メインメニューを開く

坂本 直足(さかもと なおたり、寛政9年(1797年) – 安政2年12月4日1856年1月11日))は、江戸時代末期の土佐藩郷士。坂本家第3代当主。通称は常八郎、のち長兵衛。隠居後に八平(はちへい)と称したため、坂本八平の呼称でも知られる。坂本龍馬の父である。

目次

略歴編集

寛政9年(1797年)、土佐郡潮江村高知市潮江(うしおえ)地区)の白札郷士、山本家当主・山本信固の次男として生まれた。幼少期からに秀で、後年は免許皆伝の腕前を誇った。16歳を数えた頃、郷士坂本家の婿養子として入籍、坂本直澄の娘・坂本幸の夫となって、郷士坂本家の3代当主となった。

ほどなく長男の直方が誕生した。このとき直足18歳といわれる。その後、龍馬に至るまで2男3女が誕生した。

人物編集

弓や槍などの武芸に優れていたといわれるが、書や和歌、学問にも精通し、「人となり純直、躯幹長大、弓・槍術をよくし、能書にて和歌に長ぜり」と評された。また、城下においても富を築き、「城下公方」と呼ばれるほどの経営手腕を見せた。龍馬に対しては、幼少期から厳しかったといわれ、幸の亡き後、気弱な龍馬に対して憂いたという。

後年、龍馬が江戸に剣術留学のため出立するさいには、忠孝を忘れることなく修行に励み、金銭を費やさない、色情に心を移し国家の大事を疎かにすることのないように、という意味からなる三箇条をうたった『修行中心得大意』を送った。

家族編集

親族編集

系譜編集

乾正聡山本信敬福岡孝周
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾信武宮地信貞[1]山本信固福岡孝清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
乾正成宮地茂好山本信年坂本直足[2]福岡孝順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣退助宮地自然山本信道坂本龍馬福岡孝弟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣鉾太郎乾正士宮地軍子
 
 
 
宮地茂春沢辺琢磨[3]福岡秀猪板垣絹子[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
板垣守正板垣正貫宮地茂秋
 
 
 
 
 
 
宮地呉子福岡孝紹
 
 
 
 
 
 

作品編集

漫画
テレビドラマ
テレビアニメ

脚注編集

  1. ^ 宮地伴七の養子となる
  2. ^ 坂本八蔵直澄の養子となる。本名:山本常八郎(1797-1855)
  3. ^ 箱館神明宮宮司・沢辺悌之助の養子となる。本名:山本数馬(1834-1913)
  4. ^ 福岡孝弟養女、実は荒木伊三次の七女(荒木周道の妹)、板垣退助継室


先代:
坂本直澄
土佐郷士坂本家当主
1797年 - 1856年
次代:
坂本直方