メインメニューを開く

西室 淳子(にしむろ じゅんこ、1980年12月21日 - )は、日本カーリング選手、長野県軽井沢町出身[1]。旧姓 園部。

No image.svg 西室淳子 Curling pictogram.svg
基本情報
出生国 日本の旗 日本
出身地 長野県軽井沢町
生年月日 (1980-12-21) 1980年12月21日(38歳)
所属歴
1994–2010 チーム長野
2010–2019 チーム富士急
世界選手権
4人制
出場大会  
最高成績 11位
パシフィックアジア選手権
4人制
出場大会
最高成績 11位 金メダル
日本選手権
4人制
1位 優勝
 
獲得メダル
日本の旗 日本代表
アジア冬季競技大会
2007 長春 女子団体
パシフィックカーリング選手権
2005 北京 4人制
2019年7月24日現在
テンプレートを表示

経歴編集

軽井沢町立軽井沢中学校在学中の1994年土屋由加子らと「Pic Tic」を結成した[1]。1997年には妹の園部智子が加入、同年12月の日本ジュニアカーリング選手権では2位、日本カーリング選手権では3位となった[1]1998年長野オリンピック聖火リレーに参加、カーリング会場のある軽井沢町の聖火台に聖火を点灯した。

2003年6月、車で帰宅中、玉突き事故に巻き込まれ重傷を負った。2004年3月、トリノオリンピック日本代表候補強化合宿兼選考会に参加。通算成績は0勝5敗で参加4チーム中4位[2]

2005年2月の日本カーリング選手権大会で優勝、パシフィックカーリング選手権出場権を獲得した。いったんはトリノオリンピック代表に内定していたチーム青森と同年11月23日に日本代表選考会で対戦、チーム青森に2連勝すればオリンピック日本代表に選ばれるチャンスを得たが、第1戦で敗れてオリンピック出場は果たせなかった[3]。12月に台北で行われたパシフィックカーリング選手権で優勝し、世界カーリング選手権出場権を獲得した。

2006年3月の世界カーリング選手権では3勝8敗で11位となったが、トリノオリンピック4位のノルウェードーリ・ナルビエ英語版のチームを破った。この大会でサードとして出場した彼女は、参加選手全員の投票によって「最もスポーツマン精神を持った選手」に贈られるFrances Brodie Awardを受賞した[1]。日本人としては、1995年の石垣綾子に次いで2人目の受賞であった[4]。12月に翌2007年青森市で行われる世界カーリング選手権の代表選考会でチーム青森と対戦、2勝3敗で代表を逃した。

2007年アジア冬季競技大会では予選を5勝1敗の1位で通過したが、決勝で韓国に6-7と敗れて銀メダルを獲得した[5]。第24回日本カーリング選手権ではチーム青森に敗れて準優勝となった。

2008年の日本カーリング選手権では準優勝、同年の軽井沢国際カーリング選手権大会では決勝でチーム青森を破り初優勝を果たした。

2009年バンクーバー五輪カーリング競技日本代表決定戦で[6]北海道常呂高等学校を破り、チーム青森と対戦したが0勝4敗(チーム青森には2勝のアドバンテージあり。)で敗れた。

2010年4月末、所属していたチーム長野が解散、同年8月に富士急行カーリング部「チームフジヤマ」(監督:小林宏)に加入した[7][8]。同年12月の山梨県選手権ではサードを務め優勝した[9]

2019年7月、チーム富士急(旧チームフジヤマ)から退部および富士急行から退社したことを発表した[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d チーム長野”. スポーツコミュニティー軽井沢クラブ. 2012年6月30日閲覧。
  2. ^ 日本代表候補強化合宿兼選考会
  3. ^ トリノオリンピック代表選考会”. 日本カーリング協会 (2006年11月). 2012年6月30日閲覧。
  4. ^ France Brodie Awards”. 世界カーリング連盟. 2012年6月30日閲覧。
  5. ^ 【カーリング】女子、日本チームが銀メダルを獲得!”. 日本オリンピック委員会 (2007年2月2日). 2012年6月30日閲覧。
  6. ^ チーム長野が先勝 カーリング女子五輪選考会”. 朝日新聞 (2009年11月6日). 2012年6月30日閲覧。
  7. ^ 「チームフジヤマ」世界狙う 富士急がカーリング部新設”. 共同通信 (2010年8月9日). 2012年6月30日閲覧。
  8. ^ 結成「富士急カーリング娘」、ソチ五輪でトップ・オブ・ザ・ワールドを目指す”. 産経新聞 (2011年1月3日). 2012年6月30日閲覧。
  9. ^ ソチ五輪見据え始動 カーリング・チームフジヤマ”. 山梨日日新聞 (2010年12月30日). 2012年6月30日閲覧。
  10. ^ @sonojun14 (2019年7月15日). "ご報告について" (ツイート). Retrieved 2019年7月24日 – via Twitter.

外部リンク編集