3月4日付で熊本車両センターへ転属した[7]。なお廃車回送された7両は、8・15・21・23の4両は2017年6月から7月にかけて[8]、2・5・19の3両は2018年1月に廃車されている[9]
残る3・7・11・22が引き続き直方に配備されていたが、22のみ2017年3月4日のダイヤ改正で完全に休車の扱いとなり運用から離脱していたが、このうち11・22は2017年7月に熊本へ転属した[10]
ダイヤ改正後は予備車として扱われており、定期運用は持たなかったが、キハ40・140の代走として後藤寺線及び原田線の運用に就く日もあった。なお、2017年4月中旬ごろまでは日田彦山線・後藤寺線の回1531D→回925D→925D→932D→回3920Dの定期運用に就いていたが、2017年6月現在は全てキハ147に置き換えられた。
2018年3月17日に行われたダイヤ改正で定期運用を終了し、残った2両は竹下に配置され、小倉総合車両センターに入場するー部の気動車の併車に使われていたが2019年3月以降香椎線で使われていたキハ40形2両(2037・2053)によって置き換えられた。
 
石原町駅にて。平日上り快速の先頭に連結されていたキハ31 23
 
石原町駅にて。平日上り快速。運用変更のため最後尾に連結されているキハ31 23。ちなみに小倉到着後キハ31 23は小倉工場に単機で入場した。
熊本鉄道事業部熊本車両センター
6両(6・9 - 11・17・22)が配置され、鹿児島本線(熊本-宇土間)、三角線で使用されていた。
以前は豊肥本線肥薩線での運用があった。長らく使用されてきた肥薩線への運用は2016年3月31日に消滅した。これは2016年3月26日のダイヤ改正で肥薩線の普通列車の運用の一部に熊本-人吉間の快速列車が組み込まれ、運行時間が1時間30分と長く、トイレ設置車が使用されるようになったためである。またこれまでも肥薩線の八代-人吉間など運行時間が1時間を超える運用についていたが、同区間のうち八代-球泉洞間の途中の駅にトイレの設置がないため、肥薩線の普通列車の運用にはトイレ設置車であるキハ40形やキハ220形を使用することになり肥薩線から撤退した。なお、肥薩線・豊肥本線ともに代走等で走行することがある。
かつて運行されていた肥薩線の観光列車「九千坊号」に使用される車両は一部座席の背もたれを向かい合わせに固定し、その座席の座布団を取り外して敷きの床板をはめ込んでいた。「九千坊号」に使用される以前は「いさぶろう・しんぺい」用として使用されていた。その後2008年にはドアチャイムが設置された。
18は2010年11月に、廃油から製造されたバイオディーゼル燃料を使用して運行する「天草バイオディーゼルカー」として運行された。
2017年3月4日付で6・9・10、同年7月に11・22の計5両が直方より転属してきた反面、2018年1月から3月にかけて1・4・12・14・16の5両が廃車[9]、2019年2月には13・18の2両が廃車となる[5]など、運用離脱・廃車が発生しており、2019年4月現在で6・9 - 11・17・22の6両のみ在籍している。この結果、新製配置より熊本生え抜きの車両は17の1両だけとなった[5]。2019年3月16日、三角線での定期運行を終了した。
くま川鉄道
JR九州から譲渡された1両(キハ31-20)をKT-31形として配置。同鉄道の湯前線で運用されていたが、2013年に運用を離脱して廃車解体された。本形式では初の廃車となった[11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 鉄道ジャーナル』第21巻第5号、鉄道ジャーナル社、1987年4月、 80-84頁。
  2. ^ ネコ・パブリッシング『レイルマガジン』No.40 P.48
  3. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトアリル」1988年5月臨時増刊号新車年鑑1988年版25P記事。
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第5号、鉄道ジャーナル社、1987年4月、 107頁。
  5. ^ a b c 交友社鉄道ファン』 2019年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」
  6. ^ 【JR九】キハ31形 7連で廃車回送 - 鉄道ホビダス RMニュース 2017年3月3日
  7. ^ 交友社鉄道ファン』 2017年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」
  8. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.357。ISBN 9784330841175
  9. ^ a b 交友社鉄道ファン』 2018年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」
  10. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.358。ISBN 9784330841175
  11. ^ 鉄道ピクトリアル2014年1月号

関連項目編集